FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

線路際

 さて、夕べから窓の外が騒がしい。
しゃーーーーどかーーーーーーーーーーっ(ピタッと止まる)
というすごい音が2~3分おきぐらいに聞こえるのだ。で、朝になったのでそこんところを撮影してみた。
DSC00129a.jpg
窓からのぞいた風景が、これだからね。たまりません。ひかりの通過待ちをしていたこだまが出発するシーン。上述の物音はひかり号が全速力で通過していく音だったんですね~。なかなかすごい迫力である。
さらに、目をちょっと左の方に向けると、こうなる。
DSC00126a.jpg
世界に冠たる東海道新幹線の岐阜羽島駅、朝の風景である。羽田空港の展望台で旅客機の離着陸を見ているのに似て、ただ見ているだけでもなかなかエキサイティングであるが、昭和30年代の国鉄時代の常磐線を知る身としては、同じような電車が行き来するのはなんだか物足りない。

 それはともかく。
今日は別のお店でモーニングにしよう。茶碗蒸しがおまけについてくるところがいいな。というわけで、ウィークリーマンション兼用?のビジネスホテル?の室内にあった案内パンフに従って出発。クルマでほんの2~3分のところにあるお店に着いた。お揃いの、お店のロゴ入りTシャツを着たお姉さんたちが甲斐甲斐しく働いている。この辺の飲食店では必ず見かける「新聞を大きく開いて読みふけるお父さん」がここにもいらっしゃるが、このお店はちょっと(とっても)タバコ臭い。喫茶店だから当たり前ではあるが、ウチは夫婦してタバコの煙が絶対的にダメなので、辟易してしまう。昨日に習ってモーニングを注文するが、お目当ての茶碗蒸しがついてない。日替わりなんですね~。ちょっとガッカリ。早々に退出したが、なんだか物足りない。モーニングをハシゴしようか、みたいな話しにもなったのだが、結局なしになってしまった。車に積んでおいたスナック菓子とか食べてるうちにお腹も落ち着いちゃったし。
あとは帰るだけ。途中で「天竜峡」というところに立ち寄ってみたが、そのままスルーしてしまった。帰りの中央高速で、山梨県にはいると、富士山がきれいに見える。これまでここは何度も通ったのに、なぜ今まで富士山が見られなかったのだろう?そんなにいつも天気が悪かったかな~、と首をひねりつつ、せっかくだから写真に撮ってみた(家内が)。
DSC00130a.jpg
こんな感じである。
で、今現在は富士山の西側にいるから、いつもなら(自宅であるところの埼玉県なら)夕焼け空にシルエットとして浮かび上がるはずの富士山がこんな感じに見えるんだね~とかなんとか、話しているうちに、中央高速の上り線はどんどん渋滞が始まっている。「何キロ渋滞、通過に何分」なんて案内を見たりしているうちに面倒くさくなって、途中で高速を降りて、雁坂トンネルから秩父を抜けて帰ることにした。真っ暗な山道を何十キロも延々と走って、家に帰り着いたのは21時でした。
スポンサーサイト



テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2009/10/11 23:47 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< ついにインフルエンザが…! | ホーム | 博物館「明治村」 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |