FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

西関東吹奏楽コンクールの役員

 一週間メチャメチャ授業で疲れ果てて、もう倒れる寸前なのに、今日は一日吹奏楽コンクールの役員である。それも「西関東大会」。所沢の「のダメカンタービレ」のロケをしたというでっかい音楽ホールを会場として、埼玉、山梨、新潟、群馬の4県の代表校が集まって熱演を競うのだ。暑苦しいな~。「県大会」であえなく撃沈されてしまったこっちとしては、なんだかやりたくない仕事である。しかも、病休中の代員が役員の日程希望表をだしそびれたせいで、こんな日に役員をやらされる羽目になったのだ。マジ迷惑!
 朝8時集合なので、天気を気にしつつバイクにまたがり、7時に出発。

 7時47分到着。生徒役員のK高校とH高校の部員たちはすでに集合している。H高の女子生徒は全員マスク着用で整列していてなんだか不気味なムード。
 8時、役員打ち合わせ開始。こっちは会場係で、ドアの開け閉めや会場内のマナー違反をチェックして排除する、という一番かったるい仕事。始まる前からウンザリだ。やたら面倒くさい打ち合わせは市役所の係員がやってくれて、みんな配置につく。その時の担当者からの一言。
「皆さんが注意すると、中学生や高校生はたいてい言うことを聞いてくれます。言うことを聞かないのは大人です。中には逆上して暴れる人もいますけれども(本当にいるらしい)、そういうときに腕っ節にまかせてノシてしまうのは、あとで大問題になるのでやめてください。必ず先生に言うように。」
というわけで、俺たちはずっと客席にいなければならない。やれやれ。俺は3階席の担当だ。このホールは2階席で聞かなければ意味がない。ついてないのう。
で、今日はなんとパイプオルガンの席も解放する、ということなので、そこに行ってみる。すると、ドアを開けたとたんに
SBCA0023.jpg
この女神様のおみ足の御許に出た。写真で見ると迫力ないけど、そばによるとすごくでっかいんだよ。
10時、開会。10時10分演奏開始。3階席にはほとんど観客はいない。演奏が無事始まる。その後もずっと定刻にすべて進行していく。途中で高崎市のある中学校の父親がビデオ撮影をしてやがった。こっちは演奏が終わるまで気がつかなかった。その場に居合わせた群馬県の先生が一緒にいてくれて、そこまで言っていいの?というぐらい厳重な注意をしてくれた。
「あなたのお子さんの団体は失格ですよ!」
なんて言っていたが、まあ下手くそだったので、関係なかろうが。あれじゃ、埼玉では地区大会でも入賞できない。しかし、著作権保護の観点からやってることは非常にまずい。相手はわかっていてやっている確信犯だ。まったくイヤな奴、けしからん。

埼玉勢は、地区大会も県大会も聞いてきたが、かなりの団体がそれなりにレベルを上げている。コンピュータミュージックみたいに機械的な演奏をしていたところも、それなりに歌おうとしているところがけなげである。よその県の団体はこのホールの独特の響きに苦戦しているようだ。

13時ちょうど、無事時間通りに午前の部が終了。今日は午前午後で総入れ替えなので、観客を追い出すが、それもこっちの仕事かい。まったくね。で、生徒と一緒に
「早く出てくださ~い」
なんて言いながら客席の忘れ物とかをチェックし、3階から2階、1階と下っていく。非常階段も要チェックなんだと。
 1階に降りてみると、午前中最後の団体が記念撮影をしている。で、それが終わるのを待って奏者や保護者を追い出す。そこですでに13時25分。生徒たちに弁当を食べてね、と指示して、こっちは舞台裏のオーケストララウンジへ。ご飯を食べると、もうとっくに午後の部は開場していて、あと5分で演奏開始だ、大至急持ち場に戻る。マジ人使いが荒いわ~。

 13時50分、予定通り午後の部の演奏開始。午前中と違って、午後は演奏が終了した団体の生徒たちがどんどん客席にたまってくるので、、3階席も混雑し始めた。消防法の関係もあるから、立ち見はさせられない。生徒と一緒になって、空席を探し回り、立っている客を座らせつつ、演奏を聴いたりするが、まあ落ち着かないことである。しかし、録音録画などの反則行為も午後には影をひそめ、無事に進行する。途中の休憩時間は、もう移動する元気もなくなって、その場で座り込んで時間をつぶす。そして、最後の団体まで、立ち見は無しで終わらせられた。

 5時10分、表彰式開始。ところがその直前になって、いきなり最後の演奏団体の生徒が大挙して入ってきた。もはや観客席は満員でどこにも座るところはない。万事休す。通路に座ってもらう。あ~あ。

 さて、表彰だ。この日は35人以下のB部門というクラスであるが、結局、金賞はほとんど埼玉県が独占。なんだか、一人で重そうなウィンドマシンのハンドルをぐるぐる回し続けながらドラをぶっ叩きまくって大奮闘していた女の子がいた群馬の中学校1校だけが埼玉以外の金賞。東日本大会の代表校は埼玉で独占。やな感じである。
 だいたいおかしいのだが、審査員は全員管打楽器の演奏家である。なぜ、かつてのように指揮者が混じらなくなったのだろうか。それに、俺が現役の頃には都大会では朝日新聞の記者も審査員に入っていたのに。これでは音楽そのものの良さみたいなものは審査の対象になりにくい。
 だが、それ以前に埼玉以外の県はレベルが低い。一人一人の技術がよくないのは、まあそれぞれだから仕方がないし、所沢のホールは異様な癖があってそれを知らないと得点に結びつきにくいのもハンデではあるが、だいたい舞台マナーからして落ち着きがない感じがする。指揮者のお辞儀一つとっても、顔を上げて後ろを振り向いた瞬間に演奏が始まるところもあるし、かなりのところが演奏の最後の音の余韻も消えないうちに、バネ仕掛けの人形のように演奏者がバンッとか激しい音を立てて立ち上がる。かと思えば演奏が終わっても生徒を立たせないでお辞儀をしちゃう指揮者もいる。埼玉の団体はそういうのはなく、あくまでも悠揚迫らぬ雰囲気を壊さずに余韻が消えてからスッと立ち上がる。舞台上の椅子の配置一つとっても工夫が足りないところが多い。演奏が始まる前にアチャ~って思っちゃうよ。俺んとこのバンドの方がよっぽど上手、ってのもたくさんあって、なんだか悔しいことである。
 だが、埼玉の学校もえげつない。地の利を生かしてとことんやってる感じ。東京に近いから音楽大学の学生も呼びやすいし、指導者も多い。ホールを借り切って予行演習をした学校もある。そして、徹底的に「演奏」に穴が開かないようにして減点されないようにする。だいたい、35人編成って、本来部員が少ないから存在する部門なのに、そこに50人も60人も部員がいる中学校が3年生を中心にして選りすぐりのメンバーでバンドを組んでくる。作戦といえばそれまでだが、ある意味汚いと思うんだけど、どうなの?しかも音楽なんかそっちのけで、追究するのは正確さのみ。誰が指揮をやっても同じだな。まるで金太郎飴みたいに同質の音色。つまらないことおびただしいが、まあ、これではよその県にはつけいる隙がない、というのが現実なのだ。判官贔屓の日本人の特性として、埼玉以外の県にはこれからもっと頑張ってもらいたいと思う。50人以下のA団体の部では全日本大会の代表に選ばれたのは3校のうち埼玉は1校だけだったので、Bの部でもあながち可能性がないわけでもないであろう。

 さて、表彰も終わり、観客もみんな会場から出て、会場係の生徒にもお疲れさんを言ってやっと仕事も終了。世話役の先生に挨拶して会場を出ると東日本進出を決めた中学校の生徒たちが集まって歓声を上げている。ケッてなもんで帰路につけば17時50分。一応雨は降ってない。助かった~と思いながらバイクを走らせるが、途中からいきなりドッと降ってきた。もう少しで家だからまあいいか、と思いつつ走り続けたのがまずかった。家に着いたときにはもう下着の中までビッチョリでしたとさ。
チェ~だよ、もう、とんだ一日だった。
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2009/09/12 22:31 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 営巣 | ホーム | 新学期開始 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |