FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

本入部

 延べ3回の仮入部を経て、ついに今日は1年生の入部届の提出日である。今までの感触からいって、今年の新入部員は少ないだろうな~、と思っていたのだが、案の定、たったの8人である。2年生が9人しかいないから、今の3年が引退すれば17人。これでは秋からの活動が大変だ。

 それにしても、なんなんだよ、「スポーツ少年団」!昨今は小学校のうちからスポ少に入っていないと中学校になってから部活でレギュラーがとれない、という都市伝説があるらしく、小学生は猫も杓子もこぞってスポ少に入ってバスケットボールだの野球だのやってくるらしいが、まあしょうもないことだ。だいたい、スポーツの人数って決まってるじゃないか、バレーボールなら6人、バスケットは5人、サッカーは11人、野球は9人って。個人競技であるところの卓球とかテニスにしたって、団体戦ともなれば定員は6人、Bチームを組んでも12人だ。あまり多くいたって3年生になっても公式試合には万年補欠、ということだってありうるのに、イイのかなそれでも。スポ少上がりの連中は、誰もが自分が選手にしてもらえる、と思っているのだが、ふたは開けてみなければわからんだろ。本心では球技苦手だわ~と思いつつ、友達づきあいで足抜けができなくて半ば強制的にスポーツをやらされている生徒がいてもちっともおかしくない。去年も女子テニス部に20何人も入っちゃって、しょっちゅう喧嘩だイジメだと混乱していたし。それでも、その選んだ部活の競技が好きならま~だいいんだけどね。
 何よりもムカつくのは、スポ少で上位にいた連中は性格が悪いのだ。自己中で人のことなんか考えず、まわりを蹴落とすことを何とも思っていない。親も勝利至上主義で中学の顧問の指導にイチャモンをつけてくるヤツまでいる始末。まあ勝手にやってくれ、という気もするけどね。
 まあ何にしても、小学生の(親の)考えることって以前よりも多様性がなくなっているように思うのですよ。個性の時代のはずなのにね。
 
 そういうわけで、新入部した1年生に出した第一の「指令」は、
「この部活に入って失敗だったわ~とか、部活の中でイジメとかで辞めたいな~とか思っている友達がいたら、すぐに吹奏楽部に誘ってこい!」
です。
「でも、あまり強引にやると引かれちゃうヨ~。」
なんて生意気をさっそく言うヤツもいたけどね。そいつは至急指導を入れなければなるまい。第一、声をかけないよりはかける方がいいだろが!
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2013/04/23 22:37 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 零式艦上戦闘機30年ぶり | ホーム | デカール終わった… >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |