FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

暴挙!?仕掛け品を増やす

先日、久しぶりに(去年の5月以来)一機ロールアウトしたのを受け、ほかにも仕掛け品があるというのに、また一つ手を付けてしまった。もっとも、新たにキットを購入した、というのよりは圧倒的にいいことである。
IMG_2045i.jpg
ここで問題です。この飛行機、なんだかわかる人、いますか?
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/01/31 19:14 】

HanriotHD.1  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ぶんぶく茶釜

初詣を兼ねて、群馬県館林市にある茂林寺というお寺を訪ねた。本堂の屋根が茅葺きとは、今時風情にあふれているではないか。
IMG_2029i.jpg

ここは古刹というか、まあ古いお寺である。この本堂は江戸時代に建立された由。
IMG_2030i.jpg
この右側の方に行って、御朱印をもらってきた。何年か前、修学旅行に行ったとき、ほかの人がいただいているのを見て、単なるスタンプよりかっこいいじゃん、ぐらいのノリで自分もほしくなって、御朱印、集めることにしたんですよ。勿体無いことだ。

そして、重要なのは、ここは「分副茶釜」の伝説があるお寺なのだ。だから、というか、タヌキの置物がいっぱい飾ってある。
IMG_2033i.jpg
右奥の仏さまより狸がでかいとは、こりゃまあ、どうしたことかいな。

ウチの犬とツーショット。こいつは断然落ち着きがなく、こんな写真が撮れるというのは、まさに千載一遇のチャンスをものにしたというべきである。
IMG_2037i.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2016/01/24 18:52 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

東京宝塚劇場にて

花組公演のマチネーに来た。宝塚歌劇、家内のお弟子さんに元タカラジェンヌがいて、家内も若いころからのヅカファンだったこともあり、ここのところ宝塚づいている。その方がよい席のチケットを取ってくれることもあるのだが、今回はなんと、二階席の一番後ろから4番目の列でござる。
 そこから舞台を見下ろすと↓こんな感じになる。
IMG_2025i.jpg

「マノンレスコー」。まあいろいろ意見もあるでしょうが、それなりに幸せなひと時でありました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2016/01/23 21:22 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

完成した小型患者輸送機(立川飛行機)

プラモデルを完成させたのは久しぶり。うれしいから、写真を撮ったのでアップしようと思いました。
IMG_2019i.jpg

IMG_2020i.jpg

ちょっと、というよりかなり上反角を強くしすぎたです。資料はないし、キットの説明書にも指定はないし、どんな角度にでも作れるようになっているアバウトなキットなんだよな~。
IMG_2021i.jpg

 つい最近の新発売のキットだというのに、とにかくクォリティの低さには泣かされましたぞよ。どこもかしこも部品の成型がいい加減だし、バリあるし、不正確だし、表面荒れてるし、近くで見ては見られたものではありません。
IMG_2023i.jpg

それなのに、そういうキットをストレートフロムボックスでやらかしてしまうと、こうなるわけです。東欧のキットは、キットというより単なる素材、と考えなければいけませんね…多くの人がおっしゃっている通りでございます。
IMG_2024i.jpg
【 2016/01/22 01:46 】

KKY-1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DONNAMONDAI !! 年越し&お年賀モデリングその7

デカール貼れば終了、という状況となっているのに、なかなか作業を進めようという気にならないのが困ったものである。
 今日こそは、さっさとやろう!
と心に定めて、小さい器に水を張って、開始したのだが、あっちにフラフラこっちにフラフラ、集中して作業しないもんだから、この時間になった。良い子はもうとっくに寝る時間だよ。
IMG_2015i.jpg

なんだか、実物よりも上翼と下翼のずれが大きいのではないのだろうか。かっこいいアングルがなかなかなくて、うまい写真が撮れません。
IMG_2013i.jpg

プロペラはかなりウィークポイント。もともとのキットのままでは製作することができません。デカールは結構質が良くて、薄くて美しい。でも気を付けないと簡単に千切れる。
IMG_2014i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/01/21 02:22 】

KKY-1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DONNAMONDAI !! 年越し&お年賀モデリングその6

 よし、やったる!

 と、決心して、気合入れて、写真を撮って、アップしたまではいいが。
IMG_2011.jpg
結局、何もせずそのまま終りました。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/01/19 20:18 】

KKY-1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

大雪 自動車 通勤

 すごい雪だった。天気予報に大した危機感もなくゆうべ寝ちゃったもんだから、いつものつもりで起きたら、一面の銀世界。あわてて用意して外に出たら雪かきしないと一歩も進めないほどの状況で、さらに職場の連絡網が回ってきたりして、まず出発時間が大幅に遅れてしまった。

 やっと出発したがすでに7時近くになっている。、くたびれた夏タイヤのわが自動車ではヨタヨタしながらゆっくり進むしかないが、周りもそんな感じなので、特に交通を阻害してる感もないが、さらに降りしきる雪を見ると、このまま立ち往生したらやばいわ~、との思いが募る。いつもの道は通らず、交通量の多い県道とか国道を使っていくことにした。
 踏切に差し掛かると、渋滞して全く先へ進まない。どんどん降ってくる雪の道を、人が大勢歩いてくる。こりゃ鉄道が不通になってるか?と思ったら、やっぱり不通になっていた。踏切を通過するのに30分かかった。そこに、立ち往生した中型トラックがいた。こいつのせいだな、この渋滞。さらにその先、橋手前の交差点を頭に全く、本当に全く動かない。歩くよりもずっと遅いノロノロ運転でしばらく行くと、大橋へのアプローチのスロープが遠くに見えてくるが、その道路上にでかいトラック(電柱を運ぶような奴)を含む3台の自動車が停止している。こいつらのせいか!結局そこの通過に丸々1時間かかった。やっと普通に行けるかと思ったら、その先、別の大橋に向かう道に入るところの交差点に1台止まっている。なんでこうも肝心なところにばっかり邪魔に止まってるんだ!迷惑じゃないか!!
 そこも越えると、今度は私立小学校前が渋滞だ。そこは河岸段丘を上るためのかなり急なスロープになっているが、やっぱりそこの途中にも止まってるやつがいて、交通を阻害している。やっと国道に出るが、とんでもなく雪が固まって、とてもじゃないがスムーズになんか走れないのに、後ろからせっついてくる大型トラックがある。全く!
 さらに行くと、とどめは街中のやはり坂道を登ったところにある交差点の手前でトラックが止まっちゃってる。すっかり嫌になって、やっと学校についたが、すでに1時間目が終了するか、という時刻である。結局、いつもなら40分で来るところを、2時間50分かかりましたとさ。

 で、いつもの駐車場に滑り込むと、そこは校舎の裏側で全く雪かきなんかしてないし、自動車が止められるような状況ではなく、ヨタヨタしながらUターンして正門から入って門のわきに無理やり駐車し、車を降りようとすると、外は降りしきる雨になっている。職員室に入って、やれやれ、と思う間もなく、自動車のスモールライトがつけっぱなしなのを誰かが見つけてくれて、またもや傘をさして車に戻る。もはや悪夢です。

 こんなに遅れていったのいうのに、まだそれよりも遅れて、まだ顔を見せてない先生が何人もいるという。何たることだ。かなり大ごとじゃないか。それでも5時間みっちり授業をやって、午後の部活をなしにして生徒を下校させて、ふと窓から外を見たら、驚いたことに、4階にまで到達するか、という校庭の大木が2本、大きな枝を何本も折っちゃっていて、樹形が変わってしまっているではないか。
IMG_2008i.jpg
木のてっぺんがすっかり涼しくなってしまった!こんなにでかくなるまで、こういうストレスを与えられたことがなかったのが丸わかり!


 今日は校内研修の予定だったのを中止にしての「雪かき研修」となり、職員全員外に出て雪かきをする。そのままにしておいたら、いつまでも解けないで残るだろうし、裏の駐車場なんか何日も入れなくなってしまうであろう。 
 一時間に及ぶ肉体労働の挙句、へとへとになって帰路につくが、帰り道のほうは特に問題もなく、帰ってこられた。もっとも、あっちこっち路面に雪も残ってるし、踏み固められた雪がそのままのところも多い。明日はそれ全部凍っちゃって、それこそ自動車なんか走れなくなるだろう。もう、やだなあ…。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2016/01/18 23:53 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DONNAMONDAI !! 年越し&お年賀モデリングその5

お年賀モデリング、今日で締め切りだというのに、なかなか作業に取り掛かれない。仕事を終えたら、なんと今日は、地元の市の「文化団体連合会」というよくわからない会議に参加しなければならないのである。会議が終わったのが2030。家に帰って2050。やれやれ。と思ったら、さらにとんでもない邪魔が入ってしまった。
そう、「天空の城ラピュタ」の地上波放送である。どうしても気が散るじゃないか。というより、気づくと見入っているから、さっぱり作業が進まない。

それでもやったる。前項で書きそびれたが、翼間支柱の部品は短すぎて使えず、プラ棒を削り出して作成したのでござる。
IMG_1990i.jpg
そこに、張線を張る。一応、張線やっちゃってからでは困る、胴体のデカールはちゃんと貼ってあるんだよ。

時間ないわ~。

一生懸命張る。八か月ぶりの作業。全く進歩のない、「貫通法」でござる。
IMG_1991i.jpg
というところで、夜中の零時を過ぎ、日が変わってしまった。

終了~~~!

これで今回の「DONNAMONDAI !! 年越し&お年賀モデリング」はお開きである。せっかくの努力が、といいたいところだが、こんななかなか充実しない気合では、参加の名乗りを上げても、みっともないだけではないか。

仕方がない。最後までやったる。とにもかくにも、形を作ろう!せめて短期間で完成させて、先様の掲示板にアップだけでもしようではないか。
ということで、最後に残ったランディングギアの部品をベタベタとくっつけると、一応飛行機になった。
IMG_1992i.jpg
写真を撮ろうと、三点姿勢に置いてみるが、接着剤が乾いてなくて主車輪がひしゃげちゃったよ!

ということで、キットの箱の縁を利用して養生する。
IMG_1994i.jpg
実はこの時点で朝の3時半であります。夜が明けたら仕事なんだぞ!どうすんだ!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/01/16 03:46 】

KKY-1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DONNAMONDAI !! 年越し&お年賀モデリングその4

なかなか家庭の事情とか(火宅の人になり切れない)仕事が始まっちゃったりとかで、進行しないわが患者輸送機。とにもかくにもやるしかない。松の内なんか(関東じゃ)とっくに終了である。

上翼を揚げるには操縦席をどうにかしなければならない。めっちゃ合わない風防を合ったように見せかけ、窓枠を書き込む。全然うまくいかない。
IMG_1982i.jpg

無理やり上翼を接着する。治具とか何もないので、いい加減にありあわせの物体で機体を上向けにして静止させる。接着剤が固まるまで養生しなければならない。ここでずれたら後が大変なのだ。
IMG_1984i.jpg

一応固まった(かな?)。
IMG_1985i.jpg
なんか、位置なんかもこれでいいのか心配だが、気にしてたら完成しないね。
IMG_1986i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/01/13 23:50 】

KKY-1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

今年の目標

始業式の後の学活で、今学期の目標を書かせたら、「ケンカをしない」と書いた男子が5人もいた。⁇
ウチのクラスってそんなにケンカっ早いヤツが沢山いるのだろうか?その割にはケンカしたっちゅう話は聞かないけど?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2016/01/08 20:05 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DONNAMONDAI !! 年越し&お年賀モデリングその3

何やら模型に集中できない状況ではあるが、とにもかくにも作らねば。
 胴体左右をくっつけて、つなぎ目にパテを盛る。本当はパテ盛りなんかやりたくないが、やらないとどうにもならないのよ。実はここまで来るのに、まず胴体左右の後半だけを接着し、ちゃんと接着剤が乾いてから前半分を接着(それも力任せに首をつまんでおかないと左右が離れてしまう)というしんどい作業があったのですよ。
IMG_1972i.jpg

 胴体に下翼を接着する。ガイドがほとんどないイモ付けなので、取りあえず上反角が決まるまでの養生に、上翼の部品を使ってしばし置いておく。全くいい加減なキットであるが、それをいい加減な男(すなわち自分)が作っているのであります。
IMG_1973i.jpg

 さらに、できるところは進めるべきか、ということで、飛行機を士の型までもっていく。wikiによるとこの飛行機はデハビランドをもとにしているということだったが、言われてみれば垂直尾翼がデハビランドである。
IMG_1974i.jpg
【 2016/01/06 02:58 】

KKY-1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

今年のおせち

 今年の年末年始は自宅にいられたので、よかったよかった。でも何となくお正月という府に気がしないのはどうしてなのだろうか。
 まあ、それはともかく、我が家のおせち料理はいつものようにいい感じ。あまり派手じゃありませんが、家内の渾身の作であります。
IMG_1943i.jpg

そして、お酒は、申年にちなんでこんなのを、時々行く安売りの酒屋さんでたまたま見つけたので買ってきて、あけました。まあまあそこそこに良い酒です。
IMG_1949i.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2016/01/01 20:20 】

糖質制限について  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DONNAMONDAI !! 年越し&お年賀モデリングその2

 もう半年以上もプラモデルは作ってない。久しぶりの「模型」だ。それにしてもとんでもないキットです、Amodel。これはちょっと前に新発売になったばかりの(と言っても何年かたってしまったのかもしれないが)キットというのに、相変わらずというかなんというか、クォリティの低さにおいては昔のレベルだフロッグだに比べても悲惨なものといえるでしょう。一体どういうことなのか。合わせはめちゃくちゃ。ダボ穴とかもない。パーツはよじれている。バリだらけでどこからどこまでがパーツだかわからない。あくなき削り合わせ(というほどきっちりやってはいません。適当です)。
 まあ、なにしろここまでもってくるのに結構手間と時間がかかりました。すでにくじけそう。
IMG_1946i.jpg
 一応、空飛ぶ救急車的な飛行機なので、室内に担架が設置されている(ようです)。
 
 さらに計器盤なんかも組み込んで、胴体左右の接着に備える。
IMG_1947i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/01/01 10:27 】

KKY-1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

年越恒例ジルベスターコンサート

今年のジルベスターコンサートは良くないのう。カウントダウンして、0:00ちょうどに曲が終わると同時に花火だのなんだので盛り上がって「あけましておめでと~う!」となるはずが、何やらバレリーナの引退記念演奏と一緒にしちゃって、湿っぽいじゃないか。オーケストラも妙に衣装なんかも整えちゃって、曲目もペールギュントだのバッハの二つのバイオリンだの、辛気臭い!名曲だからいいってもんじゃないだろ。気分としてさ、もっとめでたい雰囲気の曲、たくさんあるだろが!

ん~~。盛り上がらん。つまらん。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/01/01 00:20 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |