FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

コンクール役員

 昨日に続いて、今日もまたコンクール会場へ。今日はコンクール役員なのである。しかも「総務」。吹奏楽連盟の役員の主だったのやワケのわかってるのはみんな、同日開催のA部門の出場で他の会場に出払ってしまっているので、俺みたいなボンクラにまでこんな仕事が振られるのだ。まことに困ったことである。ま、それはともかく。

 まずは7時に学校へ。30日に行われる「夏祭り」の演奏曲の楽譜を用意するために人数分の楽譜を用意する。楽譜係の生徒も2人来ることになっている。いろいろ作業して8時20分、あとをその生徒2人と日直の先生に任せてコンクール会場へ。

 結論から言うと、スゲ~大変でした。
まず、朝から文化会館館長からの説教!我が子の演奏:晴れ舞台を一目見ようと、大挙して押し寄せる保護者が、向かいの農協の駐車場にドンドン自動車を止めちゃって、先方がとんでもなく迷惑しているという。きのうも、一日も大変だったからなんとかしろ、係の「大人」を何人か(もともとの貸し出し規則では駐車場係が4人いるはず)農協の駐車場に立たせろ、という無理難題なのである。こっちは前述の通りこの俺が総務をさせられるぐらいの人手不足なんだから、一人だって人なんか割けるわけないのだ。だが、先様のいうこともごもっとも。なんとかします、としかいいようがない。
 そうこうするうちに、いつになったら開場するんだ、という保護者のクレームやら、あれがありませんこれはどうするんですか、といった役員の先生や生徒の「萬困り事相談係」に巻き込まれ、もう一人の総務(そっちが今日の責任者:俺はサブ)とてんやわんやの騒ぎである。夢中になって気づかないうちにもう開会式の時間になっているのに1ベルも鳴ってない、という非常事態だ。しかもその時になって、
「pecchuuさん、開会式の時に諸注意、言ってくれよな」
なんて振ってくる。ふざけないでくれよ~~~!!!
で、汗だくのまま急遽ネクタイをして、押っ取り刀で舞台上へ…。

 ワケがわからないうちにコンクールは開始されるが、
「農協の駐車場はどうするんだ!」
と、館長さんが再三再四催促を入れてくる。先様との信義がかかってるから向こうも必死だ。しかしこっちだってもはや手も足も出ないのだ。で、会館で契約している警備会社にお願いして警備員に来てもらうことにしたのだが、それが手配できるまでだけでも、ということで急遽こっちの駐車場係(細っこい女の先生が一人だけ)に頼んで、立っててもらうことにした。だが気温35度の炎天下である。どうなるのであろう。そして彼女がやっていた打楽器搬出入トラックの交通整理を俺がやることになる。ものすごい湿気と気温とごった返す女子中学生の間を怒号が飛び交い、高価で(ヘタをすれば7桁もあり得る)デリケートな楽器が出入りする。まさに「そこは戦場、修羅のちまた」である(わかる人いないね)。

 やっと昼食になったが、これほどの関係者の苦労にもかかわらずタイムテーブルが10分もおしているという。農協に立った先生も熱中症で倒れそうになった、といって戻ってきてグロッキーになっている。開始時間がずれたのが痛かった。
 昼休みは短縮し、午後は時間通り開始する。
「petchuuさん、舞台袖にいてくれない?アナウンスのタイミング早めてほしいんだけど。」
もはや便利屋さん。へいへい、どこへでも行きますよ。
で、午後の前半はステージマネージャー。10団体ぐらい進んだところで、
「petchuuさん、3分ぐらいおしてるよ!」
ななな何でだ~~!一生懸命やってるのに!かなりショックである。だがこっちの苦労をよそに、出番の先生や生徒たちの動作はイライラするほどゆっくりだ。(もっとも、彼らの脳味噌は別の意味で緊張しきっているわけだからね。お互い様なのである。)
 さらに後半は審査結果の採点集計係。PCの数字を読んだり確認したり。総務の生徒はウチの中学校から出したのだが、使いっ走りに忙殺されてほとんどどこにいるのかもわからない状態だ。

閉会式はおきまりの、金賞を取った学校の生徒の歓声とうれし涙にかきくれる姿を横目で見つつ(来年は見てやがれ)事務的に進め、撤収に走り回り、いろいろ終わったときには6時半を回っていましたとさ。今にも夕立の来そうなヤバイ天気の中、遠雷の音におびえつつ、愛車のデュオで帰ってきました。
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2008/08/06 21:47 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 仙台へ | ホーム | コンクールを「観戦」 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |