FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

博物館「明治村」

 PAに駐車した車の中で目を覚ました。6時チョイ過ぎ。寒い。トイレに行く。ここのPAは中央道原というらしい。だが、よく見たら、「中央・みちはら」とか「中央・どうげん」とかじゃなくて、「中央道・原」ではないか。原村ペンションビレッジの、あの「原」かぁ。寒いわけだわ、身にしみる、と思いつつトイレに行って歯を磨き、そうこうするうちに明け方の雰囲気がだんだん目覚めた高速道路、という感じになってくる。早く出かけよう!と思うが、連れの方がお化粧が終わらない。軽く腹に入れるものに飲み物など買って、出発したのは7時。今日は、名にしおう名古屋の喫茶店でモーニングサービスというのを体験してから明治村へ、という計画である。
 出発して、すぐ諏訪湖があり、さらにそこからひたすら走る。「小牧東」で降りると明治村は近いはずだが、取りあえず通過してしまう。「小牧」というところで降りて8時半頃。モーニングをやっている喫茶店を探すが、どうも、そこいら中にあるような感じである。何となく走っていくうちに、ちょっと洒落たお店を見つけて入る。注文の仕方がわからないので、
「モーニングってどうやって頼むんですか」
なんてトンマなことをお姉さんに聞いたりして、素人丸出しであるが、ようするに、ただコーヒーを頼めば、それだけでいろいろおまけがついてくる、ということのようだ。見ていると、新聞を広げて読んでるオッチャンがいたり、でかい息子を連れたお母さんがいたり、小さい子供をぞろぞろ連れた一家がいたり、と客層は様々である。なんだか、生活の一部なんだな。これは関東とはまったく違った文化なのだ。そういえば家並みも関東とは違う。まず、屋根が妙に深いのだ。面白いものです。

 10時半、「博物館明治村」に到着。昔から、一度来たいと思っていた、我が人生の中でも重要スポットである。すごい山道に迷い込む感じで進むと、駐車場入口があって、「北口」というところから入場した。すると、この施設最大のお目当て、保存蒸機がちょうど到着したところで、転車台で方向転換をしている。もう切符を買うどころじゃないね。
DSC00097a.jpg
必死で写真撮るが…。
DSC00098a.jpg
あまり見ないアップだろ?
DSC00106a.jpg
美しい客車を従えている。

それにしても見所が多すぎる。蒸気列車を降りて、京都市電の古い単車に乗って行くと、一番外れまで連れて行かれ、そこに、品川に最初に建てられたという灯台があって、そんな(全体から見れば)しょぼい展示物でさえも、我が家のいつもの博物館見学モードのペースでは30分もかかってしまうのだ。これでは何日あっても全体をまわるなんてことはできっこない。涙を呑んでどれもこれも見学省略である。お昼を食べてから、古い教会やらなにやらまわり、帝国ホテルの玄関、というところのソファーで疲れて一眠りして、フランシスコザビエルゆかりの教会に入っていくと、この教会は生きている。なんだか、ここで結婚式も挙げられるらしい。で、いつもの我が家のお寺・教会モードになっちゃって、ようするに伽藍の中で座り込んで何時間でもボーッとしちゃうのである。そうこうするうちに16時をまわっている。ボチボチ帰らなければ。
 またまた蒸気機関車の乗り場へ行き、到着する列車を激写する。
DSC00120a.jpg
やっぱり、生きている蒸気機関車はカッコイイです。
 さて、これが本日の最終列車となり、あたりにはおなじみの「蛍の光」のメロディーが鳴りわたっている。また来よう。

 そこから新幹線の「岐阜羽島」駅のすぐそばにある今日の宿に向かう。7時、到着。クラブトクーで初めての客に限り一人一泊900円、というあり得ない値段での素泊まりである。チェックインだけしてそのまま晩ご飯を食べに行く。パスタdeココというチェーン店で、あんかけスパゲッティを注文する。なかなか食べられない不思議な味である。家内は口に合わなかったらしい。
 宿に入ったら、けっこうイイ部屋だった。キッチンがついていて、料理もできるようになっている。そもそもウィークリーマンションとして作られた施設ということだ。車中泊が響いたか、疲れてすぐ寝てしまった。
スポンサーサイト



テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2009/10/11 00:25 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 線路際 | ホーム | そうだ、名古屋へ行こう! >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |