FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

恐ろしい事故

 昨日、突然海が見たくなって、妻と大洗海岸までドライブを敢行した。
 その途中の高速道路で、直前に起きた事故の現場に出くわした。突然の渋滞でスピードを落とし、ゆっくり通り過ぎて見る。ワゴン車(ミニバン?) の単独事故のようだった。まだ警察も救急も到着していない。左側に3台ほど仲間の車が止まっていて、その先に、左側に前部バンパーなどの部品が転がり、車 両本体はさらにその先の中央分離帯にあって、後ろの車輪を分離帯のワイヤーに吊られてぶら下がっているように見えた。追い越し車線に人が横たわっているの が見える。
 ハンドルを切り損ねたか、居眠りをしていたのか、おそらく道路の左側に突っ込んで、跳ね返って中央分離帯に乗り上げたのであろう。前部座席は グチャグチャに大破。路上は自動車の破片とえぐれた道路脇の土が散らばって凄惨な有様だ。追い越し車線に積み荷が散乱している。その中に、サッカーボール が7~8個も散らばっているのを見て私は本当にぎょっとした。まさか少年サッカーの遠征の途中かなんかで、子ども達が大勢乗っている?!!
 いや、いない。運転手だけのようだ。その運転手が車外で倒れている。私の車がちょうど脇を通過したときに「う゛~~」という獣のようなうめき声とともに腰をひねろうとした。顔は見えなかったが右腕は肩から手の甲まですべて、まさに血まみれである。介抱している仲間がその手を押さえながら、「○○○っ!(その人の名前)動くなーっ!!」と叫んでいる。声の限りに。その声は彼の耳に届いているのか。地獄だ。
 それにしても高速道路の事故というのはすさまじいものだ。まあ20年以上も自動車を運転しているから、今までもいろいろな事故に遭遇したものだったが、ここまでのは初めてだった。彼は大丈夫だろうか。いろいろな思いが錯綜して、しばらく何も言えなくなった。事故はいやだ。安全運転を心がけねばならぬ。
スポンサーサイト



【 2007/04/02 23:33 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 学年主任 | ホーム | 「旅立ちの日に」 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |