FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

そうだ、名古屋へ行こう!

 3連休である。しかも、中間テストが近く、休日の部活動は停止である。行こうじゃありませんか、どこか遠くへ。圏央道が中央高速に直結し、山梨がとても近くなった。これまでは奥多摩湖から丹波山村に抜けるか、かつて開かずの国道といわれた国道140号を、奥秩父から雁坂トンネルを抜けて、延々とゆく(それでも早くなったのだが)しかなくて、泊を伴わなければ行けないのが山梨だったのだが…。それも今は昔の物語。今じゃもっと先までけっこう簡単にいけてしまう。
 ということで今回は、最近トレンドとなりつつある、「高速道路のサービスエリアで車中泊」という手をつかい、金曜の夜から出発してできるだけ中央高速を進み、朝になったら一気に名古屋方面へ、というプランをたてた。

 さて、なんと学校はインフルエンザが蔓延して2クラスが学級閉鎖、うちの学年主任も「A型です」という電話とともに休みを取ってしまい、1年生で早退者が続出するに及んで、午後から放課になってしまった。ちょうどいいや、いろいろ連絡しよう、と人間ドックの予約を取り、合唱祭の指導者に挨拶の電話をし、たまたま現れた教材屋に篠笛を11月までにもってこい、と注文し、合唱祭の打ち合わせで市民会館ヘ行って舞台監督と会って話し、その帰りに学年集金44万円也をATMで入金し、なんてことをやってるうちに退勤時間となった。とにかく生徒がいない学校なんていても仕方がないので、早速帰ってきた。

 家には米がないんだそうだ。家内の仕事が終わるのを待って、お米を買いに近所の安売りスーパーに行って、帰ってきて、荷造りをするが、今までの旅とちょっと勝手が違って、何を持って行っていいのかよくわからない。取りあえずいろんな布団だとか毛布だとか、寒くない支度をして、出発したのは夜の8時をまわっていた。高速道路の1000円効果を発揮させるには、「東松山インター」から乗らなければならないらしい。ということで10キロ以上遠回りして、遠くのインターに向かい、高速に入ったのは21時チョイ前。高坂SAで晩ご飯を食べて、いよいよ本格的に走る。家内は圏央道ですでに船をこぐ。中央高速でもずっと寝てる。中央高速はけっこうすごい交通量。呑気に走るヤツややたらにせっかちなヤツや乱暴者が混在する上に長距離トラックがたくさんいて、かなり気の抜けないドライブである。渋滞があるわけでもないのに、高速道路では禁断のブレーキを踏みまくる。小仏トンネルを越え、山梨に入って坂を下っていくと、甲府盆地の夜景が一望に見られるところがある。家内はその時だけ一瞬目を覚まし、
「きれい!」
とか叫び、またすぐ寝る。山梨を抜け長野に入ったあたりでなんだか走るのに飽きてきた。時刻も23時をまわって、そろそろ寝るか、というムード。諏訪の直前でPAがあったので入って24時チョイ過ぎ。すでに先客がずらりとクルマを並べ、静かに就寝、という雰囲気だ。セオリー通りトイレから遠い位置に車を止め、フラットにした後部座席から荷物を助手席へ移し、トイレに行ったら歯を磨いて顔を洗ってるオトウサンがいたりして、まるでオートキャンプ場である。じゃ、寝ましょう。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/10/10 00:05 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 博物館「明治村」 | ホーム | ピンチの波状攻撃 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |