FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

突如暗譜

 吹奏楽コンクールのある意味前哨戦であるところの、「研究発表会」が行われた。何と金曜日。ウィークデイだから他の生徒は授業があるが、こっちは朝からでかいトラックが来て楽器を積み込み、出発し、到着し、他校の鑑賞をして、役員として走り回って、演奏して、再び楽器を積み込んで、帰ってきて、楽器を片付けて、解散した。

無事に済みました。
一つを除いて。

何と、舞台上の指揮台に、指揮者用の楽譜(スコア)が届かなかったのである。生徒が持ち歩っている間に何らかの齟齬があって、楽器置き場に起きっぱなしになってしまったのだ。それを集合時間になっても、リハーサル室での音出しの時にも舞台袖で待機の時にも気づかない、という指揮者(すなわち私)もどうかと思う。で、気づいたときには、前の団体の演奏が終了しかけていて、もう手遅れである。というわけで急遽、暗譜で指揮をすることを決断するが、怪しいところもあるんだよな~。何しろ、今回演奏する曲は最近の邦人作曲家の複雑な作品である。題名からして、「斐伊川に流るるクシナダ姫の涙」というぐらいで、何やらとっても複雑な曲なのだ。実際、練習段階から一番心配なのが指揮者(つまりワタクシ)がちゃんと振れるかどうかということだったのに。

案の定、振り間違えました。サックスのソロが終わってリタルダンドし、クラリネットとホルンのユニゾンのメロディが新たに始まる場面で、サックスソロが終わる前に次のキューを出しちゃって、生徒がそれを完全に無視して、棒はむなしく空を切り、その後はもう何がなにやら夢の中をさまよっているような状況。最後も、盛り上がりとかいったんピアノになるとか極めて複雑な終結部を、暴れ馬みたいになった生徒の勢いにそのまんま任せて終わってしまった。もう、情けないったら…。

終わったあとで、演奏前に
「これ、どうしましょうか。」
とスコアをもってウロウロしていたパーカスの1年生が
「すいません…すいません…」
と泣きべそをかいているのもろくに慰めもせず(鬼!)
「じゃ、着替えするからあとよろしく。」
とかなんとか言って楽屋に逃げ込んでしまった。何という馬鹿なんだ俺は。バカバカバカ!
楽屋ではベテランの先生が、
「マ、いいじゃないか。一つわかったんだからさ。」
とかなんとか言ってくださるが、こっちだって今さらそんな手抜かりをするような歳じゃないだろが。

教訓。生徒の係はちゃんと決めて最後まで任せましょう。
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2015/06/26 20:48 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

さらに増えるストック

 これまで見たことのない飛行機のキットが時々ポッと発売されることがある。
オーストリア軍のフェニックスC.1 ですって。この間のGl.VIIにも驚いたが、こっちにもびっくりである。しかし、これはとっくに発売されて、国内の在庫がなくなってしまい、入手困難か?と思っていたら、あるネット通販サイトで、「入荷次第発送」とあったので、試しに注文してみたら、何と10日ほどで到着した。あきらめずに探してみるモンですね。
IMG_1599i.jpg

中身はこんな感じ。かなりへなちょこのキットです。最初の頃のAZモデル(旧Legato)を彷彿とさせるかなり乱暴なキット、と見ました。何しろ、作りましょう。…といいつつそのまま積んであるキットがまだたくさん我が作業を待っている。
IMG_1600i.jpg
【 2015/06/03 02:03 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |