FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

大地讃頌におぼれて死ぬ

 この一週間、歌のテストで明け暮れた。まずは週の前半は3年生で、「早春賦」。これはまあ、よかった。独唱曲だから普通に歌えば一応完成品だからね。まあ、「春は名のみの」を「Ha ru ha na no mi no」とやってくれちゃった奴が想像以上に多くて思い切りヘコむ、というアクシデントもあったが、それでもまだ耐えられるといっちゃあ耐えられる。それが5クラス、180人。
 だが、1年生と2年生の課題、「大地讃頌」はそうはいかないでしょ。音楽室では課題レポートを書かせながら順番を待たせつつ、時間の関係で二人ずつ準備室に呼んで、
「いちいち待たせるな。ハイ、番号と名前を言って。ハイそこに立って。もっと後ろに行け(前に来い)!ハイやるよ。ほら、笑ってるんじゃない。減点するぞ。準備しろ。」
なんて指示を出しつつ、ややこしい伴奏を弾きつつ、チェックポイントに耳を傾けようと思いつつ、蚊の泣くような声で歌ってるんだかつぶやいてるんだかわからんショボイ奴らの声が聞き取れないから、伴奏の音を最小限のピアニッシモに音量を落としつつ思いっきり耳をすますが、それでも聞こえないからほとんど心の耳で聞く、という芸当をしつつ得点を何点にするか考える。そして曲の途中で
「ハイ、そこまで」
と非音楽的にぶった切って、緊張の糸が切れて大騒ぎをしつつ人の閻魔帳をのぞき込もうとする奴らを遮りつつ、
「早く次の奴を呼んでこい!評価?今つけてるところだ。ほら、オマエらが出ていかなければ次のが入ってこられないだろ。時間がないんだよ!ああ、ああ、上手だった、上手だった。大丈夫だから心配すんな!うるさいっ!早く出てけ!」
なんて怒鳴りつつ1時間が終わる。何といっても「大地讃頌」だからね。味も素っ気も(全然とは言わないが)ない混声4部合唱のどこかのパートを何回も何回も聞かなければならないし、それぞれに違う発声だの姿勢だの表情だの音程だのを厄介な伴奏を弾きながら判別する。それが何と9クラス!320人!これはハッキリ言ってほとんど拷問です。わかっていただけるでしょうか!途中からもう感覚が麻痺してきて、(ハ~これいつ終わるんだ?)なんてボーッと考えてたりする。

 というわけで、今週は参ったわ~。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/02/26 22:07 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 卒業式、やる気あるのかねぇ | ホーム | 前期試験の結果が! >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |