仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

まさかの緊急事態

 いざとなると、人は当然そうするでしょう、ということができなくなる場合がある。

 今日午後から家内が弟子の一人と一緒に老人施設での演奏をすることになっていた。昼過ぎ合わせをするために伴奏ピアニストを含め本日の出演者で顔を合わせ、とりあえず練習を始めたのだが、妙に家内の調子が悪い。ここんところ次男坊の結婚についての様々な出来事があってストレス溜まってるし、疲れ気味かいな、それにしてもこりゃひどくないか?本番大丈夫なのか?と流石に不安になるが、まあ大丈夫でしょう、と自動車に荷物も積んで、人も乗り込んで、出発する。
 ところが、現地に到着したらなんと、緊急事態になっている。
(ちょっと!!ここで救急車でしょう!)これはもうダメだ、というわけで急遽演奏はキャンセルし、家内の弟子(声楽)にステージをすべて任せて家に取って返す。帰宅して自動車を降りる段になったらもうとんでもない事態だ。たまたまペットシーツが車に積んであったので、それを敷いてあったのだが、そのシートが血を含んでずっしりと重くなっている。
(まずいよ!ここで救急車でしょう!)
「とにかく体を洗うから。」
といって風呂場に引っ込む家内。こっちは血で汚れた助手席を掃除する。たまたま数日前に猫がリビングのソファに盛大にゲロはいて、その後片付けのために買い足した強力ファブリーズが大いに役に立つ。なんとか自動車を処理して風呂場にいってみると、これはなんと!風呂場中血まみれの凄惨な有様、まるで包丁でメッタ斬りにされた殺人現場もかくやという光景に目を疑う。そこに呆然と座り込む家内は半分放心状態だ。
(どう考えてもここで救急車でしょう!)
「大丈夫か?医者行かないでいいのか。」
「うん」
そしてノロノロと体を洗い、リビングに戻って、
「ちょっと寒い。眠いからちょっと寝るね。」
という家内に私、
「今日は土曜日だから診察4時半で終わっちゃうから、とにかくちょっとしたら医者行くからね!」
というが、家内はそのまま眠りに落ちる。
(だから!!ここで救急車でしょう!)
で、3時、そろそろタイムリミットだ、ということで家内を起こし、着替えさせて出発する。急ごうとするが、急発進・急加速・急減速に
「ちょっとやめて!ツライ!」
というのでゆっくり走らざるを得ず、気が急く。到着して、車を降りたら病院の玄関の前でもう一歩も動けないくなってしまい、急遽中に入って事務員さんに頼み、看護師さんを呼んでもらうと、車椅子を持ってきてくれた。

診断の結果、「急性憩室出血」
緊急入院となりました。お医者さんいわく、
「なんで救急車で来なかったんですか!女性だから大丈夫だったんで、男だったらショック症状を起こして危険な事態になってましたよ!今日は土曜日で明後日まできちんと処置できないかもだから、今日と明日はベッドの上から出てはいけません!万一もう一度やったら輸血する必要があるかもです!」
体から一リットル以上の血が流れ出てしまった。
家に帰って風呂場を掃除し、血まみれの衣服を洗濯し、犬だの猫だのの世話をし、入院に必要ないろいろを持って夜再度病院へ行き、あちこちに連絡をする。その後、ボローニャの娘が電話してきて
「なんで救急車じゃないのよ!!!!」
と怒られる。
こんなことがあるなんて思っても見なかった、というときに人は正しい判断ができなくなるんですよ。無事でよかったです。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2017/03/25 23:58 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 年度末。タイヘン。 | ホーム | 定期演奏会 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |