FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

ここでわかる教育の重要性

 尖閣諸島を巡って、中国と日本の関係が困ったことになってきたようだ。中国の反日デモなんかで、
「小日本は出て行け!日本に宣戦布告だ!」
なんて言ってる愚民達の姿を見ていると本当に情けなくなってくる。彼らの頭の中身の貧弱さには同情さえ覚える。だいたい、かの国は孔子様がお生まれになり、活躍なさった国。我が日本はそのお考えに忠実に、国を作ってきたことにより今日の繁栄を見た、といっても過言ではない。それなのに、本家本元の末裔がこんなにバカばかり、というのはどうしたことか。(それともマスコミは好んでバカばかり映している?)
 尖閣諸島を自分の国だと言い張る理不尽さは言わずもがな、だいたいからして、中国人の道徳性、規範意識の低さは、どこから来るのか。簡単なことだ。教育が悪いのである。子育てをしたことがある人間ならわかるはずだが、4歳ぐらいまでの小さい子供というのは心がまっすぐであるだけでなく、本っ当に真面目である。だが、そこに少しずつ毒を吹き込んでいって、徐々に「よい子」たちは悪い大人になっていく。純粋培養なんか出来るはずがないからな。しかし、意図的に毒を吹き込めばどうなるか。なんだか、彼ら中国の暴徒たちを見ていると、そういう間違った教育の影が見え隠れするんだよな~。デモをすれば、石を投げてものを壊し、暴徒になって暴れ回り、略奪を働く。そして、それが当然の権利だと思っているあたり、何百年何千年も前の群雄割拠の時代と何も変わってない。そういうのがもはや時代遅れなんだ、と教え導く者はいない。
 さらに、彼らが心の底で常に日本を嫌っているのはなぜか。簡単なことだ。教育が悪いからである。ま、それについては石原都知事も昔何かの番組で言ってたけどね。我が国が1945年の「一億総懺悔」を経て平和国家に生まれ変わり、政治家も下々の庶民もすべからく戦争なんか大嫌いで、鉄砲や軍艦なんか見たくもないし話したくもなく、一人一人の権利が何よりも優先され、人の生き死にが何よりも重大な事件として考えられるような、まさに平和が大好きな国となり、おまけに我が国の莫大なODAのおかげで中国はインフラを作りまくり、軍備を増強し続けている、という本当のことなんか、中国人の誰もがすっかりそっちに置いといて、口を開けば日本の悪口ばかり。それは当然、日本への誹謗中傷となる間違った情報を小さい子供のうちから徹底してすり込んでいった結果に決まっている。

 結局、国を作って動かすのは教育である。奴らを見ていて最近それを強く感じるようになった。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/09/19 23:23 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 天国の島 | ホーム | 米を捨てる >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |