FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

あいさつを失礼する

 今日は久々に演奏会だ。それも、久々に、単純に楽しむだけの。娘が行った私立中学の校長だった人が現役時代にけっこう実績を上げた音楽の先生(それもけっこう人徳ある人)で、その人を慕って集まった人(指導なさってる合唱団とかその関係者とか)で、いろんな曲を演奏しちゃおう、と。よくはわからんがそんな企画のようだ。まあ、要するにアマチュアも混じっているんだけどね。クォリティは高いかな~、と期待して行った。その校長先生には娘もずいぶんお世話になったし、勤め先の学校の合唱祭の指導者なんかにけっこうお願いしたことがあってお世話にもなってるし。終了したら楽屋にあいさつにも行かなきゃね。
 プログラムは、いろいろ。まずは著名なオペラアリアを何曲か。それからモーツァルトのピアノコンチェルト。最後に、そのアリアを歌った人をソリストにしてベートーベンの第9の終楽章をやってしまおう、という盛りだくさんの企画である。それを全部その先生が指揮をなさる。オーケストラはプロ(といっても寄せ集め?)に、先生が現役時代に教えた女子高の弦楽部のOGを加えた豪華キャストだ。ワクワクするじゃないか。

 さて、1200~1300人というキャパがほぼ満員の大ホールで、1曲目、フィガロの結婚の序曲で始まるが、なんだか管楽器は音が飛んでくるのだが、弦楽器がショボイ。しかも…巨匠テンポ…?2曲目以降のアリアのソリストも、先生がムカ~シ教えた生徒が立派になって演奏するのだが、ん~~~特にテノールが…ん~~~~!!しかも、指揮がおっとっとじゃないだろうか。椿姫の「ああ、そはかの人か」なんて相当やばいぞ。このソリスト、よくこの伴奏で歌えるのう。そういう意味じゃ、すごいかも知れない。
困ったのはコンチェルトで、とにかく眠い!ほとんど4分の3は舟漕いでたかな。テンポの設定も冗長、ピアニストの歌い方も変(ロマン派的)な上に退屈。要するに才能がないんだな。達者にはお弾きになるんだけどね…。ん~~。プログラムに載ってるソリストの経歴はどなたも海外留学とかコンクール受賞歴とか、いろいろ素晴らしいのだが…。
 最後の曲は。。。。何と言ったらいいの…?…
プロのオケともなると、プロの指揮者の振り方で慣れている。プロの指揮者って、みんなそれぞれ違うようだけど壺の押さえ方は万国共通でわかるように振ってるんだよね~ああ見えて。オケマンはシロウトのうっかりした動きでも、アインザッツと勘違いしてバシッとついてきて音を出しちゃう人もいるし、うっかりした動きだってちゃんと認識して待ってくれる人もいる。つまり、ヘタをすればアンサンブルが乱れて命取りになってしまうのだ。しかも第9の終楽章はかなり難しい棒のテクニックが要求される。その辺も楽しみにしていったのだが…。
 何と、前半の部分がバラバラに空中分解してしまったではないか!あちゃ~~これはっっっ!大事故といっていいでしょうっ!!その後もソリストは自分のことだけで精一杯だし(重唱部分はけんかしてるように聞こえる)相変わらず弦は鳴りが悪いし。唯一よかったのは合唱だったですね~。バスは安定してるし、バランスもそこそこ。この先生は(もう定年で引退されたのだが)もともと合唱の指導を中心に活躍なさってきた方である。やっぱり、その辺だけにとどめて、オーケストラ(っていうか器楽)には手を出さない方がよかったんじゃないかね~。結局指揮者一人で、すべての曲目の足を引っ張っちゃったかな~。
 帰りに、
「楽屋に行くんじゃないの?」
と家内が言うのだが、
「ん、中止中止。行けるわけないでしょ。」
といったら納得していた。いやはや、手に汗握るスリル満点の演奏会だった。楽しみで行ったはずなのに、疲れたです。
スポンサーサイト



テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【 2012/02/05 23:13 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< インフル始動か | ホーム | その後のモランソルニエ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |