FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

どくとるマンボウ

 北杜夫が死んだという。中学生から高校生の頃に、けっこう読んだものだったが、いつの間にか「卒業」してしまっていた。どくとるマンボウシリーズなんかは母親が好きで買ってきていたので、家で何度も読み返した。「楡家の人々」というのもかなり興味深く読んでいたのだが、その当時この小説はNHKでTVドラマ化され、その後私がTVドラマが嫌いになるきっかけとなった。(やっぱ原作を字で読む以上の楽しみはないでしょう)
 さて、改めて思うに、北杜夫の本は全部実家にあって、再度読み返すわけにはいかない。そういえば、当時というものは、なかなか貴重なものだった。だいたい、「文庫本」なんてものは今と違って、何度も読み返すだけの価値のあるスバラシーイ著作、要するに巨匠の著した名作や押しも押されもしない古典以外は文庫本になるなんてことはなかったものだった。だから、「たかが北杜夫の本」なんかは新刊本でしか手に取ることはできず、つまりけっこう値が張るわけだから、素寒貧になるのも覚悟の上でなけなしの小遣いをはたくか、図書館で借りるとかしなければいけなかった。「書き下ろしの文庫本」なんてものはそもそも存在しなかったものだ。若い人には想像つかないかもね。
 それが、いつの間にか何でもかんでも出版されるようになり、文庫本になるようになり、(だいたい、このブログだって書籍化できるってンでしょ?)しかも「本の売れ行き不振」とか「書店が経営できない」なんてことが話題になるに至っている。まさに隔世の感がありますね~。
 ちょっとそんなことを思い出してしまった。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/10/26 22:19 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 学年リハーサル | ホーム | こんな時に! >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |