FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

コンクールを「観戦」

 先日行われた吹奏楽コンクールの地区大会では、密かな自分的予想を裏切り、本校の吹奏楽部はあえなく賞無しという屈辱的な結果に陥った。
 その心の傷が未だに絶えない今日、同じコンクールの二日目を一日鑑賞することにした。何しろ4年間も吹奏楽の指導から離れ、全くの浦島太郎状態だっのだ。今年度のウチの部活の完成度は、5年前には楽勝で県大会に行けるレベルだ、という自信があっただけに、この結果は納得できない。だが、現実にはいろいろあって会場で他の中学校の演奏を一つも聴いていないのだ。これでは勝負にならない。確認せねば!

 ま、ここで詳しくは言及しないが、一日中客席に座って定点観測をした結果、要するに十分納得の状況が浮かび上がってしまったのだ。

 それよりも今日はとんでもないハプニングが!

なんと、この間ホール練習したときと同じ、落雷による停電騒ぎがあったのだ、それもある団体が演奏を開始して、最初のバスドラムの音が響いた瞬間に!会場は舞台の照明はもちろん、審査員が採点と講評を書くために客電も明るくしてある状態だったのだが、一瞬演出かと思ったほどの絶妙のタイミングで場内は真っ暗に!そして、前回書いたのと同じフラッシュライトが非常口の緑色のライトの脇で激しく点滅を繰り返し、ほぼ満員の場内が女子中学生のざわめきで満たされる中、なんと演奏は続いたのだ!すごい精神力である。先生も生徒も。
 結局、コンクール実行委員長が舞台に乱入して演奏を中止させ(その瞬間に照明は復活、場内からは舞台上の学校をたたえる拍手が鳴りわたった)、数分後に演奏は最初からやり直しとなったが、あれが万一ウチの学校だったらどうなったであろうか。また、ウチの部員が鑑賞していたら静粛を維持できたであろうか、と考えると心許ない。

 何しろ来年に向けてウチの部活にとってたくさんの課題が明確になった一日であった。これからがんばるぞ~~!!
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2008/08/05 22:25 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< コンクール役員 | ホーム | 困ったことに… >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |