FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

デビュー演奏会

 蒲田で演奏会があった。行くのに時間がかかるであろうか、と午後から年休を取り、家に帰って支度をし、とにかく出発。と思ったらやっぱり時間に余裕があって、「カウボーイ家族」というところで昼食にした。ここは最近我が家でひいきにしているステーキハウスであるが、TDLのウェスタンランドみたいな雰囲気のつくりやBGMが気に入っているのだ。

 そして出発し、関越を降りて環8をひたすら南下すると、何と4時半過ぎに到着してしまった。演奏会の開場は6時半だから、困ったのう。やっぱり自動車はこういう、時間の読めないところが不便と言っちゃあ不便である。で、どこを探しても思ったような喫茶店的なお店がなく、まるっきりのイタメシやさんでエスプレッソだけで粘り、時間を待つ。

 今回のプログラムは何とドイツもの。リヒャルトシュトラウスの「影のない女(抜粋)」とワーグナーの「タンホイザー(第2幕)」を演奏会形式でやらかそう、というのである。すごい重そう。第一、リヒャルトシュトラウスなんて、サロメの七つのベールの踊りか、ツァラトゥストラやティルオイレンシュピーゲルの最初のところぐらいしか知らない。つまりお世辞にも低レベルな知識しかないぞ。何ゆえそんな、日頃縁のない演目の演奏会なんかに行くのか、それはつまりうちの息子が出演するからである。それも合唱とかオケとかの「その他大勢」ではなく、ちゃんと役付で。「影のない女」では幽界の王カイコバードの使者(それはいいとして)、そして「タンホイザー」では何と歌合戦を主催する領主ヘルマンの役だというんだからすごい。いったいこんな若造にそんな重々しい役を振ってくる主催者の蛮勇をどう評価すべきか。(もちろん、うちの倅めを抜擢してくれたわけなんだから、100%正しいに決まっているが。)おまけにドイツ語!彼にしてみればほぼ守備範囲を外れている。というわけで、超見ものなのである。8月の末にオファーが来て、それからがんばって譜読みをし、父親であるところの私までかり出されて伴奏を手伝いつつドイツ語の読み方を教え(といってもこっちだってドイツ語なんてベートーベンの第9に毛が生えた程度の知識しかないのだから噴飯ものもいいところ)、演奏会のチラシを見て他の出演者たちのそうそうたるプロフィール(留学経験とか何々音大の教授とかいった経歴や肩書き)にびっくり仰天し、指揮者との合わせとかオケ合わせとかで(本人曰く)文句を言われまくりつつ、どうにかこうにか本番の日を迎えたのだ。まさにおめでたいことである。
 実際の演奏は、しかしなかなかよかったぞよ。他の出演者に比べて見劣り聞き劣りするんじゃないか、場違い君になっちゃうんじゃないか、という親として当然の不安も杞憂に終わり、というよりむしろ堂々たる出来。我が息子ながらよくやるじゃん!と満足して帰ってきた。
 それにしても、他の演奏家の出来は正直言って??の人が半数ぐらいいて、ちょっとびっくり。いったいこの人たちの「プロフィール」って何なの?ってかんじだった。結局、「声楽」というジャンルが日本で確立するのに、まだまだ道半ばということなんだな。下品なお声のソプラノとか、がなるばっかりでちっとも豊かじゃないバリトンとか、変な歌い方の「歌手」がかなりの割合でまかり通っている現実はまだこれからも続くのであろう。
 我が子の正しい進歩発展と大成を願ってやまない。絶対これから認められるはずである。
 
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2012/10/25 23:42 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 体調・やばい・週末 | ホーム | 夢のかけら >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |