FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

ついに新天地へ!

 今朝はいつもより早く出発。これまでよりも勤務地が遠くなったのだ。8時半までに来るようにいわれていたのだが7時50分に到着。ヒマだ。8時、校舎内にはいる。ヒマだ。転入職員は会議室に行けと書いてあるが誰も出てこない。こっちは別の市に転出してしまったので知り合いは誰もいない。ヒマだ。ほかの転入職員と話をするがそう盛り上がるわけでもない。ヒマ。そのうち8時半になるが、いっこうに何も始まらない。お茶が出る。今日の予定はどうなっているのか説明もない。ヒマだ。「どうなってるかわからないんですよね~」と顔見知り同士で話をしているのも情けない。普通なら校長が出てきて挨拶とかあるでしょ。ところが校長も転入した人なので、教頭と話し込んでるんですと。珍しい学校だ。しかしヒマ。9時から会議らしい。は?これだけ待たされて、9時まで待つの?何で8時半にこさせたのよ!全っ然意味わからない学校だ。ヒマヒマヒマ!!!!!
 
 やっと会議が始まる。と思ったら、これは顔見せだけだったらしい。転入職員と今までいた人がそれぞれ自己紹介をして(そんなん1回で覚えられるかい!)、9時半。で、これから旧メンバーでの企画会をやるから11時に職員会議を始めます、だって。薄~~い時間が流れていく。これだけヒマしてるのにさらに1時間半以上も待つの?

 さすがに気の利いた人がいて、「待ってる間に転入職員に校舎の案内をしましょう」ということになった。で、校舎を回るが、これがまた驚くべき迷路なのだ。増築に増築を重ね、敷地に大きな高低差があるもんだから本館の1階から別館の2階につながっていたり、あるはずの2階から1階に通じる階段がなかったり、階段はあるのだが上った先は壁しかなかったり、謎のガラス張りのタワーがあったり、と意味不明である。しかも、「用務員さんがいるときは開いてるんですけどね~~」といいながらそこら中に鍵がかかっていて、行ったり戻ったり、である。もうほとんどドラゴンクエストかファイナルファンタジーのダンジョンを歩いているようだ。しかも案内してくれた先生が妙に話し好きな人なもんだから遅々として進まない。

 たっぷり1時間かかって職員室に戻ってくると、「ちょっとちょっとpetchuunenさん…」と意味ありげに手招きをする先生がいる。何かと思えば、「先生、吹奏楽部持ってくれるんだよねぇ。」はぁ??聞けば、この学校の吹奏楽部は2度にわたり全国大会にも進出した強豪だったのだが(それは聞いて知っていたが)、その当時の伝統がものすご~~~く悪い意味で残っているらしく、昨年度の顧問の先生(体育と国語の先生が全然わからないのにやむを得ず持っていたらしい)が外部指導者との関係とか、保護者の突き上げとか、卒業生の暴走とか、前年度の顧問の茶々とか、とにかくあらゆる艱難辛苦をなめ尽くすような1年を送っていらした、ということらしいのだ。やなところに転勤しちまったなぁ、とも思うがそれもまた一興、「とにかく思ったようにやりますので、いろいろ教えてくださいね」などと話しているうちに11時になる。会議が始まるが、校長の施政方針演説と学年配当と部活動の顧問決めの予告だけでたったの20分で終了。あまりの短さにあきれてほかの転入職員と顔を見合わせて笑ってしまった。それから音楽室に荷物を運び込もう、とそのダンジョンの風穴を探し出して自動車を寄せて作業開始。すごい量だ。しかも、出すときはエレベーターで4階から下ろしたが、今度は3階建てなのでエレベーターなどなく、手であげる。生徒はいないし、校舎の外れだから誰もいない。チキショー一人でやるか…。すごい時間かかったし、めちゃめちゃ疲れて心臓が苦しい。もしかして歳か?膝も痛いし、手も痛い。真剣にまいったが、どうにか荷物を運び込んで1時。実はまだ家に荷物がある。取りに行かなければ!というわけで家にとって返す。

 途中でガソリンを入れるがハイオク1リットル138円だった。さすが暫定税率期限切れの威力は大きい。だが時間がやばくなってきた。2時半から市内の委員会の施設に行って「着任式」に出席しなければいけない。焦って家にたどり着き、ぐたぐたしてる娘の尻をひっぱたいて玄関先に山になっている荷物を車に積んで出発。やばい!本当に時間がやばいじゃないか!しかし腹が減った。昼食ってない。コンビニに寄って、おにぎりとメロンパンを買って走りながら流し込む。2時25分、委員会到着。なんだか静かだ。まだ時間があるはずなのに。しかもなんだか建物全体が物々しい雰囲気である。ちょっとまずい雰囲気を感じつつ「受付」と書いているところに行くと、名簿はあるのに、チェック用のペンが片付けられてしまっている。げげ~~~~~っっっ!!!!やっべーーー!!!
 焦って会場に行ってみると、もう全員着席して居住まいを正している。こっちは鼻歌交じりに上着を抱えて入っていったのを、焦って着込み、手近に空いている席を見つけたので座ろうとすると、「いや!ここは席が決まっているから!」と厳しいお声がかかる。ぇぇぇそんなぁぁ。よく見るといすの背もたれに番号を書いた付箋紙が。やべ~~~受付名簿の番号なんて見てきてないよ~~。結局、大勢の人間が見守る中、ドアから一番遠い部屋の反対側までサカサカ歩いていって、やっと空いている座席を見つけて座る。それと同時に、
「開式の言葉っ!」と司会の声がかかり、「~~市転入職員新任職員着任式並びに歓迎会」と称する会が始まった。つまり俺の到着を待ってたんじゃね~か~!!なんっちゅう恥さらしだ!

 でまず、一同起立で、開式の言葉を聞く。まるでこれから「君が代斉唱」でもあるんじゃないかと思われるほど厳粛な雰囲気である。そうしたら、司会が、
「君が代斉唱っ!」はぁーーー???で、いかにも「私は小学校の音楽専科です!」って感じのおばちゃん先生が指揮棒を片手に現れて君が代を歌う。なんじゃいなこの会?
 そうこうするうち出席者の紹介が始まるが、なんと、この市内の小学校中学校の校長先生が全員!34人も集まっている。さっき座ろうとしたのはその校長先生たちの場所だったのだ。さらに、新任職員が十何人か、転入職員や新しい校長教頭含めて50人以上が出席している。そして、教育長の歓迎の言葉が始まった。前の市ではそんなのなくて、私は最後まで教育長の顔も名前も知らないまんまで13年間きたのだから、これは親切である。あまりの厳粛さに笑いそうになってしまうが、そんな馬鹿はどうも自分だけのようだ。次に転入と新任の代表者が一人ずつ挨拶をするが、すごい緊張感。特に新任の代表者(女子)は歩いて前に出てくるのに右手と右足が一緒に出てるんじゃないか、と思わず注目してみていると、確かに最後の数歩は右手と右足が一緒だったぜ!(ワハハハ)しかも超まじめな文が奉書紙に書いているのを読み上げるのだが、もしかしてこのヒト、感極まって泣きそうになってる?顔が赤い。なんかもう笑いの虫がついちゃったみたいで、もしかして一人で雰囲気壊してるか?と思いつつも超やばい「歓迎会」が終わり、本当にほっとして赴任校に戻って、またもや荷物の積み卸し。何たって、今日中に荷物をどうにかしちゃわないと、明日は娘のコンクールがあって、人をいっぱい乗せる必要があるのだ。

 で、荷物を1階から3階の音楽室に運び込むが、いったい何なんだ前任の音楽教師は?自分には無理、といいながら吹奏楽部を持たないですましたわけだからロクでもない奴には違いないとは思っていたが、しかも、昨日電話で話した感じもなんだかよくなかったのでイヤな予感がしていたのだが、音楽室、全然掃除してないじゃないか!!っていうか、もはやこれは「廃墟」というべきである。どこをさわっても手は埃になるし、ありとあらゆるものを買ったあとの梱包のあとがぶちまけてある。黄ばんだというより黒ずんだ何十年前のかもわからないような破れた掲示物やもう終わった定期演奏会のポスターがそこら中に貼ってあり、使ってるんだかどうだかわからない打楽器のスティックが山のように積んであるかと思うと、オーディオ装置は音が出ない。教材もなにも散乱していて何がどこにあるかもわからない。
ふざけるんじゃね~!俺は昨日まで一週間、ほとんど掃除ばっかりして、次の人に気持ちよく引き継げるようにしてやってたんだぞ!てめ~それでも仕事人かいこのクソババア!!
とわめいたところでどうにもならない。第一誰かが聞いていたらみっともない。

 というわけで仕方がないので校歌のピアノ伴奏をいじってみる。中田喜直が作った、とHPで見ていたのでイヤな予感がしていたのだが、やっぱりどうしようもない楽譜である。しかも混声3部合唱。中田喜直、ってのも、たまにはいい曲も書くんだけどねぇ、という程度の3流作曲家なのに、た~だ名前が売れてるからって、後生大事にありがたがりやがって、と今日の後半は愚痴ばっかりだな。とにかく!音楽準備室の中身は捨てまくってやる!と決意も固く、久々に闘争心に火がついて帰ってきた。クソババアめ、これで生徒の合唱が下手だったら俺はマジギレするぜ!あんまりいい予感はしないけどな!!!
スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

【 2008/04/01 23:22 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 里帰り | ホーム | カロリー摂取過多 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |