FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

東北へ:2日目

 さて、二日目は男鹿半島を堪能しまくろう、というプランである。まずは、きのう行きそびれた水族館であるが、男鹿にもあるというので、その「男鹿水族館GAO」にいった。大きな水槽の中に大きな魚が縦横に泳いでいる光景は圧巻である。暫し呆然と見とれているが、なんだか行儀の悪いガキが多い。キーキー猿みたいにわめき続ける奴とか泣き叫ぶガキとか、そういうのを放ったらかしにしておく鬼畜母とかマジムカつく。最後に、すごくでっかいシロクマが水泳をするド迫力の光景を見て、出てきた。

 で次は、やっぱり男鹿と行ったら「なまはげ」でしょう。ということで、「なまはげ館」へ移動する。すんごい山の中にある。だいたい男鹿半島というところは、山と田んぼしかない、どっちを見渡しても緑一色の素晴らしい自然が残っているところである。今時日本にこんなところがあったのか!と驚かされる。
DSC_0955s.jpg
 なまはげの展示はかなりの迫力があるが、ここでもうるさいガキが多いのはどうしたことか。なんだかこの旅全体を通して、行儀の悪いガキ(サルと何ら変わらない)に悩まされるのだが、お盆の時期だからしかたがないのかね~。親はバカンス気分。子供は羽を伸ばして傍若無人にやりたい放題だし、じーちゃんばーちゃんも昔のように小うるさくなくて、何でもチビどもの言いなりだもんね。そういうガキに一矢報いるための「なまはげ」でもあるまいに!とも言いたくなる。隣の「伝承館」ではなまはげの実演なんかがあって、じつに興味深いものであった。

 途中で、またも「ババヘラアイス」を食べる。きのうは写真を取り損ねたので、今日はちゃんと写メしてから食す。
DSC_0959s.jpg
 だが、(旅をするとどうしてもそうなるのだが)糖質制限はもはや完全に破られてしまった。

 男鹿半島の先端、入道崎へ行ってみる。ところが、天気が悪く、お土産屋さんも次々に店をたたんでいる真っ最中。なんだかわびしいムード満点である。灯台にも上れる、という話だったが、なんだか意気消沈してパス。ソフトクリームを探して、まだ開いているお土産屋さんを物色して、男鹿黒い塩ソフトクリームを食した。思ったよりいける。本当はなまはげソフトクリームにしようと思ったのだが、そっちは今日は仕舞いなんだって。でもかえって良かったかも知れない。
DSC_0961s.jpg

 戻りは海沿いの道をことさら走ることにして進んでいくと、こんな↓
DSC_0963s.jpg
学校の廃墟を見つけました。子供がいない、ということは人口が減ったということでもあるし、過疎化が進んだということでもあるし、何しろさびしいことである。ここは建物がほとんど傷んでなくて、ただ単に草に埋もれているだけのような状態だったが、いずれどこからともなく崩れていくことであろう。

 で次は「その後の八郎潟」を見に行きたくなって、寄り道をした。八郎潟といえば、大規模稲作のパイオニアみたいな鳴り物入りで干拓し、社会の教科書でも大々的に取り上げられたにもかかわらず、その後の減反政策で青田刈りをさせられたり、とにかく時々の政府の方針によってやり方がころころ変わって、いろいろ問題になった場所である。どこまでもまっすぐの碁盤上のような区割りの道を走ったりして見学(見物?)し、それから今晩は能代方面で宿を取りました。
スポンサーサイト



テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/08/18 23:07 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 東北へ:3日目 | ホーム | 東北へ:1日目 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |