FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

マスコミって…

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=229031&media_id=4
 これは一番聞きたくない、実にイヤなニュースだ。「あってはならないこと」という、ここのところ使い回されて耳にタコができるほど聞かされているフレーズがまたも飛び出して踊っているのも悲しい。

 そりゃ確かに怪我をした生徒は気の毒、命に別状がなくて本当によかった、矢を放った先生って…、というのは同感である。

 しかし、この手の事件・事故の場合、マスコミの報道のしかたにはいつも疑問が残る。その生徒は何で危険な立入禁止区域に入ったのか。その生徒の責任を問う声が一切ない。
 通常の感覚なら、危険が伴う弓道部の練習の際に、その周辺を「立入禁止」に指定して看板を掲げ、部活中にはそこに行かないように、朝礼なり、入 学ガイダンスなり、SHRでの担任の話なりでその生徒の耳には伝わっていると考えるのが妥当ではないのか。高校生にもなって、言うことを聞かなければどん な目に遭うかわからなかったはずはない。そういう視点が報道にはいつも抜けているのだ(そりゃ、声高には言えないだろうけど)。そして、またもや「学校は 何やってる」という毒が、ニュースを短絡的に見る単純な人々によって世の中にまき散らされて漂う。

 それにしても思うのは、このごろの生徒って、話を聞いてないね。自分の世界を頑迷に守り、いい子の仮面をかぶって話を聞いているフリをし、しか し他人からの言葉を自分の心に届かせようとしない生徒がいっぱいいる。そして、「何遍も言ったじゃないか!」「聞いてませんでした」という会話がしょっ ちゅう、学校のあっちこっちで交わされているのだ。
 怪我をした生徒がそういう子であったかどうかは知らないけど、私の発想はそういう方向へと流れていきました。
スポンサーサイト



テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【 2007/06/11 20:01 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< さらば秋葉原 | ホーム | 破綻した自治体 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |