FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

Durch Leiden Freude !! 苦難の第九鑑賞

 今日は第九の演奏会。サントリーホール。日フィル、指揮者コバケン、テノールソロ錦織、そして合唱東京音楽大学。役者が揃ったのう。
 ところが、昨日の午後からなんだか体調が悪いのだ。夜は帰ってくるなり、
「俺はすぐ寝る。体調悪い。」
と宣言すると、娘がインスタントラーメンを作ってくれたので、食って即ベッドへ。熱を計ると7度4分。ちょっとまずいな。だが、明日は這ってでも行く!という不退転の決意で就寝だ。

 さて、朝起きたら、腰も、肩も熱があるとき風に痛い。頭も痛い。目玉の奥の方も痛い。熱を計ったら7度8分。もうちょっと寝よう。8時、日程が気になって寝てられない。何時に開場だったっけ。もう一度計ると7度2分。しめしめ。天は我に味方した。で、なかばフラフラしながら起きだして、チケットを見て、出発は11時!と家内と示し合わせる。なにやらやっているうちに10時。ところが、そこへ家内のピアノの弟子が登場。日付をまちがえて来ちゃったらしい。で、その人を教えてからにするから、出発は少し遅れるよ、あいよ、となる。
 結局出られたのは11時30分。途中のスーパーでブランチを買って食いながら関越を南下。そこからはナビにお任せで進むが、なんだか何にもない変な裏通りで
「目的地周辺です」
ハァ?どうすんの、とウロウロすると駐車場の入口があった。15分200円、と法外な値段が案内されている。開場までまだ30分あるから、じゃ、ここで一眠りするか、とケータイのアラームをかけて寝る。起きたら2時。会場へ。サントリーホールの前はなんだか野菜とかよくわからない青空市が開催中だ。面白そうだが、取りあえず中へ。

 舞台の上ではクラリネットとかファゴットとかチェロが一人だけとか、ようするに数人のオケマンがさらったり音だししているいつもの光景である。懐かしい場所に戻ってきた感じがするじゃないか。さて開演時間になる。通常第九の演奏会はレオノーレとかフィデリオの序曲を前ぶりにやるものなのだが、この演奏会では何とパイプオルガンのソロである。珍しいのう。で、若い女流が出てきてバッハのトッカータとフーガなんかを演奏するが、なんだかオットットである。指はもつれるし、音の選び方もセンス悪いし、間の取り方なんかも、正直、勉強し直してこい!とアタマを小突きたくなるような演奏だったぞ。まあ、サントリーホールのオルガンの音が聞けたから、つまりそういうサービスなのね、と思うことにする。

 さて、休憩のあとは合唱団の登場である。オルガンのすぐ前の、P席に陣取っている。何と、座っているではないか。俺たちが学部の頃は立ちん坊だったのに!と、家内とうらやましがる。爺ちゃんの形見の双眼鏡を取り出して見ると、3列目の右から3番目が我が長男である。ちゃんと暗譜してるんだろうな、って、この程度の暗譜は全然たいしたこともないが。
 小林研一郎が登場し、演奏が始まる。あれ?という感じだ。特にフォルテッシモがドーンと来ないなあ。楽章の合間に、家内と、
「このホールの響きって、どうよ?」
「ピアニッシモがきれいに聞こえてくるからけっこういいんじゃない?」
「なんだかフォルテがなあ…」
「それより、コバケンがコバケンじゃないみたい」
なんて会話を交わす。とにかくすべてが美しく調和して、しすぎていてある種の迫ってくるものがないような印象である。第3楽章と終楽章の間は切れ目なしで続く。そして、
O,Freunde! というバリトンのソロがチョーかっこいいところなのだが??
( ゚Д゚)ポカーンでしたね。どこから連れてきたんだ、このバリトン。声も変だし歌い方も変だし、息も全然伸びないし、何とかのせむし男みたいな異常な姿勢で歌う。まるで素人である。去年のN響のテノールにもあきれ果てたが、なぜ第九のソリストって、こういうのが紛れ込むんだろうか?ところが、合唱は、すごい。レベルが高いのだ。コバケンが、
「合唱は東京音大じゃなきゃヤダ、それ以外だったら振らない!」
とごねて大変だったらしいが、それもわかる気がする。フェルマータなんかやたらに長く伸ばしたりするのに、まあものの見事にそこについていく。ソプラノがGでÜber Sternen muß er wohnen と伸ばすところなんか、俺たちの頃はヘタすれば土砂崩れになっちゃう鬼門だったのに、キレ~イにキープしている。こりゃ間違いなく日本でも最高レベルの「合唱」であろう。でも、語尾がそろわんなあ、と、ついコンクール批評モードになってしまうのが職業病的か。
 終演後、会場を出ると、最前の青空市はきれいさっぱり撤収してしまっていた。ちょっとガッカリ。で、合唱団を拾って車で帰る。語尾が揃わないのは、どうもコバケンが力が入りすぎて指揮棒が静止するはずの場所で揺れちゃうかららしい。それと、フォルテッシモが迫ってこないのは、観客が予想以上に音をすっちゃったのが原因なのではないか、というのが息子の見解であった。家内は
「コバケンもトシを取ったのねえ…」
と感慨深げである。炎のコバケンも、今や熾火のコバケンってことか。でも、そこら辺のヘタレな指揮者と違って、変に奇をてらった解釈なんかを盛り込んだりしない正当派、まさに王道をゆくオーソドックスな演奏を堪能できたのは確かである。バリトンソロが味噌を付けたね。おっと、家内は、ソプラノのソロもどっぴらきでどうしょうもない、といっていたが、第九のソプラノソロなんて、最後の方のHが音が下がらなければいいんじゃないの?

 晩飯は面倒だからケンタッキーを買って帰ろうということになった。だんだん、体調の方もやばくなってきた。目の奥が痛いし、頭痛がする。肩はバリバリに痛い。腰も痛い。肋骨の周辺にイヤな悪寒がある。自分的に発熱の時の特徴的な症状である。早く帰りたい。ところが、新目白通りが想像もしなかったほどの大渋滞なのだ。結局、関越にのるまで1時間半は優にかかってしまった。どんどん体調が悪くなる。早く帰りたい。で、関越降りてすぐのケンタッキーに行ったら、昨日来たクーポンがもう終了して使えなかった、というヘタレな店で、家内と倅が怒って帰ってきて、別の店に行くことに…。うう…。早く帰りたい!でも移動する。20分。次の店では、なんと、揚げたてを提供するのに25分かかります!ううぁぁぁ…。早く帰りたいってば!で、その間、隣接するスーパーで家内は買い物をする、というのでクルマの中で寝ようと思うが、寒くてとても耐えられない。体はどんどんつらくなる。心はベッドへ飛んでゆく。やっと家に帰ってきたときにはもう寒くて胴震いしてる有様だった。ちょこっと食べて早々に寝た。まさにDurch Leiden Freude! の一日だったのう。
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2009/12/19 23:04 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 技術講習会に参加できず! | ホーム | 日曜日は行事 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |