FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この間教頭先生に聞いた話。

ちょっと前の話だが、埼玉県川越市内を流れる新河岸川に生息するカモを、近所に住んでいる外国人が一網打尽に捕獲して食べてしまって、周辺の住民が皆怒って自治会で文句を言いに行ったところ、
「何が悪いんだ。そのカモは持ち主がいるのか。誰かが飼っていたのか。自然にいるものを獲って食べたからと言って誰かにとやかく言われる筋合いはないではないか。」
と怒り狂って強硬に主張し、大ゲンカとなってしまった、ということだ。結末がどうなったかは聞けなかったが、
「まあ、文化の違いと言いますかね~」
と教頭先生も笑ってらした。

川越といえば、松平家が治めていた城下町で空襲もなかったことから古い蔵造りの町並みも残り、街そのものが「小江戸」なんていわれてちょっとした観光地となっているところだ。新河岸川もそれなりに整備され、川辺なんかも街中を流れてる割りには風流なところ。野鳥だの青大将だの鯉だのなんだのがいろいろいたりして、まあ、自然な景観というか、そんな感じのムードを保っているわけですよ。で、せっかくそこにいて風景の一つに溶け込んでいたカモを全部獲っちゃうとは、日本人から見れば心無い行為であるが、そういう価値観って、例えば『虫の声なんか騒音にしか聞こえない、侘び寂びを感じさせる建物は廃墟にしか見えない』といわれるガイジン(西洋人)にはどうやって理解させればいいのかね~。
 まず、日本人にとって、カモがいる風景はカモもひっくるめての風景であって、生き物は景観の一部、というより不可分のものだ、とは主張しなきゃいかんね。つぎに、そういう野生(というより共生?)の動物を捕獲して食すというのは、日本では食うのに困った貧乏人、プライドのない人間のすることであって、軽蔑に値する行為である、少なくとも尊敬されるべき人物のすることではない。あるいは野蛮である。というのは言うべきだろうね。

 子供の頃に読んだ「ソロモン王の洞窟」(だったかな)という本の冒頭で、アフリカで野生動物に出会った時に、
「何もしないのは良心に反する行為であるので、彼らをそのまま見過ごすわけにいかなかった」
という理由でライフル銃を取り出して狩猟をおっぱじめる場面があったが、飼育している動物以外はどうしようと自分の勝手、と思い込んでいるこういう野蛮な民族に、たとえば「捕鯨反対」なんて言われたくないわな。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【 2013/05/22 18:18 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

丸刈り 口パク 体罰

AKB48の一人が「恋愛禁止」という掟?を破ったのがばれて、丸坊主にして泣いている、奇怪な映像をみて、薄気味悪いと思った大人は多かろう。全くみっともない。アイドル歌手(のグループ)たるもの、売りにしているアイテムを損ねるようなことをしては話にならない。本人か裏方かは知らんが、それをどうにかしようとしたのであろうが、映像も魂胆も醜悪そのものである。なんといっても、ファン(お客様)の夢を壊してしまったのであれば、これはもう取り返しがつかないのではないのか。やめるしかないんじゃないかね~。第一、あんな坊主頭の女の子なんて、通常見たいものではない。絵として美しくないじゃん。「髪は女の命」というのはいつの世でも真実なのだ。しかも、あんな姿が海外にも配信されてかなりの反響を呼んでいる、ということになれば、これはもはや国辱ものじゃないの。

オバマ大統領の就任式で国歌を歌ったプロ歌手が、コンディションが悪くて口パクしたというのがばれて、本人も開き直っているが、何という不愉快な女であろう。
「誰でもやってることよ」
と涼しい顔で言い放っていたが、それはクラシック畑の世界を歩んできた俺のような爺さんにはあり得ない選択である。だって、歌ってなんぼでしょ?そう頼まれたんだから。コンディションが悪くても天気が悪くてもオケ合わせができなくても立派に歌っちゃうのがプロ歌手だと思うんだよね。それができないなら潔くキャンセルだよな~。かつての北京五輪の開会式で口パクした子供じゃなくて、大人なんだからさ!たとえキャンセルしても、そういう場面では代役なんていくらでもいると思うよ。結局、「音楽」に対する思いの多寡がクラシック歌手とポピュラー歌手を線引きする部分なのかな~、とコイツを軽蔑しながら思った。何しろ、口パク用の「録音」が前もって用意してあるわけだからね。そんなの、俺たちにしてみれば考えることもできないわけで。

柔道の世界では体罰が常識だったのね。あれだけの騒ぎになって、当の監督を更迭しなかった全日本柔道連盟というものには、あきれて開いた口がふさがらない。体罰を容認するわけだな。全くこの世のものとは信じられないです。今時ぶったりけったりしても誰もついてこないよ。先生なんてたいしたモンじゃない、ということをみんな学校時代にいやっちゅうほど「学習」してきちゃうんだからさ。本当に恐い先生というのは、暴力じゃなくて理詰めで正しく迫ってくる人だよ。そういう能力がない人(学習しない人)は指導者なんかやっちゃいけないんだよ。
あ、それともやっぱりぶたないと上達しないのかな?そうか、だからうちの吹奏楽部はヘタなのかな?

だが、そうやって他人のことをとやかく言うのはたやすいのである。じゃあ自分が実際その立場になったときに、それなりの身の振り方ができるかどうか、ということになると、けっこう難しいだろうな~とは思うのである。じゃあどうするかと問われれば、現実の問題として最初っから「君子は危うきに近寄らず」ということであろうが、それはまた「事なかれ主義」につながるのだ。つまらないね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/02/03 19:17 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

まだ早いぞ厳冬

 寒い!ムチャクチャに寒い。というより、世界全体が氷の世界に沈み込んでいるような印象の冷たさだ。朝晩バイクで通勤している身にはこたえる。ダウンコートのおかげで体そのものは寒くはないものの、手足の先は本当に冷える。ネットの「天気」によれば明朝の気温は氷点下3℃。これは年明け前の関東平野の気温ではない!去年の冬も寒かったし、その寒さがいつまでも続いている感じだったが、今年は寒くなるのが早い。我が家の近辺から見える富士山も早々に真っ白になったし。本当に地球温暖化なのか?一部の学者が言ってるように、氷河期が進行しているのか?

 学校の校舎も、冷え切っている。廊下は冷蔵庫のようだ。教室はややぬくい。太陽が照らしている窓辺だけはぽかぽかして暖かい、というかなりややこしい環境。音楽室は日がさんさんと照ってはいるが、体育の時間のすぐあとだとかいっちゃあ生徒はガパ~っと窓を開けちゃって、氷のような風が舞い込む。少しは年寄りをいたわれっての!!さらに体育館と来た日は冷蔵庫を通り越してもはや冷凍庫。今日も今日とて、全校生徒対象の「薬物乱用防止教室」というのが開催され、真冬にだけ登場する巨大ジェット噴射ストーブ(というようなヤツ)が登場してゴ~~~っという猛烈な音とともに館内を暖めるが、いざ会が始まっちゃったらうるさいからというので止めちゃうし。そうすると、どんどん冷えてくる。しかも、日が陰り始める時刻になると急速に冷え込んでくるのだ。講師の方の熱弁も何のその、だんだん体が冷えてきて、しまいに歯が鳴り出すほどのすごい寒さになってしまった。こんな中で生徒は身じろぎもせず話を聞いてるなんて、えらいなあ。

 それにしてもすごい。まるで日本じゃないみたいだ。そういえば、今年の夏の暑さも酷かった。37℃がスタンダードなんだもんね。いつから日本はそんなに暑くなったんだ?俺が若い頃は33℃でもニュースになったほどの厚さだったじゃないか。それがどうして?おかしくないか?
 そしてここ何日かの寒さ。これ以上寒くなるようだと、水道が凍ったり、いろいろ障害も出てくるだろう。全くどうなってるんだろうか。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/12/10 20:44 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

総選挙?

 あんまり御政道向きのことをこういうところに書くのもいいことではないのだろうが、取り敢えず。

 今度の選挙には困ったものだ。一体どこに投票すればいいのか、全然見当もつかない。民主は東日本大震災という不運も重なり失点続きのうえ、見通しも甘く意見もまとまらずスキルも低くこの3年あまりというものさっぱりやれると思ってたことが出来なかった。自民はもともと自分たちがやってきたツケで民主が立ち往生してたというのにそれを冷笑しつつ悪口ばかり言ってる卑怯者(コイツらだけは絶対許せない)。第三極とやらは離合集散を繰り返してさっぱりどんなことが出来るのかわからない。結局投票できるところがないじゃないの。まあ、すべてはバランスの問題なのかな~とは見えてきたし、政治というのは難しいモンなんだな、というのはよくわかったけどね。
 どうなるんだろう、この日本。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/12/01 23:50 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ここでわかる教育の重要性

 尖閣諸島を巡って、中国と日本の関係が困ったことになってきたようだ。中国の反日デモなんかで、
「小日本は出て行け!日本に宣戦布告だ!」
なんて言ってる愚民達の姿を見ていると本当に情けなくなってくる。彼らの頭の中身の貧弱さには同情さえ覚える。だいたい、かの国は孔子様がお生まれになり、活躍なさった国。我が日本はそのお考えに忠実に、国を作ってきたことにより今日の繁栄を見た、といっても過言ではない。それなのに、本家本元の末裔がこんなにバカばかり、というのはどうしたことか。(それともマスコミは好んでバカばかり映している?)
 尖閣諸島を自分の国だと言い張る理不尽さは言わずもがな、だいたいからして、中国人の道徳性、規範意識の低さは、どこから来るのか。簡単なことだ。教育が悪いのである。子育てをしたことがある人間ならわかるはずだが、4歳ぐらいまでの小さい子供というのは心がまっすぐであるだけでなく、本っ当に真面目である。だが、そこに少しずつ毒を吹き込んでいって、徐々に「よい子」たちは悪い大人になっていく。純粋培養なんか出来るはずがないからな。しかし、意図的に毒を吹き込めばどうなるか。なんだか、彼ら中国の暴徒たちを見ていると、そういう間違った教育の影が見え隠れするんだよな~。デモをすれば、石を投げてものを壊し、暴徒になって暴れ回り、略奪を働く。そして、それが当然の権利だと思っているあたり、何百年何千年も前の群雄割拠の時代と何も変わってない。そういうのがもはや時代遅れなんだ、と教え導く者はいない。
 さらに、彼らが心の底で常に日本を嫌っているのはなぜか。簡単なことだ。教育が悪いからである。ま、それについては石原都知事も昔何かの番組で言ってたけどね。我が国が1945年の「一億総懺悔」を経て平和国家に生まれ変わり、政治家も下々の庶民もすべからく戦争なんか大嫌いで、鉄砲や軍艦なんか見たくもないし話したくもなく、一人一人の権利が何よりも優先され、人の生き死にが何よりも重大な事件として考えられるような、まさに平和が大好きな国となり、おまけに我が国の莫大なODAのおかげで中国はインフラを作りまくり、軍備を増強し続けている、という本当のことなんか、中国人の誰もがすっかりそっちに置いといて、口を開けば日本の悪口ばかり。それは当然、日本への誹謗中傷となる間違った情報を小さい子供のうちから徹底してすり込んでいった結果に決まっている。

 結局、国を作って動かすのは教育である。奴らを見ていて最近それを強く感じるようになった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/09/19 23:23 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

男女共同参画??

 男女共同参画についての研修会に行かされた。今年は人権教育関係の担当になってしまったからね。なんだか出張が妙に多い。しかし、こっちが古い人間なのか、この手の話には腑に落ちないところがどうしても多いのだ。男女は平等、というところまでは強く賛成するのではあるが、そこから先は???なことが多すぎる。

 今回の研修での話でも、まあそういう活動を続けている方々の講演が中心だった。印象的だったのは、とにかく学校の先生は世の中でどれだけ男女が差別されているのかがわかってない、ということ。そしてそれは当然で、日本中どこを見ても、学校ほど男女が平等に扱われる場所は無いからなのだそうだ。確かにね。
 女性が、一人で、あるいは子供を育てつつ暮らして行くには、社会的に男よりも不利な場面は現実問題として枚挙にいとまが無く、それはよくないことだ、と単純に理解できる。また、子育ても仕事もみんな奥さん任せで旦那さんは何もしない、という家庭も未だに多く、女性ばかりが大変だ、という話も(自分自身を省みても)納得できる。いろんな海外との比較資料なんか見せられて説明される。何とかせにゃ、学校でも啓蒙してくれ、というお話にも同意できることではある。

 だが、「男女共同参画社会」とかけ声は高く上がるが、その目ざす先というのは、どんな社会なんだろうか。なんだか、国会議員も管理職も看護師さんも保育士さんもパイロットも研究者も何もかも、あらゆる職業において男女の比率が同じになればいいのか?じゃ、兵隊さんは?と突っ込みたくなるのは置いとくとしても、どうしても不自然な印象をぬぐえないのは、私の頭が時代遅れなんだろうか。

 だってさ、とにかく女性が働きやすい社会を、というのだが、単純に考えても、女性が誰も彼も働いてばっかりでは子供が作れない。実際ここ何十年か、男女共同参画社会がとにもかくにも実現する一方で、日本人はどんどん晩婚化し、女性が出産する年齢も上がっていく。当然子供の数はどんどん減る。(しかも年取ってから生まれた子供は溺愛されるもんだからどんどん学校教育もやりにくくなる:ここでは関係ないけど。)少子化が進行するから当然経済活動も停滞する。もはや日本の社会は人口の減少とともに縮小するしかない。異常な高齢化社会も目前に迫っているし。そういう現実と、「男女共同参画社会」ってどうすれば矛盾無く両立できるの?

 もう一つ、研修の話に戻るけど、どこだかの県で高校の部活の「マネージャー」が女性の比率が97%だった。その仕事の内容は、記録(スコア)、食事の世話に、洗濯、合宿所の掃除など。そして、なぜ「マネージャー」になったのか、というアンケートに対して、3割の女子生徒が
「そういう仕事が自分に合っている、と思った」
と考えていること、という報告があり、そういう「意識」はどこから出てくるのか、という問題提起があった。
いつも疑問に思うのだが、それってホントにジェンダー教育のなせる技なのか、それとも生物としてのもともと持ってる性質なのか、どっちなんだろうか。
 だいたい、どんな子供だってオギャアと生まれた瞬間は白紙のはずなのに、しかも一つの家庭で同じに育てていても、なぜ大人しい子と乱暴な子が存在するのか。丁寧な子と大雑把な子はどうすれば違っちゃうのか。リーダータイプとあとからついて行くタイプと意識的に育て分けてる人なんているのか?一人一人の性格の違いとジェンダーをどこで線を引くのか。

 私には謎が深まるばかりだ。それとも、そういうことを言ってるヤツって、男女差別主義者ってことか?私なんか、生まれ変わるなら絶対女のほうがいいって思っているのに。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2012/08/11 21:01 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

常磐線

「常磐線」。私はこの言葉の響きには独特の思い入れがある。物心がついたとき、私の家は常磐線の線路沿い(三河島駅と南千住駅の間、明治通りを交差するガードのそば)にあった。隅田川操車場から引き出された長大な貨物列車を牽引するD51が、毎日ものすごい音を立てて空転しながら少しずつ近づいてくるのを幼稚園児であるところの私は、いつも家の2階の窓から見送っていた。貨物の他に通るのは、ほとんどが茶色の旧型国電と大型蒸気機関車のひく通勤列車であった。そのうち、キハ81系特急「はつかり」やピンク色の415系も見られた。それらの列車はどこから来て、どこへ帰って行くのだろう、乗りたいな~、と幼心に思っていた。結局「常磐線」のこれらの列車にはほとんど乗車する機会がないまま大人になってしまったが、結婚してから妻の実家(仙台)へ行くのに鈍行で全線乗り継いだこともあった。

それが今では…。

今年3月末にあえて東北地方の海沿いを通ってみた。そして、常磐線の駅も。
磐城太田駅である。ちょっとモダンな感じの駅舎。
DSC_0166s.jpg

中に入ろうとしたら、フリーになっていた。施設の様子はちょっと見には全く普通なのだが、線路は見ての通りさび付いている。。
DSC_0165s.jpg

水戸方面を望む。
DSC_0164s.jpg

仙台方面を望む。列車の来ない駅の何とさびしい風情であろうか。
DSC_0163s.jpg

そして、この駅の近くのあるポイントで見つけた鉄道の「遺構」。これがあの「常磐線」、583系や485系やキハ81系やC62をはじめとする堂々たる列車たちが行き交った線路なんだ、とは全く信じられない。
DSC_0159s.jpg

あたりを走ると、こんな感じであっちこっち通行止めである。この後迷子になってそこら中走り回らされた。
DSC_0167s.jpg


ゴールデンウィークにも東北へ行った。やっぱり仙台の爺さん婆さん(妻の実家)のことも心配だからね。
で、今回も足を伸ばして、あちこち見て歩いたのだが、ほとんど状況は変わっていなかった。

これ、道路じゃなくて、線路だった場所です。
DSC00585s.jpg

そのそばの小さな川に架かる鉄道の橋。
DSC00586s.jpg

近づいてみる。路盤が流されて、何も残っていない。片付けてしまったあとでもあり、まさに丸坊主。繰り返しになるが、これがあの「常磐線」とは全く想像もできない。何という残念な、悲しい光景であろう。
DSC00587s.jpg

道ばた、というか線路ばたにこんな立て札が立っていた。常磐線の再開を願って誰かがたてたのであろうか。
DSC00588s.jpg

福島県内に入ると、相変わらずこんな状態であっちこっち道路がふさがれている。国道なんかは警官が立って物々しい雰囲気であるが、原発の周辺の集落はどこも閑散としている。ひっきりなしに自警パトロールの車が通り、関東地方ナンバーの我が愛車はまさに怪しい奴。
DSC_0185s.jpg

海岸沿いなんかは道路もこんな感じのところが多いようで、東北の海沿いのインフラを再建させるにはまだかなり時間がかかるのではないか。
DSC00592s.jpg

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:日記

【 2012/05/19 23:34 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

出頭…いたずら?

オウム真理教の指名手配されてるヤツが警視庁に出頭したところ、いたずらと勘違いされて門前払いされたそうな。しょうもないニュースだが、そいつを追っ払っちゃった警官になんだか同情するね。自分がその立場だったら、間違いなくそういう対応をしてしまうだろうから。

テーマ:ニュース・社会 - ジャンル:ニュース

【 2012/01/03 11:52 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

どくとるマンボウ

 北杜夫が死んだという。中学生から高校生の頃に、けっこう読んだものだったが、いつの間にか「卒業」してしまっていた。どくとるマンボウシリーズなんかは母親が好きで買ってきていたので、家で何度も読み返した。「楡家の人々」というのもかなり興味深く読んでいたのだが、その当時この小説はNHKでTVドラマ化され、その後私がTVドラマが嫌いになるきっかけとなった。(やっぱ原作を字で読む以上の楽しみはないでしょう)
 さて、改めて思うに、北杜夫の本は全部実家にあって、再度読み返すわけにはいかない。そういえば、当時というものは、なかなか貴重なものだった。だいたい、「文庫本」なんてものは今と違って、何度も読み返すだけの価値のあるスバラシーイ著作、要するに巨匠の著した名作や押しも押されもしない古典以外は文庫本になるなんてことはなかったものだった。だから、「たかが北杜夫の本」なんかは新刊本でしか手に取ることはできず、つまりけっこう値が張るわけだから、素寒貧になるのも覚悟の上でなけなしの小遣いをはたくか、図書館で借りるとかしなければいけなかった。「書き下ろしの文庫本」なんてものはそもそも存在しなかったものだ。若い人には想像つかないかもね。
 それが、いつの間にか何でもかんでも出版されるようになり、文庫本になるようになり、(だいたい、このブログだって書籍化できるってンでしょ?)しかも「本の売れ行き不振」とか「書店が経営できない」なんてことが話題になるに至っている。まさに隔世の感がありますね~。
 ちょっとそんなことを思い出してしまった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/10/26 22:19 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

死の町その2

 今日の地方新聞の1面トップは

「狭山茶全銘柄を検査へ」

お茶もおちおち飲めないのかい!

「死の町」ってじわじわ広がっているんじゃないのか。日高市や鶴ヶ島市など、自宅の近隣の市町村が次々「罹災地」になっていく。
これから当分お茶の出荷はできない、ということになるであろうが、お茶農家の生活はどうなるのか。一方、特に被害が及んでいない福島の桃だの梨だのが「風評」によって値崩れしている。不幸な人間がどんどん増え続けている。いつかは自分の身にも降りかかってくるか。憎むべしTK電力!J民党!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/09/15 23:15 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
≪ 前ページ  | ホーム |  次ページ ≫