FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

被災地は宙返り?

 4月1日、仙台へ。家内の実家がどうなっているか、とにかく心配なのである。聞くところによると、家がずれた、とか言っているし。午前中は年度当初職員会議の第1回目で、ハズすわけにはいかないので、午後から出発。東北自動車道を一路北上する。
 福島に入ったあたりから、「地震のため80キロ制限」という表示が出る。ま、普通に走っていくが、妙に揺れる。路面が荒れているのだ。あっちこっちアスファルトが新しくなっているし、あっちこっちにカラーコーンが立っていて、そこを見ていると、路肩が崩れている場所も多い。橋の入り口と出口もいちいちガタン!と衝撃が。これはかなりやばいかな~。日が暮れてくると、「照明が消えている場所があるので注意」みたいな表示も出てくる。ま、当たり前でしょう。と思いつつ、暗い高速を普通に走る。ところが、宮城県に入ったあたりから、高速道路はあまり暗くない。大事なところだから照明をつけてあるのかな。と思いつつ、仙台南ICで高速を降りる。ありゃ。妙に町が明るいじゃないか。これは…何と…全然節電していないようだ。町はいつもの通りの日本の夜だ。パチンコ屋も、セブンイレブンも、道路の街灯も、走る電車の室内も、看板から何からすべて、煌々と電気がついているのだ。どういうこと?首都圏じゃ「被災地のことを考えれば、我慢も当然」なんて言って、暗い夜を過ごしているというのに。(それはそれで気に入っています。)
ちょっと頭に来たぞ!

次の日(4月2日)。一日あっちこっち走り回って爺さんちの壊れた電話機を買い換えたりなんだりする。昨日は頭に来たが、よく見ると町の中はかなり大変な状況である。
 仙台南郵便局の惨状。1階部分が半分つぶれて建物は立入禁止。当然業務もおこなっていないようである。
SBCA0405.jpg

アパートのテラスというか、2階廊下の脚。基礎が崩れて脚がずれてしまっている。かなり危険。
SBCA0403s.jpg

崩れたブロック塀は何カ所かで見かけた。
SBCA0392s.jpg

 このほかにも、一見普通に生活しているように見える仙台市内だが、町並みはよく見るとあっちこっちに地震の爪痕が残っている。壁面のモルタルがはがれ落ちて赤裸になった住宅とか、屋根瓦が落っこちてブルーシートがかけられている家なんかはそこら中に見られるし、ショウウィンドウが破壊された商店もそこら中にある。ガスが完全には復旧していないし、営業できないお店も多い。スーパーやDIYのお店なんかでもない品物が多いし、店内には天井のパネルやエアコンが落ちかかっていて立入禁止になっている場所があったりする。。本屋さんは3.11以降に出版された本、というのはまったく出回っていないようだし、ガソリンスタンドは閉店中のところもかなりある。(関東ではガソリンの補充に苦労することはほぼなくなったかも。)今回の地震は大津波の甚大な被害と福島の原発ばっかりがクローズアップされて報道されているが、実際猛烈な震度の地震がまずあって、その被害も大変なことになっている、ということが改めて認識される。
 家内の実家も、もとからある部分と増築部分がちぐはぐになってしまって、これからどうすればいいのか、悩ましいところだ。どうにかするにしても、大工さんが忙しくてそう簡単には手が回ってこないかも知れないし。これでは、夜節電しないぐらいで目くじら立てるなんてとんだバカ野郎だ、という気にもなる。がんばらなきゃいけない東北が、本当に滅入っちまうじゃないか。
スポンサーサイト



テーマ:地震 - ジャンル:日記

【 2011/04/03 23:38 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 入学式前夜の学校は…不夜城? | ホーム | 504K拾遺:その2 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |