FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

まさかの出雲大社!第3日目、ついに神域へ!!

 ついに旅も第3日目、いよいよ出雲大社にお参りが出来る日となった。7時ちょい過ぎ起床。家内はお風呂に入っているが、こっちは昨夜も入浴したので省略。7時30分、前夜の予約通り宿の人が朝食を届けに来る。つまり「部屋食」ってこと?絶対侮れないよね、ファッションホテル!

 それはさておき、なんやかんやで出発は8時30分となる。早速ナビに目的地を入力したところ、もう本当に目と鼻の先だ。9時にはこの鳥居をくぐる。
DSC_0615s.jpg

駐車場を降り、ちょっと行くとこういうお社の前に出る。ものすごくでかい注連縄にびっくりだが、ここは本殿ではないらしい。(というのもすごい)
DSC_0616s.jpg
その右サイドに巨大な日の丸と、その掲揚塔がある。すごく巨大。
DSC_0617s.jpg

「お仮殿」でお参りをする。ここの作法は二礼四拍一礼。珍しい。
DSC_0620s.jpg

今年は遷宮の都市に当たり、5月にはそのお祭りがあるらしいが、取り敢えず今はどうなっているのだろうか、お仮殿の裏側にまわってみると、またまた門がある。
DSC_0622s.jpg
その門の横っかわの格子の隙間からスマホを覗かせて撮影を試みるが、碌なアングルにならないし、なんだか罰当たりな気がして適当にしとく。
DSC_0623s.jpg

さらに裏手に回ってみると、いろいろなお社が祀られているが、不思議なことに入口が右側にずれて配置されてるんだよな~。この神社の、特有の建築である(と思う)。
DSC_0629s.jpg

 その後、「宝物殿」というところがあったので入場する。(一人300円:でもせっかく来たんだし。)この神社に奉納された刀身とかいろいろなものが展示されていて、興味は尽きないが、俺らが入場してから(その監視のために?)現れた係員が、「ズズ~~~ッ…ッア~~~」と、ひたすら熱いお茶を啜ってやがってマジうざい!!こういうとき若い人なら「キモッ」とか言うんだろうが、実に神経を逆なでして、せっかくの静謐な雰囲気が台無しである。しかも、あとから来た見学者に説明をしているのも、なにやら言葉がはっきりしなくて何を言ってるかわからない割には、妙に甲高くでかい耳障りな声で、うるさいことこの上ない、なんだコイツ!サッサと出ろってことか?まったくもう、どこにでも変なヤツっているもんだな。

 さて、通常ならここからどこへ行くのか、我々の目的地はひと味違い、「出雲市立第一中学校」なのである。ここは、吹奏楽コンクール全国大会の常連校だ。せっかく神の息吹を感じてこようという旅なのだから、吹奏楽の神様だっていらっしゃることであろう。何しろ校門の前まで行って、中へは恐れ多くて(というより昨今では不審者と間違われて警察呼ばれたりする可能性もあり)入らず、写真だけ撮って退散する。
DSC_0640s.jpg
さらに勢いをかって第二中学校の校門の写真も撮りに行く。なんじゃこのおっさん?って俺のことかい。
DSC_0643s.jpg

 そして次の目的地に向かうが、途中でまたも?素晴らしい学校の廃校舎を見つけて気分も高揚するじゃないか。って一体どこへ向かっているのか。
DSC_0647s.jpg

 到着。「美保神社」。ここは、出雲大社と同時にお参りすると良い、とされる霊場であるが、出雲大社とはうって変わって目の前は小さなイカ釣り船の漁港で、全くの鄙びたムードに包まれている。にもかかわわらず、恵比寿様の総本社だそうで、格式の高い場所なのだ。
DSC_0650s.jpg

 脇道の先はまるで「千と千尋の神隠し」!である。
DSC_0651s.jpg

お参りするために本殿に進む。
DSC_0654s.jpg

 終わって戻るが、見れば見るほど鄙びてる。こんな素晴らしい建築物が、まさに素晴らしい。(日本語になってない。)
DSC_0659s.jpg

 自動車を止めた駐車場のお店に入って焼きイカをいただくが、見て見て!この灰皿!まさに骨董品だが、現役で使っている。本当に昭和20~30年代にタイムスリップの気分である。
DSC_0661s.jpg

 さて、明日の夜には帰り着かないと、その次の日(4月1日)の勤務に間に合わなくなる。すでに時刻は14時30分だ。早く帰ろう。と、その前に昼食はどうするのよ。ま、漁港の町だし、今日も回転寿司でいいんじゃないかい?ということで、境港の工業団地みたいな区割りのところで見つけて遅い昼食をとり、帰路につく。帰りは日本海側を通って海を見ながら帰りたい、ということで衆議一決しているので、今日中に福井あたりまで行ければGOODであろう。
 何しろ海辺の道をずんずん進むが、なんだかさっぱり距離が稼げないのう(そりゃそうだ)。で結局、日はとっぷりと暮れた頃になって業を煮やし、鳥取から鳥取自動車道(つい最近全線開通したばかり:ついてるのう)に乗り、中国自動車道へ進んで東進し、途中から舞鶴若狭自動車道という道に入ってとにかく走る。途中のPAとかに寄っても、お店は閉まっちゃって何か食べるわけにも行かない状況になってきてしまった。アチャ~~。
 結局、舞鶴まで行ってしまい、その周辺で、前日に続いてファッションホテルを発見し、一泊することにした。でも今度のところは値段の割には(9320円)ベッドは硬いし、お風呂は狭いし、お部屋も狭い。なんだかな~とは思ったが、晩飯も朝食も無料サービスだそうな。ま、贅沢は言えまい。とにかく寝ました。明日は帰るぞ!
スポンサーサイト



テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/03/30 23:12 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< ついに最終日。ひたすら走って帰る。 | ホーム | まさかの出雲大社!第2日目 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |