FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

Italiaへ行っちゃう(その4)

 朝目覚めるともう8時、普通なら
「ゲゲっヤバい!」
となる時間だが、昨夜の騒ぎの後で寝坊する。ちなみに、なんだか俺は「時差」というものに鈍感らしい。前回(といっても四半世紀も前のことだが)イタリアに旅行した時も、行き帰りの前後に時差ボケ的なことで悩んだことはなかった。
 さて、我が娘は当然目覚めてなどいない。猫が静かにわが気配を気にしているのみである。グダグダしながら起きてブランチというか、なんか食いたい、と思ったら、昨夜のパーティーの食べ物の余ったやつがもらってきてあって、(どうもそのパーティーは場所と飲み物だけで後は持ち寄り、というシステムだったらしい)それをつまみ食いするがどれもまあ、甘いこと!!お菓子ばっかりじゃないか!
 そうこうするうちに娘も起きて、昼飯はピザということにになり、1ブロック先の角にあるピザ屋さんに買いに行く。すると、やっぱりそこに居合わせた男性に
「日本人か?俺は日本が好き。日本のアニメがすき。いついつに日本に行ってきた。また行く予定だ」
なんて、話しかけてくる。日本アニメなんて、俺の中では宇宙戦艦ヤマトとかで終わっていて、あとはまあ定番のジブリぐらいしか知らんので、何といっていいか返答に困ってしまうが、まあうれしいことである。
 その後、金曜と土曜に開催されるメルカート(蚤の市)に行って、いろいろ冷やかしたりして楽しんだ。
IMG_5205i.jpg
楽しむばかりではない。荷物が届かないから、替えの下着とかがない。必要に迫られての買い物もそれなりに。
 その後、ボローニャの街中を散策する。ボローニャというのは実に特異な町である。ポルティコという回廊が、道路の左右に延々と続いているのだ。
IMG_5209i.jpg
外観はこんな感じになるが、中を通ってみるとこんな↓感じになる。
IMG_5207i.jpg
面白いのは、ウィンドウショッピングをしてみると実に多様なものが売られているということである。商品のオリジナリティがとても大切にされている。日本だったら、金太郎あめのように、どこの店に行っても同じものが売っているのに、そうではないところが実にすごいと思う。
IMG_5208i.jpg
これは、昨日道案内をしてくれたHさんによれば、10世紀とかに世界最古の大学ができたのはいいがそこに集まってくる諸国の大学生が、住むところがなくて浮浪者状態になってしまい、どうしようもなくなったので、そいつらのすむところを確保するために街全体でこういう回廊を作り、その上を下宿にしたということらしい。我が娘も、滞在期間の前期には鎌倉時代に建造されたそういうところに住んでいたということだ。

 いっぽう、
IMG_5216i.jpg
こういう感じの教会もあちこちにあって、いい感じである。

帰って、夕方になると、ドバイで置き去りにされた我が荷物も届き、ほっと一安心である。
スポンサーサイト



テーマ:お出かけ日記 - ジャンル:日記

【 2019/03/29 20:21 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< Italiaへ行っちゃう(その5) | ホーム | Italiaへ行っちゃう(その3) >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |