FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

鉄道唱歌にちなむ話(しかも残念系)

 鎌倉の、鶴岡八幡宮の石段脇の大銀杏が倒れた、というニュースをやっていた。何でも樹齢1100年とか。すごい古木だったわけだ。中央部は腐って空洞になってしまい、ついに巨体を支えきれなくなったということだ。

 この銀杏は何と、鎌倉幕府の第3代将軍、源実朝が暗殺されたときにもそこに立っていて、しかも、その暗殺を主導した公暁がこの木の陰に隠れてみていたという言い伝えがある、由緒ある木なのだ。そして、それは、「鉄道唱歌」の中にも歌われている。

「八幡宮の石段に
 たてる一木の大銀杏
 別当公暁の隠れしと
 歴史にあるはこの陰よ」

 子供たちが小さかった頃に、一度おもしろ半分に「鉄道唱歌」を教え込もうとして、自分も歌詞を覚えようとしたことがある。結局、全部は覚えられなかったが(子供たちはほとんど覚えたが)、はじめの方の大船から横須賀線に乗り換えて、行った先のあたりなので、ここの一節はまだ覚えていた。
 その大銀杏がひっくり返った、というのは残念至極である。またまた歴史の一ページが現物のない文字だけのものになってしまったなあ、という感慨を持ったのでした。

 それにしても、「鉄道唱歌」はすごい。なにしろ、歌に乗せて、歴史も地理も風物詩もみんな織り交ぜ、しかも美しい七五調の文句は日本語教育にもまたとない教材である。これだけでも昔の子供たちがいろいろな科目の勉強に将来的に興味を持つこと請け合いで、まさに明治時代の教育者の、教育に対する情熱や子供への慈愛を結晶化したような一品といえる。そして、こんな歌をのんびり覚えながら授業を進めていくことができれば、これこそ「ゆとり教育」そのものではないか。
 「ユトリ」は今や(特に2チャンネルあたりで)差別用語にすらなっている現状ではあるが、本物のゆとりは昔の学校教育にこそ存在した、という証明になっているのが「鉄道唱歌」といえるんじゃないの?
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2010/03/10 23:58 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 今日は「部活なし」 | ホーム | 卒業式、やる気あるのかねぇ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |