FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

校内音楽会、やっとのことで終了

 本当に大きな心労の一つ、校内音楽会が終わった。無事にとは全く行かなかったが…、主催するものとしては、まあ、やむを得ない、という程度にはできたのかもしれない。だが、審査結果も含め、職員室でのまわりの評判には正直不満が残る。その中でも最大のものは、「声が小さい」というものだ。みんな誤解している。確かに声量は少ないが、以前に比べて頭声発声が徹底されていて、確実に耳に優しい音色の合唱に仕上がっているのに。一昨年あるいはそれ以前の(といってもビデオでしか知らないが)音楽会の合唱はどれをとっても私には聴くに堪えない悲惨なシロモノである。そっちのほうがイイといわれてもねえ。合唱は大声コンテストじゃないよ、とはずいぶん前からあちこちの中学校で言われ始めているはずなのに、まだそんなことをいってるのか、と言いたくなる。(もっとも、ベルカントの発声がきちんとできてくれば、声量も増してくるはずなんだが…。まだまだ未完成なんだな。)
 合唱は1000年以上の歴史に裏付けられた「芸術」であって声の大きさを競い合う「競技」ではない。本来はその神秘的な美しさを楽しむべきものである。だから、耳障りだろうがなんだろうが「でかい声出せ~!」のノリで青筋たてて勝敗を決めよう、と臨むものではない。むしろ他のクラスの音楽の美しさを楽しんで聴く、というのが正しい音楽会のあり方であろう。ほとんどの学校で、この行事の名前が「合唱」であって「合唱コンクール」ではないのも、それを端的に物語っているのだ。「祭」という語には宗教的な意味が含まれている。神や仏の前では、どっちが上手、と人と人とが競うよりも「喜んでもらう」という意義の方が大きい。だから静かに聴きあい、その中で、技術的に優れ、感動を作りあげることができたクラスを褒め称える意味で、賞を与えるっていうのが、そもそもの行事の意味なんだけどなぁ。ウチの学校の合唱祭が「校内音楽会」というネーミングにこだわっている、というのもきっとこの行事を始めた先人たちにそういう思いがあったはずだからだろう。優勝したクラスを、すべての人が喜びをもって褒め称えられるようなら、行事として最高の成功、といえるだろうな。
 書いているうちに、それを生徒に伝えてなかった自分が情けなくなってきた。孤軍奮闘となっちゃうかも知れないが、頑張ってこの考えを広めていかなければイカン。
スポンサーサイト



【 2009/10/30 18:01 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< アンサンブル再開 | ホーム | モグリのホール練 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |