FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

mixi、、、意味わかりませ~ん

 2週間ほど前、いきなりこのブログのコメント(だったかe-mailだったか)に「mixiみてください」というのが来た。mixiは、昔からの友人に招待されて入会し、そこそこ楽しんではいたのだが、その後ちょっとした癇に障ることがあって、去年の10月からずっと放置状態になっていた。それなのに、なんじゃい今頃??と思いつつ、久々にパスワードを入れて自分のページにログインしてみると、なんだかコメント欄に
「人間としての品性を疑うようなアナタが学校の教師をしているなんて許せません」
とか、
「警察庁に通報しました」
とか、心臓に悪いコメントがいくつか来ていてびっくり仰天。何のことか想像もつかなかったのだが、その後、
「動物虐待の可能性ありです」
というトンチンカンなコメントが来て、やっと何となく心当たるものがあった。
 もちろん、コイツら有象無象が騒いでいることなんか全然歯牙にもかける必要はないのだが、mixiは即刻退会した。やっぱり、ネット上に曝してあるものは放置するとろくなことがない、という判断で。

 たぶん、mixiの「犬が嫌い」とかいうコミュに、「斜め向かいの家の犬を人知れず殺してやりたいと妄想している」なんて類のことを相当以前に書き散らしたのが、一部の病的に動物好きなヒッキーみたいなのの逆鱗に触れたのであろう、と想像した。だが、このブログにも以前に書いたとおり
この話には前後があるのだ。だいたい、
「この犬の吠えたのを一度も聞いたことがありません」なんていう飼い主も珍しくない、ばかでかいグレートピレニーズが、24時間連続で、それも2頭で吠えまくる、なんて状況、通常の人に想像できますか?ってんだよ。そんなのが近所にいて一晩中眠れない状況が何ヶ月も続いて、
「この犬ども、いつか殺してやる…」とちょっとでも脳裏をよぎらない人間がいたら、そっちの方が異常だっつーの。しかもこっちはいっかいの気の弱い小市民、実際に手を下すなんてことあるわけないじゃありませんか。

 しかし、そんな当事者でなければ理解しようもない状況を、ネット上の舌足らずな文章ですべてわかれと言っても、所詮は無理な話。実際に書き込みを行っていたときにも、あ~すればいいじゃないか、こうすればいいじゃないか、とそれなりにマジメなレスがあったけれど、どれもこれもそんなのとっくの昔にやってます、というようなありきたりのものばかり。実際の相手は犬じゃなくて異常人格の人間なんだから、隣人はもとより警察だって行政だって手の施しようがないのだ。そういう閉塞状況、わからない奴には絶対にわかるはずがない。ましてや、揚げ足取りを趣味にしているネット住民はそういう想像力を意図的にシャットアウトさせているのだからお話になるわけがない。

 つまりネットにそんなことを書き殴って放置したこっちが悪いということだ。しかも、
「ウソも百編言えば本当になる」
という危険な世界だ。実生活の中ではやましいことは何もしていないし、そういう意味では怖いものは何もないが、仮想現実の世界の恐ろしさをかいま見たような気がした今回の一件であった。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2008/07/21 22:58 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |
<< 変なホルンと変な先輩 | ホーム | 柿生長中 >>

コメント

---  ---

本当ですね
軽い気持ちで書くと怖いですね
Mixiで虐待ほのめかすコメントした人は名前・住所・職場がばれて 探偵ファイルにも載り解雇になりましたね
  *  URL[編集] 【 2008/08/05 23:29 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |