FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

丸刈り 口パク 体罰

AKB48の一人が「恋愛禁止」という掟?を破ったのがばれて、丸坊主にして泣いている、奇怪な映像をみて、薄気味悪いと思った大人は多かろう。全くみっともない。アイドル歌手(のグループ)たるもの、売りにしているアイテムを損ねるようなことをしては話にならない。本人か裏方かは知らんが、それをどうにかしようとしたのであろうが、映像も魂胆も醜悪そのものである。なんといっても、ファン(お客様)の夢を壊してしまったのであれば、これはもう取り返しがつかないのではないのか。やめるしかないんじゃないかね~。第一、あんな坊主頭の女の子なんて、通常見たいものではない。絵として美しくないじゃん。「髪は女の命」というのはいつの世でも真実なのだ。しかも、あんな姿が海外にも配信されてかなりの反響を呼んでいる、ということになれば、これはもはや国辱ものじゃないの。

オバマ大統領の就任式で国歌を歌ったプロ歌手が、コンディションが悪くて口パクしたというのがばれて、本人も開き直っているが、何という不愉快な女であろう。
「誰でもやってることよ」
と涼しい顔で言い放っていたが、それはクラシック畑の世界を歩んできた俺のような爺さんにはあり得ない選択である。だって、歌ってなんぼでしょ?そう頼まれたんだから。コンディションが悪くても天気が悪くてもオケ合わせができなくても立派に歌っちゃうのがプロ歌手だと思うんだよね。それができないなら潔くキャンセルだよな~。かつての北京五輪の開会式で口パクした子供じゃなくて、大人なんだからさ!たとえキャンセルしても、そういう場面では代役なんていくらでもいると思うよ。結局、「音楽」に対する思いの多寡がクラシック歌手とポピュラー歌手を線引きする部分なのかな~、とコイツを軽蔑しながら思った。何しろ、口パク用の「録音」が前もって用意してあるわけだからね。そんなの、俺たちにしてみれば考えることもできないわけで。

柔道の世界では体罰が常識だったのね。あれだけの騒ぎになって、当の監督を更迭しなかった全日本柔道連盟というものには、あきれて開いた口がふさがらない。体罰を容認するわけだな。全くこの世のものとは信じられないです。今時ぶったりけったりしても誰もついてこないよ。先生なんてたいしたモンじゃない、ということをみんな学校時代にいやっちゅうほど「学習」してきちゃうんだからさ。本当に恐い先生というのは、暴力じゃなくて理詰めで正しく迫ってくる人だよ。そういう能力がない人(学習しない人)は指導者なんかやっちゃいけないんだよ。
あ、それともやっぱりぶたないと上達しないのかな?そうか、だからうちの吹奏楽部はヘタなのかな?

だが、そうやって他人のことをとやかく言うのはたやすいのである。じゃあ自分が実際その立場になったときに、それなりの身の振り方ができるかどうか、ということになると、けっこう難しいだろうな~とは思うのである。じゃあどうするかと問われれば、現実の問題として最初っから「君子は危うきに近寄らず」ということであろうが、それはまた「事なかれ主義」につながるのだ。つまらないね。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/02/03 19:17 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 鉢形城にて愛犬走る! | ホーム | モランソルニエに足かけ3年 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |