FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

A=?狂った調律屋

 今日はカミさんの音楽教室の発表会だ。車で10分の某文化会館ホール(キャパ450名)に朝8時50分到着。いつもの調律さんと合流し、いざ準備開始。
 ところが、調律が始まって10分後に凶報が!なんと、会館のピアノがA=445に調律してある、というのだ。そして、(一気に修正するのは無理 だから)今日はA=442にしかならない、という。どうってことないじゃん、って言いたくもなるのだが、いつもA=440のピアノで練習している人にしてみれば、けっこうヤバイ影響があるのだ。いや、あるらしい。

 ふざけんじゃねえよ!そういう調律するのって、いったいどういう了見だかワケがわかりませ~~ん!責任者だれ??!

 実は、この調律をしたのは、私が勤務している学校がある自治体の最大手の楽器屋「K・・楽器店」の調律師だ。この楽器屋、市内の小中学校のピアノの調律を一手に引き受けている一見有力楽器店なのだが、その内実は最っ低最悪のいかがわしさ。
 何しろ、市内の小中学校のピアノ調律は競争入札で決めるのだが(それもとんでもない悪政)、1台8500円で請け負っているんだよ。中間マージンをハネると、調律師に入ってくるのは6000円。それでグランドピアノを1台調律しろってか?普通は15000円以上でしょ!
    真面目な仕事してるわけないだろ!!
 ピアノの調律は技術だけじゃない、気力や体力勝負の激務なのだ。当然、コイツらはよく使う中音域だけいじって後はそのままとか、非力でセンスのない女の調律師(今まで女の調律師でまともなのは見たことがない)を派遣したりとか、いい加減なことばっかりやっているのだ。

 しかも、娘によれば、鍵盤が妙に浅くて重い状態になっていて、弾きにくいことこの上もない、という。それを、いつもの調律さんがいつも以上に時間をかけて何とか調整してくれたのだが、「本当に、「K・・楽器店」のやった後はどうしようもない」と憤慨して帰って行った。


 しっかし、A=445って、どういう演奏家に要求されてやったんだろう。どう考えても理解できない。公的な機関の会場の備品でしょ?しかも、調律を入れずにイベントをする団体だって結構あるし(その中には小中学校の音楽会、なんてのもある)常識的に考えてピアノだって傷むに決まっているじゃないか。狂ってるとしか言いようがない。

 いったい、こういう悪徳業者を追放するにはどうすればいいのか。音楽は感覚の問題だから、影響を数値化して示すことは出来ない。それをいいことにやりたい放題じゃないか!本当に、誰か正義の鉄槌を下してもらいたいものだ。
スポンサーサイト



テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【 2007/07/29 20:31 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 映画(に限らず)の楽しみ方 | ホーム | 教育課程研修会 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |