FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

年末年始プラモデルin2017~2018

恒例の年越しお年賀モデリングに参加するべく、今年はうっかり買っちゃったキー102をやることにして、エントリーした。エントリーできたのは去年の12月30日午後22:00ごろ、つまり開始2時間前、であります。
IMG_3955i.jpg 
ストックsの中では一番どうにかなりそうだったからね。他のは結構難しげなやつばっかりなんですよ。
IMG_3954i.jpg

で、、とにかく年内に開始しなければ、というわけで、いろいろやりながらも、12月31日のうちに手を付けようと、ランナーから部品を切り出しましたね。
IMG_3958i.jpg
ちゃんと終わればお慰み。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/12/31 23:55 】

Ki-102(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

吹奏楽部の大掃除

 今日で年内の部活が終わり。ということで午前中に合奏やって、午後からは大掃除だ!
中学生ってなんでだか知らんが、こういうの大好きなんだな。で、みんなして大はしゃぎで作業開始。まずはパート棚の整理整頓。永年の間にたまりにたまったガラクタをみんな捨ててやる!と決意し、不要物は全部第2音楽室(机といすを片付けて広くしてある)の真ん中ら辺に集めとけ!と指示を出すと、ま~~出るわ出るわ、小気味のいいこと。で、そのあいだず~っと、
「センセ~これはどうしますか。」
「センセ~これは捨てていいですか。」
とのべつ幕なしに質問攻めである。こっちももう気合が入ってるから、
「あ~それは捨て捨て!!!」
「それはそっちに置いとけ!あ~!!違うがな!こっちだってばよ!」
「ばかやろ~そんなの捨てるやつがあるか!」
「いらんだろうがそんなもん!」
「え…でも~~…」
「じゃ、聞くけど使う予定あるのかよ、そんなもん?」
みたいな会話とともに,無闇矢鱈と捨てまくり、移動しまくり、気づいてみれば部活終了時間が迫っている。今の時期、部活終了時間をうっかり過ぎるとすぐに日が暮れてしまうから、そうなったら大ごとだ。で、準備室の吹奏楽関連は何とか整理し終わって、しかし第2音楽室は、いるものもいらないものもひっくるめてごった返したまま、ついに時間終了。最後に鍵締めの部長連中が帰った時には終了時間10分過ぎ、という困った状態だったが、まあ主力部隊はみんな校舎から出たからやむを得ない、ヨシとしよう。(本当は絶対にまずい。)
 で、俺も帰ろうか、と職員室に戻ってみたら教頭先生がいて、
「あ、いいところにいた。」
「え」
「あのさ、指導案(年明けの正月17日に指導課訪問で公開授業なので数日前に提出期限だったヤツ)なんだけどさ、修正してほしいんだけど!」
「どっひゃ~~」
「ここなんだけどさ。今すぐやってくんない?」
「へ~~い。どれですかぁ~。」
みたいな仕事がいきなり発生してきて、でももうすでに外は薄暗くなっているんですけど。
まあ幸い、文章の中に句読点が抜けてるとか、そういう些細なミスの修正だけで済んだけど、最後の最後でそんなのやってたりしたら、もはやとっぷり日が暮れて外は真っ暗。で、教頭先生は、ほかの先生方にも電話したりして、修正を要求しているんだけど、それがなんだか妙に重い修正ばっかり指示している。やれ、評価が記載されてないとか、「指導の目標」と「本時の学習」の整合性が取れてないとか、結構頭を悩ますことばかりである。そんな(俺に言わせれば)トンマな指導案、なんで提出なんかしてるわけ?みんな俺みたいなボケ老人と違って若くて優秀なはずなのに何やってるんだろうか。と言いたいのをとりあえずこらえて、何というか、帰ってきました。
今年もお疲れさん。来年も頑張りましょう。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2017/12/27 23:50 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

校歌の声が大きいです。うれしか~!

2学期の終業式だった。いつもの通り、体育館に全校生徒が集まり、開式の前に校歌斉唱の練習をする。この学校の校歌はキーが低くてあまり華やかに響かないんだよな~とか、こんな冷え切った空間で体も冷えるよな~体硬いよな~などとネガティブなことばかり思いつつ、体育館のステージの上で
「今日はこの体育館の天井を意識してみようか!!」
とか励ましつつ数回やってみたらなんだか力強い感じで、ま、いいかな。ということで適当に練習を切り上げてしまった。
 で、式が始まって、校歌を歌って、校長先生の話になったが、その最後のほうで、
「今日も聞いていたけど、毎回、校歌の声が大きくなっている!自分の学校の校歌を誇りをもって、大きな声で歌える、というのは素晴らしいことです。そういう人間にこれからもなってください!」
と言及してくれたではないか!思わず、舞台のそでで待機していた伴奏の3年生と顔を見合わせて、お互いにガッツポーズをして、満足満足。ということで2学期が終わりました。
(俺の指導がうまいからさ!と不遜なことを言いたくなるところだけど、そうじゃない。やっぱり素直に言うことを聞けば向上するんだ、と信頼している生徒集団を、全職員・地域の人や保護者が育てているから、こうなるんだよな~指導の上手下手は関係ないんですよ。この年になってこんないい人たちに巡り合えるなんて、夢のような幸せ、と言えます。)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2017/12/22 23:43 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

漢字読めんぞこいつら

1年生の授業中に、期末テストの答え合わせをしていて、「三味線」というのを何気に読み上げたら、
「しゃみせん、って読むのかぁ…」というつぶやきが聞こえてきた。な~んだろ。基礎学力の崩壊の証拠をまたしても目撃しちゃったみたいな、軽く衝撃を受けました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2017/12/12 23:47 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |