FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

飛行機事故とバリサク

 グレムリン、というのはウィキペディアによると20世紀に入ってから現れたのだそうな。それも、もとはといえば当時登場したばかりの飛行機の計器にとりついて狂わせ、飛行機を墜落させるという悪質な妖怪である。映画の「グレムリン」が信号機だのトラクターだの映写機だの次から次へと機械ばっかりイタズラするというのも、そこから由来しているのであろう。機械文明に対する人間の本能的な不信感が産んだ妖怪だな。
 そもそも「航空機事故」というものが、一度起こると連続して何件か発生することが多いことからも、その話が何となく真実ではないか、と伺わせるものがあるのである。今でも、アメリカの航空機部品製造工場では製品を出荷する際に梱包の中に魔除けのお菓子を同梱する、という。

 ところで、吹奏楽部の楽器にとりついて破壊する、というグレムリンみたいな妖怪がいるのだろうか、それとかアドルフサックスのライバルで怨みを残して死んだ人の亡霊とかね。

 おととい、バリトンサックスぶっ壊れました。
それも去年の5月に買ったばかりの新品です!!ネックのところのぐるっと巻いてある、バリサクの例のチャームポイントの所です。ストラップから外れてガターン!とひっくり返してしまったのです。ジョイントのところはつぶれてネックは入りません。管が巻いてあるところはずれてねじれてしまって、複雑なキーはずれちゃって動きません。支柱は外れて空しく宙を向いています。はーー。その部員は、その日公立高の合格発表で進路が決まった3年生です。せっかくだったのにねぇ…こんなショッキングな出来事が待っているとは。

 で、出入りの楽器屋さんの携帯に急遽電話したところ、
「えっ!」
と言ったきり、ショックでしばらく声がありませんでした。というのも、今年度バリトンサックスをこわしたのはウチの中学がこれで3校目だ、というのだ。それも自分の担当地域だけの話で、お店全体ではもう6本目なんですと。
「こんなにバリトンサックスばっかり壊れるなんて。」
と、楽器を愛する楽器屋さんとしては、もうほとんど涙目なのです。さらに、最初にこわしたのはウチの隣の中学校で、ウチでそれまで使っていた古いバリサクをその中学校に貸していたのだが、それを帰してもらわなければならない。そっちでこわしたバリサクは階段から落っことしてしまってガタガタにぶっ壊れ、メーカー戻しになって修理費用が10万だか15万だかになってしまい、半年ぐらい前に壊したのに市の修理予算の認可が下りずいまだに修理が終わってない、という有様。もうどっちの顧問も泣くしかないよ!
 それにしても呪われてるわ、この部活。去年バリサクの他にテナーサックスも買ったのだが、そっちは同じ子が2度も落っことしてぶっ壊した。一回目は不注意で、2回目の時は、雪が降って凍っている階段で滑って転んで。新品のサックスがどうしてそんな目に遭わなければならないのか。絶対何かにとりつかれてるっての!チクショー!グレムリンめ!修理代5万になるか10万になるか、予想できないんだってよ!
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2009/03/08 19:41 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< プラモデル | ホーム | せっかく空き時間なのに >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |