FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

やっぱりハプニング続出!ホール練習

 やってきました、ホール練習。コンクール本番の会場を借り切って1日練習しちゃう、という傍目には掟破りの裏技である(でも有力な学校は必ずやっている)。この学校に赴任してまだ4ヶ月だが、すでに押さえてあったのだ、近所の市民会館の大ホールが。「親の会」が去年のうちにとっちゃったらしい。しかも21時まで!過激じゃのう。おまけに、何という偶然か、今年に限って、コンクールの本番そのものが件の大ホールでやる、というのだから、できすぎた話ではないか!
 しかし、このワタシがやろうってんだから、タダですむはずがない、何事もなければいいのだが…。(実際、以前にやったホール練習では、前日に雨でバイクを学校の駐輪場に起きっぱなしにして帰ったら近所の不良どもにいじられて鍵を壊されてしまって動けなくなり、練習開始時間が遅れた上に、修理代で3万以上の損害を被ったことがある。ま、それはともかく)

 さすがに夜の9時まで練習する気はないので、終了予定時刻を4時30分として、楽器運搬トラックの手配をする。

 さて、当日の朝、7時50分に部員の集合をかけ、校舎の鍵を開けてはいると同時にさっそく電話が鳴って、
「発熱で休みます…」
という力ない声が。ホルンの2年生だ。幸先悪いのう。

トラックの運転手はお初にお目にかかる方。いつもの運送会社に4トンロング車のリアゲート付き、と指定したところ、該当の車両の都合がつかなくて、系列の業者に回してもらったとのことである。親切にいろいろやってくれてスムーズに積み込み終了。ホールでの積み降ろしやセッティングなんかも無事終了し、音出しをして練習開始するが、チューニング開始が10時15分、基礎合奏開始が10時45分。思った以上に手間がかかる。で、午前の曲練開始はほぼ11時過ぎである。もっと濃い練習は出来んもんかいな~…とも思うが、日々のルーティンをないがしろにしていいことなんかあるわけないので、ここは我慢である。

12時15分、昼食休憩。生徒たちはロビーとかでお弁当であるが、指導者や保護者は会館内の軽食レストランへ。「親の会」には1日中自由に見ててけっこうです、と言っておいたのだが、本当に1日中見てる人もけっこういるのでビックリである。なんという熱心な。自分の倅の時にはこんなに粘ってみてなんかいなかったのに…。

さて、午後の練習であるが…。大ホールの舞台の上で気がつくわけないのだが、外は強烈な雷雨だったらしい。何と、突然の停電に見舞われたのだ。ビックリしたなぁ。煌々と照るスポットライトや舞台照明が一気に消え、常夜灯みたいな明かりと非常口の緑のランプ、それに、その緑のランプの傍らについたフラッシュライトが狂気のように点滅する、という異様な光景に生徒共々ビックリ仰天だ。ライトが消えた瞬間にドロドロドロ…と雷鳴が聞こえるというのも異常事態だと思わないか?会館の担当者が復旧のために走り回っているのだが、どうやら、会館そのものに落雷したらしい。こりゃスゴイ体験だ。
 で、やっと復旧し、練習を再開したのだが、ほどなく再度の落雷と停電!最初の停電の時には
「なに?!なに!???ヤダ~~~!!」
とか騒いでいた生徒たちも2回目には
「あああぁぁぁぁ…
と声をそろえるあたり、環境への順応性が高いのう、さすが若い者は違う。ま、こっちは練習だからいいけど、同時進行の小ホールではなんかのコンサートが本番中だったらしい。カワイソウニ…。あとで事務室に寄ると年配の担当者が出てきて、
「ワタシ、12年やってて(落雷なんて)初めてです!」
とおっしゃる。こっちは初めての利用なのにでっくわしたんだから、ラッキーなんじゃなかろうか(何が?)。

 さて、いろいろあったホール練習もいよいよ終わり、撤収の時には雨もあがっている。また積み込んで学校に戻るが、なんと戻っている最中にまたもや雨が降ってきて、生徒たちはずぶ濡れである。なんかやっぱりついてないかも。
 しかも最後のハプニング、学校でトラックから楽器を降ろし、片付けている最中に、大物を部屋に入れようとして入り口のドアを外した生徒が、そのドアをひっくり返してしまいガラスを割ってしまったのだ。アチャ~~~!幸い生徒にケガはなく、割れたガラスを片付けている間に楽器の片付けも終わり、トラックも帰ってしまい、集合して解散、という運びになったのだが、なんとまたしてもその瞬間あたりは土砂降りである。これでは帰すわけに行かない。最後まで残ってくれていた「親の会」の会長さんが連絡網を回してくれて、保護者が自動車を出してくれた。こんなところが、実にうまく機能していてうれしいことである。感謝感激だ。

 とかなんとか言っているうちに生徒は全員帰宅の途に向かい、ある意味練習どころではなかったドタバタのホール練習は終了したのだった。一夜明けた今日は、生徒たちも元気いっぱい。こっちは疲労困憊。きのうガラスを割った生徒が校長先生のところに謝りに行きましたとさ。
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2008/07/28 22:41 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 見えない影におびえる、の巻 | ホーム | 死の秘宝 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |