FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

DONNAMONDAI14年越しモデリング今年もやるぞ

ここ数年、参加している「年越しモデリング」でありますが、今回はどうしようか、と思ったら、干支の酉にちなんで鳥にかかわるお題で、ということだったので、ストックの中から、関係あるやつを探してみると、この二つがピックアップされました。
IMG_2999i.jpg
すなわち、アホウドリと不死鳥。どっちにするか長考していたのだが、結局部品の雰囲気が難しそうな不死鳥(PoenixDC.I)は後回しにして、アホウドリ(AlbatrosD.III)にすることに。

しかし、相変わらずの手際の悪さで、
「さて、やるか」
と思った時にはすでにあと2時間余りで来年になろうかという、こんな時間になってしまいました。
IMG_3001i.jpg
しかも、晩飯の時に飲んだスコッチが効いちゃって、これ引っ張り出して、久しぶりの作業のために道具をかき集めてきたらもう力尽きてしまった。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/12/31 23:20 】

AlbatrosD.III(Roden)(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

今年の厄落とし

今年は、ここには書かなかったが、不快なこと、腹立たしいこと、ついてないことがあまりにも多すぎた。
そういうときの神頼みではないが、気分転換に出かける物見遊山さえもやってる暇がなかった。だから余計に良くないことが立て続けに起きている、という風にしか思えなくなった。
で、昨日で年内の部活が終わったこともあり、佐野厄除大師へ向けてGO! だ。



10:30出発。朝から何も食ってない。腹が減ったが羽生SAが混雑で入れないので、次の佐野SAまで行ってしまってブランチ。で、お約束の心変わりで、やっぱり行き先を「日光」に変更。そのまま東北道を北上し、日光方面に行ってしまう。13:00、中禅寺湖畔に到着。

なんと寒々しい光景であろうか。しかも本当に寒い。山の形はとてもきれいである。
IMG_2982i.jpg
湖面の雰囲気は「ツメタイ」としか言えない。
IMG_2983i.jpg

立木観音で有名な中禅寺。山門の写真を撮ろうとしたが、太陽の位置が低くて光線の下限がさっぱり駄目である。
IMG_2980i.jpg

 さらに進んで二荒山神社へ。
IMG_2995i.jpg
奥の院への登山は5月5日まで禁止。門だけ見て帰ってきました。
IMG_2990i.jpg

帰りに九兵衛うどん屋さんでもつ鍋を頼んだら、とってもおいしかったです。実にあたりでした。
めっちゃ幸せな気分で帰ってきました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2016/12/29 22:04 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

バイロイト音楽祭のFM放送について

 ここのところ通知表の作成で帰りが遅い。夕べ帰る途中でなにげにカーステレオをつけたら(私の乗ってるときはNHK-FM一択)、なんと、バイロイト音楽祭のライブ録音!本日は第1日目、楽劇「ラインの黄金」なんて言ってるじゃありませんか。なっつかしや!そうだよな~この時期なんだよな~。ちょうど年の暮れに、バイロイト音楽祭の放送をFMでやるんだったよな~~~!
学生の頃は、クリスマス以降の、年の暮れも押し詰まったころに、連日午後一時ぐらいからやってたっけ。そして、その日には家族に
「俺は今日の午後からは大掃除に参加しないからな!」
と宣言して、ストーブで自室を温め、コーヒーを入れ、完全に準備を完了して午後1時を待つ。そしてファンファーレに引き続き、
「バイロイターフェストシュピーレ、ノインツェーンノインウントジープツィッヒ!」
ってカンジの、歯切れのよい女性アナウンサーの声から始まる放送で、ワクワクしながら演奏開始を待ったもんだった。まあその頃は解説も長く、ともすれば放送開始から演奏まで30分も楽劇のあらすじやバイロイトの由来なんかについて解説者が話してたように記憶している。そして、真っ暗になるまで楽劇を聴きながらプラモデルを作る、というのが自分的年末恒例行事だったのだ。そういえば、当時は演出家パトリスシェロー、指揮ピエールブーレーズというコンビで、演奏終了後の拍手には盛大なブーイングが入っていたよな~、とか。
そんなのを一気に思い出した。

それにしても、ワーグナーとは…なんという不思議な魅力を持った作曲家であろうか。私的には、高校2年の時、初めて出た吹奏楽コンクールの自由曲がローエングリーンの「大聖堂へのエルザの行列」だったし、「ワルキューレの騎行」とか「ローエングリーン第3幕への前奏曲」とか「さまよえるオランダ人」など、よその高校がやってるのを聴いてあこがれてた程度で、でもなんだか中世ヨーロッパの魔法のお伽話の世界がめっちゃ上品なスタイルで高校生の心をわしづかみにするみたいな、(ちょっと日本語ヘンですけど)そういう神秘の作曲家だったわけですよ。
そういう当時の自分の心境なんかまでも、一気に思い出した。

 昔は真昼間にやっていたんだけど、今は夜やるのか~。
ということで、今晩も、ワルキューレの第一幕を聴きながら帰ってきました。第2幕が始まってすぐに家に着いちゃったので、鑑賞はこれにて終了。それにしても、FM放送だもんな~。今や家の中でFM放送を受信できる環境はない。まあ、これも時代だから仕方ないね。は~それにしても、一生に一度でいいから、バイロイトで生の楽劇を見てみたいものだ!

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

【 2016/12/20 23:31 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

BPMSの例会に参加した

日曜日。
BPMS の例会に参加した。今回で2回目です。ちょっとずつ参加する人の顔と名前を覚えようかと。(実はそういうのが大事な職業であるにもかかわらず、苦手なんです、人の名前を覚えるの。)

それは置いといて。
見ることができた作品の記録です。
IMG_2939i.jpg
この車両のタイヤスポークは一本一本組んだとのこと。すごすぎる。

初めて参加したTOSHIさんの作品。
IMG_2937i.jpg
マーキングはすべて手書き。とても丁寧な作品です。

IMG_2936i.jpg
エレールのドラゴンラピッド。

今回自分は、未完成のものを持っていきました。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2016/12/04 20:06 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |