FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

アンサンブル発表会を盛大に開催

 この間、といっても先月のことになってしまったが、アンサンブルコンテスト地区大会で、ウチの連中は2チーム出て、見事に金賞と銅賞を受賞して帰ってきた。すごいやん。去年とおととしは入賞できなかったわけだし。
 ということで、その受賞記念を兼ねて、さらに、部内選考会にチャレンジしたほかのグループのけじめも兼ねて、今日はアンサンブル発表会を賑々しく開催だ!
 今日は第二土曜日でウチの市では昔的な午前中3時間授業、そのあといったん下校して昼飯食って再登校して2時から部活動、という流れなのだが、特別に部員に無理を言って1時半に来てもらい、準備開始。こっちとしては、午前中の空き時間に1年生が制作したプログラムを印刷し、音楽室の散らかった教具教材を片付けて整理しておく。
 で、昼食後、早い子は1時15分ぐらいには到着し始めて、まずは会場となる第一音楽室の床においてあるすべてのものを隣の第2音楽室に移動する。大型テレビは鴨居よりも背が高いし、グランドピアノはキャスターがさび付いてどっちに進むかわからずいろんな部員が押しつぶされそうになるのをどうにかクリアして、そのころには部員の人数も増えて、片づけた後の掃除なんかも始まって、なかなか動きがいいじゃないか。で、次は客席の設営、クリスマス風の飾りつけ(といっても今日はクリスマスにちなむ演目はないけど)、最初に演奏する打楽器5重奏のセッティング、とかやってるうちに2時回ってみんな暇になり始めたところで練習開始。2時35分集合。チューニング。司会の指導。ここで重大な手落ちに気づく。

ステマネ、誰にするか忘れてた。てかこういうの久しぶりすぎて、そこら辺の手順そのものをすっかり忘れてた。部員連中は初めてのことで何がなんだかわかってないし、この会どうなるんだ?全部俺がやるしかないじゃん。こういう会では主顧問がうろうろするのが一番みっともないのに!お客さん(てか保護者の皆様と吹部の3年生が中心)もどんどん入って客席はいっぱい、椅子が足りなくなって急遽被服室と調理室から椅子を追加で運んでこさせるとか、バックヤードはてんてこマイマイ。人はこんなに集まってるのにね。
 は~ヤダヤダ始まる前からこんなんで悪夢だわ~テンション下がるわ~、ってテンション下げてる場合じゃない。とにもかくにも、15:00、ジャストオンタイムで開演だ!すごいじゃん。

プログラム
①狂歌百物語より「鎌鼬(かまいたち)」 打楽器5重奏
②ボンボヤージュ 金管7重奏
③碧き月の神話 フルート3重奏
④喜歌劇「メリーウィドウ」セレクション サキソフォン4重奏 銅賞受賞
⑤あさきゆめみし クラリネット4重奏 金賞受賞
⑥ワルツィングキャット 全員合奏

 演奏どうなってたのか、よくわかりません。裏方であれはどうした、こいつはどこへ行った、てのだけで終わりました。最後の全員合奏も、さんざんセッティングに時間がかかって(そりゃそうだ、50人越えのバンドを椅子並べからやるのに予行無しだもんね。どんだけ恥ずかしいんだ?)、しかもこの曲、最初から最後まで通した(通った)の今日の朝練で初めてだもんね。
 まあ、やっとのことで無事?終わって、お片づけをして、最終下校の4時半の5分前には全員下校できて、本当に良かったです。最後のミーティングの時に、
「どうでした?」
と聞いたら、部員は口々に
「楽しかったです。」
ですって。前向きというべきか能天気というべきか。さっすがに副部長が
「もっと事前の緻密な打ち合わせが必要かと…」
と正しくも耳の痛いことをおっしゃっていました。
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2018/12/08 23:30 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 因幡の白うさぎ | ホーム | 下品な音楽家 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |