FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

何のため?熱中症との戦い

 ウンザリする連日の暑さ。体温より高い37度ぐらいで、もはや驚いてはいけない。たったの20年前:私が実際熊谷に通っていた頃には熊谷で33度、というのがけっこう大きなニュースになったものだった。今、33度なんて涼ささえ感じるからね!

 さて、そんな暴力的な暑さの中、我々は連日、吹奏楽コンクールに向けて練習を重ねているのである。といってもウチの学校はクーラーが効くからよかったわ~。と思ったら実は、ウチの学校のクーラーは全館冷房になっていて、部分的にはかからない。そして、なんだか古いシステムで莫大な燃料費がかかるらしいのである。しかも、市からの予算が今年度は大幅に削られた、というので、極力クーラーはつけてはいけないらしい。1学期中も授業だってのに、クーラーつける、というのは生徒にとっても我々にとってもけっこううれしいニュースだったのだ。
今日の午前中は学習支援の日ということで、各教室で勉強会が行われていたので、クーラーがかかっていたのだが、なんと午後は切られてしまった。一方、吹奏楽部は、午前中はパート練習で、午後は合奏だ。昼過ぎに一応クーラーのかかった職員室から一歩外に出ると、ただそれだけで滝のように流れ出る汗。職員室のある2階から3階4階とあがって行くにつれて気温がドドッと上昇するのがわかる。音楽室のある4階はサウナと温室が一体化したような素晴らしい状態になっている。ワクワクするではないか。
だが、前日のホール練習で顕在化した様々な問題を、今日という日に放っておくわけにはいかない。何が何でも合奏はやらなければならない。それに明日は自治会のお祭りに招かれていて、ルパン三世とかフーテンの寅さんみたいな曲とかも取りあえず練習しとかなければならない。しかも、昨日改善した呼吸法によって生徒の操る楽器の音はまさに暴力的に暴れている。寒暖計が36度を指す室内でそれらが一斉に音を放てば、それはまるで雲仙普賢岳の火砕流を思わせる。熱いよ~!!
一応こまめに水分補給をさせつつやったつもりなのだが、それでもなんだか体調が悪い、という生徒もいる。そりゃそうだろ。だが、熱中症なんかになって倒れられでもしたらそれこそ大事件である。そういうのはサッサと帰す。ラッパのトップの3年生が帰っちまった。困ったのう。だが文句は言えない。

 結局そんなこんなでどうにもたまらず、予定より30分以上早く練習を切り上げて、みんな帰すことにした。マジ誰か死んだなんてことになれば洒落にもならない。

すごかった。1日で0.8㎏痩せました。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/07/23 23:28 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 百合日記その2 | ホーム | 植木がピンチ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |