FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

男女共同参画??

 男女共同参画についての研修会に行かされた。今年は人権教育関係の担当になってしまったからね。なんだか出張が妙に多い。しかし、こっちが古い人間なのか、この手の話には腑に落ちないところがどうしても多いのだ。男女は平等、というところまでは強く賛成するのではあるが、そこから先は???なことが多すぎる。

 今回の研修での話でも、まあそういう活動を続けている方々の講演が中心だった。印象的だったのは、とにかく学校の先生は世の中でどれだけ男女が差別されているのかがわかってない、ということ。そしてそれは当然で、日本中どこを見ても、学校ほど男女が平等に扱われる場所は無いからなのだそうだ。確かにね。
 女性が、一人で、あるいは子供を育てつつ暮らして行くには、社会的に男よりも不利な場面は現実問題として枚挙にいとまが無く、それはよくないことだ、と単純に理解できる。また、子育ても仕事もみんな奥さん任せで旦那さんは何もしない、という家庭も未だに多く、女性ばかりが大変だ、という話も(自分自身を省みても)納得できる。いろんな海外との比較資料なんか見せられて説明される。何とかせにゃ、学校でも啓蒙してくれ、というお話にも同意できることではある。

 だが、「男女共同参画社会」とかけ声は高く上がるが、その目ざす先というのは、どんな社会なんだろうか。なんだか、国会議員も管理職も看護師さんも保育士さんもパイロットも研究者も何もかも、あらゆる職業において男女の比率が同じになればいいのか?じゃ、兵隊さんは?と突っ込みたくなるのは置いとくとしても、どうしても不自然な印象をぬぐえないのは、私の頭が時代遅れなんだろうか。

 だってさ、とにかく女性が働きやすい社会を、というのだが、単純に考えても、女性が誰も彼も働いてばっかりでは子供が作れない。実際ここ何十年か、男女共同参画社会がとにもかくにも実現する一方で、日本人はどんどん晩婚化し、女性が出産する年齢も上がっていく。当然子供の数はどんどん減る。(しかも年取ってから生まれた子供は溺愛されるもんだからどんどん学校教育もやりにくくなる:ここでは関係ないけど。)少子化が進行するから当然経済活動も停滞する。もはや日本の社会は人口の減少とともに縮小するしかない。異常な高齢化社会も目前に迫っているし。そういう現実と、「男女共同参画社会」ってどうすれば矛盾無く両立できるの?

 もう一つ、研修の話に戻るけど、どこだかの県で高校の部活の「マネージャー」が女性の比率が97%だった。その仕事の内容は、記録(スコア)、食事の世話に、洗濯、合宿所の掃除など。そして、なぜ「マネージャー」になったのか、というアンケートに対して、3割の女子生徒が
「そういう仕事が自分に合っている、と思った」
と考えていること、という報告があり、そういう「意識」はどこから出てくるのか、という問題提起があった。
いつも疑問に思うのだが、それってホントにジェンダー教育のなせる技なのか、それとも生物としてのもともと持ってる性質なのか、どっちなんだろうか。
 だいたい、どんな子供だってオギャアと生まれた瞬間は白紙のはずなのに、しかも一つの家庭で同じに育てていても、なぜ大人しい子と乱暴な子が存在するのか。丁寧な子と大雑把な子はどうすれば違っちゃうのか。リーダータイプとあとからついて行くタイプと意識的に育て分けてる人なんているのか?一人一人の性格の違いとジェンダーをどこで線を引くのか。

 私には謎が深まるばかりだ。それとも、そういうことを言ってるヤツって、男女差別主義者ってことか?私なんか、生まれ変わるなら絶対女のほうがいいって思っているのに。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2012/08/11 21:01 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< そしてとうとう… | ホーム | やっとのことで完成間近に。 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |