FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

東北へ:4日目

 秋田・山形旅行最終日。今日はまず初日に行きそびれた加茂水族館へ向かう。ここはクラゲの展示にかけては世界で一番種類が多い、とギネスに認定されている。それもきっかけになったのは、クラゲの水槽の前によく中年男性がたたずんでジ~~っと見ていることが多く、時の館長が
「クラゲ中心にやっていくとウケるんじゃね?」
とアイディアを思いつき、それからというもの、入場者数が増えていって、今では人気の水族館なんだそうな。現に今、新たな建物をすぐそばに建て直して、来年あたりリニューアルすることになっているらしい。そして、それまでは来る人もいなくて閉館寸前だったという。
 確かに、改めてよくよく見るとクラゲというのは神秘的な動物である。毒を持つ種類も多く、大量発生して漁の邪魔をすることも多く、海の嫌われ者でもあるのだが、海に浮かんで泳ぐ姿は独特で、癒し効果がある、とされるのも納得だ。だが、ここでもやかましいガキが大量発生していて、鑑賞の妨げになることおびただしい。だが、よくよく見ると、ちゃんとした親子と、クソガキ一家は明確に一線が引かれているね。きっと将来身分の分化が起こっていく、これは萌芽なのであろう。時代の流れだからしかたがないんだろうな。

 さて、水族館をあとにして暫し海沿いの道を行くと、羽越線に貨物列車がやってきた。いかにも貨物用、という面構えの電気機関車が牽引している。
DSC_0979s_20130823014915e53.jpg
 で、列車の写真を撮って、さて帰路にかかろうか、と思った瞬間、ヤベ~!宿に氷を入れた水筒を忘れてきたことに気付く。中身の氷や飲み物は大して惜しくもないが、水筒2本はきつい。何しろ、やや無理をして大枚はたいた真空二重構造の保温水筒なのだ。取りに行くしかないね、ととって返すが、途中激しく雨が降る。こんなところで降ってないで、群馬の山奥に降れよ!と天に向かっていいたくなるが言ってもしょうがない。

 さて、水筒を取り戻して、再度帰路につく。今度は、農協とか(野菜を物色)いろいろ寄り道しながら、しまいには関越道に乗って20時30分、家に帰ってきた。
スポンサーサイト



テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/08/20 23:46 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< ブラックパール号山積 | ホーム | 東北へ:3日目 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |