FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

コンクール課題曲

張り切って課題曲4曲ともやったる、と思ったのもつかの間、よくよく聴いてみれば1と3はないわな。
特に3、「秘儀III」というヤツはプロの作曲家の作品ではあるのだが、ヘテロフォニーという独特の作曲技法を使って作られた音楽で、ちょっとこれまでに聴いたことのないサウンド、コイツをなんとか料理するには生徒の耳も自分の腕前もちょっとついていけないぶっ飛んだ感じの曲だ。
 また、1「天空の旅」というのは、なにやら若い作曲家、というより作曲を趣味とするオタクが意味がわからないまま書き連ねた、としかいいようのない駄作で(なんて言っちゃっていいのかな?)、曲想は通俗的そのもの、且つこなれてない上になにやら混乱している印象、オーケストレーションも貧弱だしさらに「祈りを捧げる少女のように」なんて指示が楽譜に書いてあり(それだけでも作曲というものをまるでわかってない証拠)、スコアの「作曲者の言葉」には無意味な指示が連綿と書き綴られている。特に、「作品の成立の背景・作曲者の思想信条等についてよくわかっていて欲しい」的なこと言われたって、いったいオマエみたいな若造の生い立ちとか何考えているか、なんてことを何で俺たちがいちいち知らなければならないんだ、と突っ込みを入れたくなる噴飯ものの要求だ。全く、どこがよくて選ばれたのかさっぱりわからない陳腐な曲で、こんなのに半年もつきあう気にはとてもなれない。
 というわけで、残りの2と4は行進曲なのだが(またこれらも、整理整頓された曲とは言い難いのだが)、そのどちらかにせざるを得ないであろう。ん、生徒には指示の出し直しで、2曲だけ譜読みすればいいよ~、と言っとかなければ。

ところが、好事魔多し。今朝起きてみたら腰が痛くて起き上がれない。這うようにしてリビングに出てきて、年休の連絡を入れて、今日は一日中寝てました。指示を出すのも一日延期となってしまった。明日は大丈夫だろうか。
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2015/02/04 19:47 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< P26その7 | ホーム | コンクールの課題曲 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |