FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

戦争反対

 朝寝坊をしてふと起きると、もう10時。何となくテレビをつけたら、戦時中のアメリカ軍による保戸島空襲についての番組をやっていて、それを最初から最後まで見ていた。小学校の校舎に爆弾を落とし、さらに機銃掃射を加えていったというから、間違いなくわかっててやった犯罪行為だ。幼い我が子の、バラバラになった遺骸をかき集めた母親たちのことなんて、想像もしたくない。同じ人間として、なぜそんなことができるのか理解できないが、全く罪の意識もなくそういうことができるようになってしまう、というのが戦争というものの本当の恐ろしいところかも知れない。空母ランドルフの艦載機の仕業だったらしいが、その責任なんて全然問われることはない。他にもアメリカ軍のやった無法な行為は山のようにあるし、私の父方の一族も3月9日の東京大空襲で一家全滅の憂き目にあっている。

 自分は軍用機のプラモデルばっかり作っているけれども、どうもそういうわけで、アメリカの飛行機は好きになれないね。現代のジャンボなんかでさえ、ボーイング747というネーミングを聞くとなんだか引いてしまう。なかでも「カンサイキ」と大人(年寄り)たちが言うようなヤツは駄目だ。つまりヘルキャットとか、アヴェンジャーとかコルセアとかね。造形的にもみっともない格好をしているし。B29も、小学校の時に一度だけ1/144ぐらいのスケールキットを作ったことがあったが、父親も母親もそれをじっと見つめて、
「これがB29か…」
と言ったきり絶句してしまい、子供心にもアメリカ機はなんだか禍々しいものだ、というのが植え付けられた。

 それにしても、日本人はいくら戦争に負けたからといっても、おとなしいね。西の方のどこかの国なんか、今になってもやれ南京大虐殺だ、従軍慰安婦だ、と大ボラを吹きつつ金をせびってくるし、もっと西の方の国は、すっかり戦争に負けちゃってもまだ終わらせる気なんか全然なくて、爆弾テロみたいな形で執拗な報復攻撃を続けているというのに、こっちはやられっぱなしで、ごめんなさい、すいません、だけだもんね。

 なんだか朝からやるせない気持ちになった。
スポンサーサイト



テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【 2009/12/13 19:10 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 基礎合奏 | ホーム | 定期演奏会 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |