FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

リズム感のない人

 いったいどういうわけでこういう人が世の中に存在するのであろうか、理解できない人(俺を含む)には永遠に理解できないであろう。皆さんもこれまでの人生の中で出会いませんでしたか?運動会の入場行進で音楽に合わせて歩けない人。

 今年の合唱祭の、うちのクラスの指揮者に決まった男子。本人の極めて強い要望で他の希望者を蹴散らし、自由曲の指揮をやることになった。小学校の時も何度もやったことがある、と言うし。
 で、台風一過の昨日の放課後、第一回目の合わせ練習の日。貴重な体育館練習の一コマでもある。クラスの皆さんが2列に並び、ピアノ伴奏者が配置について、さて、演奏を始めようか。だがその時!
「先生、どうやって(曲を)始めんの?」
(え?)と一瞬思う。経験豊富なんじゃないのかい?だがそこは冷静に、
「こうやってさ。」
と指示を出す。ところが、彼の始めたことは全くこちらの想像とはかけ離れた手の動きで、ピアノの生徒も全く彼の動きとは関係のない(常識的な)速さで音楽を始めてしまう。あっけにとられてみているうちに、歌がはじまり、メチャメチャなリズムで時間軸のバラバラになった、音楽とはとうてい言えない、音響の塊が体育館に充満し、手の施しようがない。そして、彼の動きを見ていると、歌のリズムとは全く違う手の動きで一応(指揮の)図形を宙に描いているのだが、これがよく見ると4拍子を2~3回繰り返すとそのたびに5拍子が紛れ込む。エエ~っと思ってさらに見ると、何回かに一回、4拍子の1拍目を2度振っているのだ。
「おい、リズムが違うぞ!音楽に合わせろ!1,2,3,4…何してんだ!
だが本人はいたって真剣そのもの、というか、目が据わっている。極度の緊張状態だ。言えば言うほど彼の手の動きはデタラメなものになっていく。あちゃ~~!こりゃ指揮者はムリだ!コイツ何で志願したんだろう???頭が混乱する。そして、とてもじゃないが合唱なんか出来ないムチャクチャな状況のまま与えられたコマは終了し、次の番のクラスが体育館に現れてしまう。
 あきらめて教室に戻り、クラスが解散したあとに吹奏楽の女子やピアニストなどが集まって臨時の会議となった。すなわち彼を降ろすべきか否か。途中からさらに本人も加わって喧々がくがくとなるが、結論は「続投」となった。まさに前途多難。我がクラスの合唱はどうなってしまうのか!!

 しかし、それにしても音楽に合わせて指揮が出来ないというのはどういうわけなんだろう?彼が音楽とは全然別のリズムを刻んでいるのを、
「何であんなことが出来るのかわからない。逆に特技ですよね!」
と評するクラスメイトもある。実際やってみるとわかるけど、けっこう難しい。俺は練習したら出来るようになったけど、家内(れっきとした音楽家)は出来ないからね。
「演奏の最中は指揮を見ないようにしてました。」
といってた生徒も何人かいた。
 そういえば、かつて体育祭の入場行進で一番先頭を歩く旗手をやったある男子生徒がやっぱり歩くリズムが吹奏楽部のマーチと合わなくて、
「そんなの合うわけないよなあ!」
と周囲に同意を求め、まわりからあきれた顔をされたことでショックを受ける、という場面にも遭遇したっけ。今回も、指揮者の彼に
「お前、音楽聞いているか?」
と問うても、
「う~~~ん」
という返事が返ってきた。そんなんだったらやりたがるなよ!とも思うが、やりたくなくても押しつけられるヤツもいる。なにしろ、どこの学年にも必ず?存在する、その手の生徒については謎が深まるばかりである。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/10/03 00:45 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 怒涛の買い込みラッシュ | ホーム | 天国の島 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |