FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

アインデッカーこれにて終了か?

うっかり忘れていた抵抗張線を張ろうと思ったのだが、、なんとアロンアルファが途中でなくなってしまった。手元に瞬間接着剤の予備がなくて、(2階の部屋まで取りに行くのが面倒臭くて)頓挫した。
IMG_4455i.jpg
なので本日はこれにて終了。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/28 23:24 】

FokkerEindekker  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

タミヤの飛燕、目が大変

コックピット。こんな小さい部分なのに、塗装もまあ細かいこと。
IMG_4456i.jpg

操縦席、できてきた。
IMG_4459i.jpg
機体の組み立てに入ろうか、という今日この頃。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/28 23:17 】

三式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

タミヤの飛燕:クールじゃないか!

以前作ったタミヤのゼロ戦が忘れられなくて、最近出たばかりの飛燕も衝動買いしてしまった。機首に20㎜機関砲を2門装備したタイプであった。あまりよく知らないのだ。
まあ、ストックにしておくのも腹立たしいので、さっさと作ろう。
IMG_4454i.jpg
ということで、いつものようにランナーについたまま着色を始めるが、思いのほかに指定が細かい。操縦桿の部品だけで4色に塗り分けるし、サイドの操作盤のレバーとかの部品に至っては6色に塗り分けなければならない。レバーごとに取っ手に違った色が塗ってあるんだもんね。中学や高校のころにはそういう細かい資料なんか全然なかったし、形があれば満足だったから、レベルの1/72ファイターシリーズ「Kawasaki Tony」というキットでも大満足だった。そもそもそんな飛行機がいたことさえ、そのキットを店頭で見るまでは知らなかったし(なんで日本の飛行機なのにトニーなんだ?というところからわけわからん、という…)。まさに隔世の感があります。

(爺臭いね、言い草が。)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/28 21:56 】

三式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

総合芸術と現代劇

wowwowのライブビューイングっていうのかな?ここんところメトロポリタン歌劇場のオペラを見てたんだけど、2016シーズンのトゥーランドット!まさに素晴らしい!としか言いようのない内容だった。特にリュー!!!!珠玉のアリアが二つ入っているが、二つとも泣いちゃったよ、あまりのすごさで!(年取って涙腺が危険になってるともいえるが。)絶品すぎる。
まあ、一番肝心のカラフは高音域でちょっとヤバかったけど。そのほかのキャストもトゥーランドット姫の歌はものすごかったし(家内曰く:すごい体力!)全体的にすっごくよくまとまっているし、何といってもメトだからバレリーナも合唱団も人数もテクニックも一流だし。
ところが、そのあとの椿姫は、ありゃ~いけませんや。目をつぶってみるだけなら歌手も素晴らしくてよかったんだけど、演出がいけない。現代劇にしちゃったんだよね。椿姫を現代劇にしちゃったら、主人公はどうなるのさ。ただの売春婦じゃありませんか。だから、その時代設定だからこそ表現が可能になるロマンスも何もすべて消え失せて、観客は現代の価値観での男女関係を見てしまう。何の面白みもないばかりか、人によっては不快感を感じる場合だってあるのではないだろうか。
要するに、こういう「総合芸術」においては、現代劇はダメだね。ちょっと前に見に行った宝塚の演目でも、現代劇があったんだけど自分的にはダメだった。舞台の上はやはり夢の世界、とまではいかなくても少なくとも「非日常」。それぞれの現実社会から一時逃避するために、人は劇場に足を運ぶのではないか、と言っては言い過ぎか。さてどうなんだろう。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2018/05/27 22:54 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アインデッカーさらにこだわる

返す刀で、昔(おそらく2003年頃)に作ったエドゥアルドのE.IIIをリメイクすることに。
当時張った金属線を除去し、柱に穴をあける。文章に書けば簡単だが、金属線を外した時点で柱が傷ついたりして面倒なことになってしまう。しかも柱が細くてうまく穴があけられない。
IMG_4443ii.jpg

それでも何とか工作は進む。次回は完成で。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/24 23:15 】

FokkerEindekker  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アインデッカー、こだわってます

そういうわけで、実は静岡の第29回モデラーズクラブ合同作品展への出撃に間に合っていたエアフィックスのE.III。
つまり、一週間も前に完成していたということですね。
IMG_4430i.jpg

ずいぶん濃い色に染めてしまいましたが。
IMG_4431i.jpg
プロペラの縞々は太すぎましたかね~。あんまり気にもしないで描いちゃいました。フリーハンドで。いつも通りのろくでもなさ。

操縦席にはパイロットを乗せたいところです。色塗ってないので無理でしたが。
IMG_4432i.jpg

カウリングの模様は、普通のクレオスの銀色の上からタミヤのフラットアルミで描きましたです。見方によってはうまくいってる感じですが、よく見ると、よく見てはいけません。
IMG_4434i.jpg

張線は0.4㎜の穴に糸を4本通すことができて、無事仕上がりました。
IMG_4435i.jpg

デカールはとっても優秀です。フィルムも薄くて程よいつや消し具合。しかし、マークソフターみたいなのは使わないほうがいいと思います!
IMG_4437i.jpg

この飛行機、やっぱり自分は好きみたいです。
IMG_4438i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/18 21:34 】

FokkerEindekker  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

第29回ホビーショーin静岡その5

静岡ホビーショーの報告の最後は、自分にはちょっと関係ないけど、気になっていろいろ写真撮ったけど、特に気に入ったやつをいくつか。

ハセガワの新しい二式大艇。旧製品を中学生の時に買って途中まで作ったところで母親にぶっ壊されて(こんな子供じみたおもちゃいじってる暇があったら勉強しろ!)捨てられて以来、トラウマになっていて、手を出す気にはなれないのだが…。
IMG_4391i.jpg
ほれぼれします。

ほかのブースにも素晴らしい複葉機がたくさんありました。このアルバトロスも美しい出来です。自分もメイクラフトのやつに早く手を付けたいところです。
IMG_4393i.jpg

海防艦「松島」。日清戦争時に「三景艦」と呼ばれていた、一門だけ大口径砲を積んだちょっと奇形なフネであるが、1/700だとものすごく小さい。なんだか、自分は小さいもののほうが見ていて感動するらしい。
IMG_4415i.jpg

そして、自分的に最もツボだったのは、我がブースの隣の、展示がそっくりそのまま昭和20年の厚木基地302航空隊というやつ。
IMG_4396i.jpg
列線を敷く雷電、指揮所前で出撃前の打ち合わせをする搭乗員、写真には写ってないけど、雷電、零戦、月光をそれぞれ8機、彗星1機を持ち寄って情景そのものを再現したまさに力作の展示だった。
IMG_4402i.jpg
全部1/48です。
IMG_4404i.jpg
クロガネ四起とかタンクローリーとか、いかにもですよね。
IMG_4409i.jpg
向かいのブースがアメリカ人のグループだったけど、ずいぶん興味津々な様子でした。
【 2018/05/16 23:25 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

第29回ホビーショーin静岡その4

で、自分が出展した作品は何と、単葉機ばっかり。複葉機って言ってるのにね。
IMG_4406i.jpg
1/72ではなんだかパッとしないですね。でも、大きな飛行機はなかなか手をつける気になれないのですよ。それで、プファルツE.IV、フォッカーE.II 、フォッカーE.IV、フォッカーD.VIII など、機数ばっかりは二個小隊分ほども持っていきましたけど、目立たなかったです。
IMG_4425i.jpg
金曜の夜までかかって作っていたエアフィックスのフォッカーE.IIIも無事に完成して参戦することができましたよ。

そして、二日目も吹奏楽部の演奏付き。本当に、このイベント、地域としても重要なのでしょう。
IMG_4420i.jpg

中央入り口前にはなんと、自衛隊からこんなすごい車両の本物が展示されているし。(前回来た時には10式戦車も出てたからね!)
IMG_4421i.jpg
本当に、こういうの、わくわくするじゃありませんか。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/13 22:34 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

第29回ホビーショーin静岡その3

これも1/32のローランド。ローゼンジ迷彩は手書きにしてもデカールにしても大変である。
IMG_4401i.jpg

こっちは1/48の作品。モランソルニエとパイロット。
IMG_4399i.jpg

ハンザブランデンブルグ。張線がなくてもいいように工夫したらしいが、あまり良い飛行機ではなかったっぽい。
IMG_4398i.jpg

ローランド2種。魚のうろこの模様は手書きしたそうです。なんでそんなことができるんだろうか。
IMG_4394i.jpg

おなじみの三葉機。この独特のカウリングに顔を描いちゃうのも有名なマーキングである。最近の説ではこのウェルナーフォス機の顔が黄色である可能性もあるということだ。
IMG_4414i.jpg

(ちなみに、ここまですべて、自分が作った作品ではありません。)~~続く~~

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/13 20:07 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

第29回ホビーショーin静岡その2

第1次世界大戦の複葉機限定の展示なんて、実にマイナーなのですよ。それをあえてやっちゃう、この潔さ。本当に素晴らしい仲間(というより大先輩たち)に巡り合えたことは実に我が人生の幸運というべきでしょう。ちなみに、この額の前の大きなゴータは今回一番人気でした!
IMG_4413i.jpg
何しろこの大きな機体(1/32)全面に6角形のパターンを手書きするという、ものすごい大作です。
IMG_4385i.jpg
細かいところまできちんと作りこまれていて、美しい仕上がり。
IMG_4397i.jpg

最近の第一次大戦機は1/32がかなりトレンドになってきた。それというのも、ウィングナッツというメーカーが良質なキットを次々に発表しているからだ。
IMG_4384i.jpg
そもそもこんな昔の飛行機の、詳細なデータや資料が残っているというのも、すっごいことじゃあないか!
IMG_4400i.jpg
【 2018/05/12 23:53 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

第29回ホビーショーin静岡その1

待ちに待ったこの日がやってきた。
というのに、とんでもなく寝坊をしてしまった。当初の予定では朝3時半に出発のつもりが、目覚めたのが4時半。前日までフォッカーE.IIIを作っていたのがたたったのであります。やむを得ず、5時半出発。
途中の東名高速のパーキングで、霊峰富士の高嶺を望む。
IMG_4375i.jpg

ホビーショーはすごいんです。なにしろ本物のキューベルワーゲンが出てきてますから!
IMG_4377i.jpg
さらに驚き、実はこれ、本物ではなく、カナダのメーカーが製作したレプリカだそうです。世の中、奥が深いですね!

ホワイエ?ではアトラクションとして、地元高校の吹奏楽部の演奏が披露される。実に賑々しいことだ。うれしいイベントですね!職業柄、つい立ち止まって一心に見て(聴いて)しまうが、実のところとんだ時間の無駄なのであります(それどころじゃないからね!)。
IMG_4386i.jpg

 会場にはこんな車両の実車が展示されている。これはタミヤの持ち物なのかな?4連装対空機関銃のモーター駆動砲塔を動かすデモンストレーションもあって、すっごいわ!
IMG_4418i.jpg
 
午前中は、自分の参加したグループ「第6回複葉機モデルサミット2018」でお世話役をしてくださっているYさんとモデル談義をしていました。
(続く)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/12 20:56 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アインデッカー、こだわってます

いよいよ張線のために、本格準備。
すなわち、翼のマーキングを準備する。がんばるぞ!実は今年は3年ぶりぐらいに、静岡で週末を過ごすのです!
IMG_4374i.jpg
ところで、この飛行機の色。結局、エアフィックスの箱絵の裏側に示された色に近いのを探し、レベルのフィールドグレー(ドイツ陸軍軍服色No.52)を塗りたくってしまいました。自分的にはまあまあですわ。
【 2018/05/10 22:50 】

FokkerEindekker  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アインデッカー、こだわってます

小学6年で、レベルファイターシリーズの第1次大戦機を作り始めた最初のころから、自分はフォッカーアインデッカーを好きだったようなのである。なんだか妙に心がひかれる。

なので、この間買ってきたエアフィックスのE.III の制作に早くも取り掛かった。
IMG_4370i.jpg

操縦席。こういう飛行機はコックピットの中も単純でいいですね。
IMG_4371i.jpg

な~んてことを言ってるうちに、機体の組み立てはここまで来てしまった。作り始めたのが夕方だから、結構なスピードだ。
IMG_4372i.jpg

機体色は、「スレートグレー」という指定があって、ハンブロールの番号が書いてあるのだが、どういう色かよくわからん。ハンブロールは使ったことないし、あの皮膜の頑丈さがそもそも好みじゃない。その指定の色について、ネットで調べてみたら、なんとクレオスの日本海軍機下面色(No.35)と置き換えられるようなことが書いてあるHPもあったが、ちょっと信用できかねる。
 やむを得ないので、ここは伝家の宝刀、「第一次大戦機をリアルで見た人、実際に取り扱った人はもうこの世には残っていない」という理論で処理することにする。つまり、手持ちのカラーの中から適当に選ぶということだ。
IMG_4373i.jpg
で、これ、ナニ色だと思います?

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/10 02:01 】

FokkerEindekker  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

あんりお

この飛行機はとことん素材の色を重視する塗装らしい。
IMG_4369i_20180510014400f72.jpg
その辺はあまり細かいことを気にしないラテン系の人が作った飛行機な感じである。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/09 23:40 】

HanriotHD.1  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アインデッカー2完成ということにするしかない。

結局、垂直尾翼の鉄十字は、一昔前(にもなるかもしれない)にネットで買った、ペガサスの「第一次世界大戦ドイツ機鉄十字」という感じのデカールを本棚の隅から引っ張り出してきて使うことにした。思ったような形の鉄十字はなかったけど、そこは黒でリタッチして、どうにか完成。というかこれ以上は手を入れません。
IMG_4361i.jpg

IMG_4362i.jpg

正面から見る。やっぱり変な形。「リリエンタールのグライダー」の流れをくんでいるね。
IMG_4363i.jpg

胴体の黒黄黒白のストライプは、デカールが上下左右それぞれの面で4つに分かれているが、合わせがあまりよくない。特に上面と両側面の寸法が合わないのはいただけない。
IMG_4364i.jpg

ま、それでも、完成おめでとう。
IMG_4366i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/06 19:10 】

FokkerEindekker  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

あんりお

このメーカーのキットはお初なのだが、相当ヤバい。
IMG_4367i.jpg

組み立て説明図がかなり説明不十分だし、キットの彫刻もよくないし、塗装図も小さくて見にくい。
それでもできるところから進めているのであります。
IMG_4368i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/06 18:32 】

HanriotHD.1  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アインデッカー2完成延期

まさかのデカール貼り損ね!
垂直尾翼の鉄十字を貼ろうとして失敗してしまいましたです。そのため、機体は以下の状態で本日終了ということになりました。
IMG_4360i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/06 01:04 】

FokkerEindekker  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

GWのお仕事

バラ咲いてます。ここだけ切り取ると優雅です。この後の予定ではバラの葉っぱは全部無歯顎ってしまい、木がb丸裸になるので、今が一番きれいな時期といえるでしょう。
IMG_4358i.jpg
北側の塀と道路の間の、ウチの敷地だか道路だかわからないちょっとした場所がいつでも雑草まみれで見目悪いので、カインズでマジカルサンドというのを10袋買ってきて、固めた。

キッチンのガス台をIHコンロに付け替えるため、あっちこっち出歩いて、おいくらかかるか検討。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2018/05/05 18:17 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アインデッカー2にも愛の手が

勢いに乗って、以前同時進行していたエアフィックスの新製品(っていつ「新」だったんだ)に突入だ。

まずは脚柱の張線。ここでめげそうになるからいけません。やればできる。
IMG_4353i.jpg

続いて、上部の柱とそれを支える張線。こうしてみるとけっこう殺風景なデザインの飛行機だ。
IMG_4354i.jpg

翼上面の張線を一気にやってしまおう。面倒くさいのでここは0.4mmの穴をあけて、黒テグスを4本通す。0.4㎜に4本OKって先日気づいた。もちろん本物のアインデッカーは全部ひとまとめではない(らしい)。
IMG_4355i.jpg

。上面に張力を持たせて瞬間接着剤で固定すると下面はこうなる。ゴチャゴチャして何がなんだかわからなくなりそうだ。
IMG_4356i.jpg

あまりうっとうしいので、さっさと進めよう、ということでここまで来た。
IMG_4357i.jpg
寝ようと思ったら、日付変更線をかなり超えていた。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/05 08:47 】

FokkerEindekker  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アインデッカー4完成した

よっしゃ!一機完成した。
IMG_4340i.jpg

キットとしては珍しい、E.IVタイプ。ロータリーエンジンとはいえなんと複列星形、という仰々しいエンジンを積んでいて、こんなヒョロヒョロした飛行機であるにもかかわらず機銃も2挺積んでいる。
IMG_4341i.jpg

命中精度を高めるため、プロペラ回転範囲内に機銃を装備して、世界初のプロペラと引き金の同調装置を付けたという画期的なフォッカーの、後期の機体ですね。同調装置の開発物語については、はるか昔に少年サンデーに掲載されていた読み物(マンガじゃなくて)で読んだ。タイトルは「ギャロスに気をつけろ!」だったと記憶している。ギャロスって?ねぇ。
IMG_4342i.jpg

何やらこのタイプはイギリスのDH2に駆逐されてしまった、と何かで読んだ記憶がある。
IMG_4343i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/03 01:02 】

FokkerEindekker  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

都内を走る!その2

 伯母が亡くなったということで、お通夜でした。都内での葬儀なので、なかなか時間が忙しい。6時間目が終わって15:30。すぐに出発してギリギリ開始時刻の18:00に亀戸駅そばのセレモニーホールに到着。
 伯母さんは子供のころずいぶんお世話になった方だが、もう何十年も会ってはいない。もう90歳にもなる人であるが、最後を聞くと、主宰する書道塾で朝からいつものように弟子に指導をしていて、一段落して炬燵に入って休んでいたのだが、いつの間にかそのままなくなっていたということだ。とにかく、いろいろな場面で高い人徳を感じさせる伯母さんではあったが、死に際もさすがとしか言いようがない。自分もあやかりたいものだと思いました。
 精進落としの席では昔懐かしいいとこたちに会えた。みんな年を取っている。そりゃそうだ。もう30年も会ってない人たちばかりである。
「葬式の時ぐらいしか会えないなあ」
なんて話をして、次の日がいつも通りの勤務ということもあって、早々に失礼して帰宅した。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2018/05/01 22:58 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |