FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

夏祭りで演奏

 夏祭りで吹奏楽部が演奏、というのもなんだか場違いな感もあるが、ウチの部活では年中行事らしい。そんなわけで、コンクール(惨敗)が終わったからといって、休んでいる場合ではない。
 お盆休みにはいる前に選曲して部員に楽譜を渡し、お盆も終わった8月21日から練習に取りかかる。本当は曲どころではなくて、音作りやアンサンブルコンテストへの取り組みに邁進しなければならないのだが、そうもいってられないので、とにかくあわせをやらねばならない。今年の夏休みは私が「20年経験者研修」といういかがわしい研修にあたっていて、特に後半はしょっちゅう出張にでなければならないので、合わせはたったの3回しかできない。1時間の演奏枠を全部埋められないにしても、M8(ミュージックエイト:吹奏楽用お手軽ポップスの楽譜を出してくれる出版社)ですますにしても、7曲も準備しなければならない。
 ま、こっちが出張の間に譜読みをしてもらって、出られるときは合わせをして、というのを繰り返し、どうにか今日の本番の日を迎えることが出来たのだ。

だが…

 もう何日も雨続き。というより記録的な大雨続き、という信じられない天気である。今日こそ晴れるでしょ、という楽天的な見込みを裏切り、雨は降り続く。お祭りの主催者との前日の打ち合わせでは、当日の午前中に結論を出しましょう、ということになり、結局今日になってしまった。お祭りそのものは雨でも何でも決行するんだそうな。なんかすごいテンションだな。

 朝4時半にふと目を覚ますと、すごい大雨。アチャ~今日は無しだな、と思って再び寝る。6時半起床。7時半、出発。小雨。今日はダメかな~。ま、しょうがないから、午前中は基礎練習をやって、午後はアンサンブルかな~。
 8時15分、学校到着。曇り。部長と相談。
「親の会はなにしろバザーをやるそうです。10時半に来るそうです」
で、親の会会長に連絡すると、
「楽器が濡れちゃしょうがありませんからねぇ、私はハナから中止だと思ってました!
なんか、拍子抜けするな。もう、やめちゃおっかな。学校のパソコンで天気予報を見てみると、YAHOOではちょうど演奏の時に大雨になる可能性がありそうだ。でも、雨雲の動きの予報を見ると雨が降らないことになっている。どうするかな~、中止かな~。
 でも、練習は続く。11時、曇り。少し日が照ってきた。家に携帯を置き忘れたので、かつ、ここでウジウジしてても仕方がないので、お祭りの責任者と話をしつつ会場の下見でもするか、と出発。
 演奏時間が17時からということになっているのだが、それを早めたらどうなるか、という話をしたりして、結局、14時に結論を出すことにした。自分的には予定通りやる、とこの時点で決意!
 12時、曇り、日照あり。昼休みになる。生徒には、予定通り進める、と指示。楽器屋さんが来てくれた。今日、野天で演奏をやる、と言ったら、
「ティンパニとかが雨に濡れちゃったら取り返しがつかないから、出来ればやめてください~。きのうだって、昼間は晴れてたのに、夕方急に大雨だったじゃないですか~!」
   …ウグググ…
 13時、曇り。G.P.開始。本番前最後の練習だ。ところが練習している最中の13時半、突然雨。しかもかなり降ってきた。生徒にも動揺が。だが、YAHOOの雨雲の動き予報に賭けることにしたこの俺様は微動だにしないのである。今の時間に降ってくるのは予定通りだ。
 14時、雨が止んだ。予定通りだ。練習を終えて職員室に戻ると、もう一人の顧問が
「駅前(学校から歩いて15分)にいるんだけど、雨降ってますよねぇ、今日は演奏、どうなりますか。」
なんて電話を入れてきた。こっちは雨止んだ、というと、先方はビックリしていた。もう、何が何だかわからん。
 15時、曇り。天気は持つであろう、と覚悟を固めた。楽器運搬のトラックが到着。電気屋さんの軽トラックと、普段は土砂を運んでいるみたいな土建屋さんの2トン車。いつもの4トンロング車とは大違い。そのトラックに楽器と荷物見張りの部員を乗せて、何往復もしてもらう。
 16時半、曇り。セッティング開始。ビックリなことに、観客が鈴なりである。期待されてるのかな~こりゃプレッシャーだわ。今日の司会の生徒2人が、お祭りの司会者から指導を受けている。有り難いことだ。
 17時、曇り。天佑我にあり!
演奏開始。あちこち打ち合わせ通り行かないところもあったけど、演奏そのものは無事進行。最後の曲が終わってアンコールになり、振り始めようとした瞬間、生徒が、
「雨!」とささやく。ヤベ~!思わずテンポも速く速く、とせかすような感じになる。サザンの「波乗りジョニー」だ。だが、きのうのようにいきなり大粒の雨がバラバラ!というのはなくて、曲が終わったときにはまだ降っているとは言えない程度。
 17時45分、小雨。撤収をしなければならない。最前のトラックが来てくれたので、大至急積み込み開始。「一番濡れちゃ困る楽器だ!コントラバス、ティンパニ、大太鼓をまず積め~!」
とか大わらわで作業を進める。そのうち、気づくと校長先生まで積むのを手伝ってくれている。それなのに、相変わらずどうしていいかわからずにボーッとしているヤツがいるのは困ったことだ。今の子供の限界かねぇ。だが、こんなことでは吹奏楽部は成立しない。また一つ課題が発見された、ということだ。ピストン輸送で戻ってくるトラックを待つ間、少しずつ雨は本降りに近くなってくる。だが、濡れちゃ困るものはもう運んじゃったモンね。
私は勝負に勝ったのだ、ワハハハ
 18時半学校に到着、解散。もう雨はほぼ本降りである。お祭りの主催者からお茶と焼きそばが人数分差し入れられていたのでそれを渡す。素直に喜んでるあたり、やっぱりいい子達である。今時珍しくスレたところがないからなぁ。それにしてもすごい。楽器の運搬~設営から撤収までの間だけ雨が降らないなんて!まったくついているな、わが吹奏楽部は。
 19時、雨は小康状態。帰宅。疲れてリビングのソファーで寝てしまいました。夏休みにこんなにやることがいっぱいあって、もうヘロヘロなのに、あさってからは新学期。いったいどうなってしまうのでしょうか。こうご期待、である。
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2008/08/30 23:56 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 一万分の一の偶然 | ホーム | 日直 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |