FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

危機はどこまでも?

 今日もまた、たいへんな出来事の連続だ。といっても自分のせい、という部分も多々あるが。

 まずは朝、いつものつもりで出発してしまう。何しろガソリン満タンだしね。心は豊かである。そして、お弁当忘れました。途中まで行って気がつき、即座にUターンする。自宅まで戻っちゃえば定時に出勤できないこと必至であるが、お昼ご飯がない、というのも何かと面倒である。それに、クラスのみんなは卒業しちゃったから、朝の学活の時に雁首をそろえなくてもまあ大丈夫だ(他の人に迷惑がかからない、というだけのこと)。だが、昨日せっかく入れた貴重なガソリンが無駄になるというのも口惜しい。情けない気分でいざ職場へ。

 朝の職集が終わり、担任がクラスへ散っていった閑散としたタイミングの職員室に到着。すると、すでに動きが慌ただしい。何と、1年1組がインフルエンザで9人も休んでいるというのだ。1時間目が始まる前に、明日からの学級閉鎖が決まる。こりゃ大変だ。

 一方、お弁当の方だが、給食を安易に停止しちゃった委員会に怒濤のようなブーイングの嵐がわき起こったらしく、結局八方算段してどうにか主食のご飯だけは出すことになった、というのを昨日の午後の打ち合わせで聞いていた。で、それをいいことにおかずだけ持って行ったのだが、メシが出るのは明日からで、今日一日は普通のお弁当でなければいけなかったらしい。何だヨ~~~
 すると若い体育の臨採が、
「あ、ご飯あげましょうか。俺、メシだけでいいって言って、母親にご飯だけ詰めてもらってきましたから。」
なんて言ってくれる。で、見てみるとなんと、でかい2段重ねのお重に2段ともメシだけ詰めてきてある、というあきれたお弁当なのだ。それをふりかけだけで食べるんだそうな。すげ~な~。何という大雑把な家庭であろう。それを自分のおかずと物々交換でありがたくもらうことにして、何とか解決。

 さて、2時間目から4時間目までは2年生の授業である。ところが4時間目が終了する10分前。ついに、というか突然、というか、要するに電気が消えてしまった。予期していたことでもあり、生徒たちも冷静に
「あ~停電だね~。」
「ついに来たか~。」
なんて言ってる。職員室に戻ると、管理職周辺が慌ただしい。信号も止まるというし、急遽部活動を無しにし、昼休みも清掃も無しにして、下校させることになってしまった。で、一斉下校に当たって職員は立哨指導に立たねばならない。その計画を立てるのは何と、安全主任であるところのこの俺じゃないか。で、昼休み返上でプランを作って張り出すが、すべて手書きでコピーもできないから、1枚だけ掲示ボードにマグネットで貼り付けるだけ。

 そうそう、電気が使えないから、チャイムも鳴らないし、下校放送も(放送委員の生徒が「どうしますか」なんて聞きに来るのもかわいいが)できないし、コピーも印刷もネットも無理。電話も事務室にある1台だけしか通じないし、貯水槽に水もためられないからトイレ使うのもおっかなびっくり。清掃なんて思いもよらない。4時間目の終了を知らせたのは2年の主任が拡声器で触れ回った。古い学校なら記念品を展示してあるガラスケースなんかに、用務員さんが使った鐘(俺が小学校の頃一回か二回現実に使っているのを見たことがある)なんかがあるだろうけど、昭和63年開校の我が中学校ではそんな骨董品あるわけないからつまらんのう。むろんパソコンで仕事なんてできない。折からの地震にも情報の入手方法は何人かの先生のケータイのワンセグテレビのみ。当たり前のことが全然当たり前じゃない、という感覚、本当に半端じゃない。

 さて、下校時刻となり、俺ともう一人で、一番危険と目されている県道との交差点に立哨指導で出向く。案の定、信号機は止まっていて、県道の上り方向は大渋滞。そこで30分も立っていたのに、通過した生徒はたったの10人。あまりの手持ちぶさたに、結局交通整理をしちゃって地域に貢献し、しまいに下校した生徒たちが遊びに出向いているのが通過するようになるに及んで馬鹿馬鹿しくなって立哨は終了。

 その後、卒業した生徒の指導要録を書くために出席状況のまとめをしているうちに電気も復活し、勤務時間も終了して、帰ってきた。帰る道すがら、信号機は軒並み止まっていて、死んだ生き物の目玉のような、というよりなんだか枯れたひまわりの花のようだ。最近の信号機はLEDだから、消えているときの風情も昔と違うね。そこを通過する自動車やバイクはいつもよりも安全運転のように見受けられるし、どこの交差点もお互い譲り合って、特に通行に困難なことは見受けられなかった。ここはやばい、というところには警官が立っているし、非常用の発電機で点灯させている信号機もあるようだ。だいたいからしてガソリンが入手できにくい状況で、みんな省エネ運転、具体的には急発進急加速を避けているようなのだ。信号待ちの時にはアイドリングストップをしてる車もかなり見たし。なんだか、「不必要な信号機」というのが結構あるんじゃないかな~、という印象も受けたぞ。今のこの日本、無駄なことが結構あるんじゃないだろうか。

 それにしても困ったのは、来る20日(土)に計画している我が吹奏楽部の「定期演奏会」である。卒業式も絡んで、もう3日もまったく練習していない。我が校は部活のある日は朝練しちゃダメ、という規定があり、その上輪番停電が続くうちは当分下校時刻16時30分厳守、ということで、全然練習にならない。さらに前述の通り1年1組はインフルで学級閉鎖。当然部員もその中に含まれる。演奏会どころではないじゃないか。だが、あっさり中止しちゃえば3年生も可哀想だし、どうすればいいのか。さらにそこへ放射能への不安までが加わる。まさに予断を許さないぎりぎりの状況が続いているのだ。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/03/16 22:09 】

どっちかというと業務日記  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |
<< ガソリンスタンド:長蛇の列 | ホーム | ガソリン難民 >>

コメント

---  ---

こんにちは。
「用務員さんの使っていた鐘」は「モクヘリン」というのです。
漢字で書くと「木柄鈴」。
プールとかマラソンとかで使うので、今でも常備している学校は多いですよ。
もちろん停電の時にもここぞとばかりに使います。
通りすがり  *  URL[編集] 【 2011/03/17 08:55 】
---  ---

なるほど~。その後水泳部の顧問の先生が、
「それ、ウチのプールサイドにあるよ。」と言っていました。(でも持ってきてはくれませんでした。)結局、電気が落ちるときはノーチャイムデーです。かえってみんな時間を気にするようになるのでよい、という意見も根強いですね、ノーチャイムデーって。ウチの学校では実際どうなんだか。
petchuunen  *  URL[編集] 【 2011/03/19 21:09 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |