FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

大きな蛾

仕事終わったときにはもう20時。さて帰るか、とて職場の入り口から出て、数歩階段を下りると、突然視界になにやら白いものが。動きから虫であることはわかるのだが、ヒラヒラと、まるでアゲハチョウのような動きである。白いアゲハチョウなんて見たこともない。と思ってそいつを目で追っていると、幸い、入り口付近の窓にとまった。
IMG_1554i.jpg
蛾だな、やっぱり。それにしてもでかい。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2015/05/21 22:37 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

89式戦車開始

 先日の静岡ホビーショーで衝動買いしてしまったこのフィギュア。かなりアホです。しかも定価2800円そのまんま(あたりまえか)。やっぱり旅先というものは金銭感覚がおかしくなる、という見本みたいなものでしょう。最近は1/35でガルパンの女子高生フィギュアも世に出回っているようだが、そこまでおビョーキというわけでもない、と言い訳しつつ。
IMG_1552i.jpg

とはいえ、せっかく買った以上は、コイツを活かさなければ仕方がない。しばらく積んだままになっている89式戦車に手をつけようか。
IMG_1553i.jpg
というわけで、組み立てを始めました。でもなんだか黄色の線が入った三色迷彩は妙に気が進まない。怪しげな緑色を探し出して一色で塗るかな。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2015/05/19 20:47 】

89式中戦車  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

P26、ともかくも完成

 午前2時です。ともかくも完成させました。これから持って行くわけです。
IMG_1512i.jpg
派手ですね~さすがアメリカです。
IMG_1511i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2015/05/15 02:10 】

P26(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ピーシューター張線に取りかかる

「静岡ホビーショー」が近づいたというのに、そのために皆さん新作の制作に励んでいるというのに、こっちは何も進まない。というか仕事忙しくて、疲れて帰ってくるともう何もやる気がしない、という本当に困った状況。だが、それではあまりにも不誠実であろうか、という思いもあって、焦るばかりだ。

 とにかく、何かやろう、と、あとちょっとで終わり、というところまで来ているP26を出してくる。残りは主翼の構造線だけなので、それをやっつけてしまおう。一応、やろうと思って、GWのうちに太めの釣り糸を買ってきてあったのだ。それをもともとキットにあいているでかい穴に差し込んでとめていく、という簡単な作業である。
IMG_1509i.jpg
なんだかこの釣り糸、妙に使い勝手が悪い。変なクセがついて、テンションかけてもグニャグニャしていて直線にならない。結局、上面だけやって、終了。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2015/05/12 23:00 】

P26(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

突然の余命2週間

 こんなことって世の中にあるものなのだろうか。
 担任している男子(1年生)の父親が、なんだか体調悪い、と言って病院に行ったところ、医者から
「もう手遅れ。余命2週間。」
と突如として宣告されたという。先月の27日の朝に、
「なんだかここのところの両親の様子がおかしい、と怪しまれたために、ついに隠しきれなくなって、昨夜二人の子供に、そういう状態なのだ、と打ち明けたため、子供はショックを受けたようなので、様子を見ていてください」
という母親からの涙ながらの電話があり、朝の会で教室に行ったらそいつ(いつもは腕白小僧)が目を泣きはらしている、という衝撃の状況。
 次の日からは彼は平静を取り戻しているようだったのだが、実際には非情というか予定通りというか、事態が進行していたらしく、ほとんど医者の予言した通りの2週間で、GW中に亡くなってしまった。42歳。こっちより一回り以上年下だ。妻と、二人の男の子(兄貴は高1:中1の時に担任した…。次男坊はこの4月に中学生になったばかり)を残しての旅立ちである。当人の無念の思いもあるだろうが、残された家族のことを思うと胸がつぶれる。

 今日そのお通夜であった。こっちはそんなこととはつゆ知らず、GW明けに学校に行ってみて初めて知って、びっくり仰天である。そんな大事な話、サッサと言ってよこせっての。
 かといって午前中は授業もたくさんあるし、午後は家庭訪問だし、全然動きもとれない。かろうじて斎場の場所を確認するのが精一杯だ。まだ日中と明るさも変わらない18:00、そのままの服装で行ったら、どなた様も喪服である。普段着のヤツなんか、俺ぐらいのもので、なんか浮いている。お通夜は黒じゃなくてもいいはずなのに、どうしたことか。思うに、昨今は全国的に高齢化の影響で葬祭場が混み合っていて、順番待ちになってしまうことも珍しくないため、参列した人はみんな事前に知らされている状況になっちゃうから皆さんも服を準備できるのであろう。想像だけどね。

 それにしても、故人と比べるのは不謹慎であるが、何事もなく健康で年を重ねられるというのは、ものすごく幸運なことなんだ、と改めて思う。この頃とみに思うのは、自分のやってること、というのはすごいことである。何しろ、両手はピアノの鍵盤を10本の指を駆使してたたきまくり、右足はペダルを踏んで音を引き延ばす。それには耳から仕入れた情報を脳みそに入れて、常にフィードバックしている。目は鍵盤を走る両手ばかりでなく、楽譜も見つつ、生徒の顔も見渡し、身振り手振りで注意を与え、ピアノを弾きながら口頭でも注意を与え、自らも生徒とともに歌い、時にはガン飛ばしたり、悪ガキを怒鳴りつけたり、女子の姿勢に文句を言ったり、生徒の歌声を聞いて頭声的発声に問題がないかチェックする。無数にある脳細胞の、どこか一カ所でも故障があれば、とてもできることではない。それがずっと故障しないできたのだが、今日は大丈夫だったが、明日も大丈夫なのだろうか。そんな不安を感じつつ、健康に感謝しながら、また今日も無事に終わった。運命はこの私に、いつまでこのような仕事をさせ続けてくれるのだろうか。
 そして、その一方で、今回の父親のように病を得て急逝してしまう運命に見舞われる人もいるとは、どう解釈すればいいのか。世の無常を感じてしまうのである。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2015/05/07 23:26 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

つまみ食いばっかり

せっかく始めたデハビランドなのに、さっぱり気合いが乗らない。この間ちょっと仕掛けた9試単戦に手をつけてしまう。後の96艦戦に比べると斬新な逆ガル翼のスタイルだが、やはり試作機ってなんだかアンバランスなところが残ってるんだよな~。
IMG_1497i.jpg
しかし、さすがは現代の技術の粋を集めたファインモールドのキットで、全然問題もなく組んでいける。

さて、この機体の色をどうするのか。キットの指定は赤い尾翼を除いて全面銀色となっているのだが、昔読んだ堀越二郎著「零戦物語」では枕頭鋲の処理のパテを塗って磨き、薄緑色に塗装されていた、というフレーズを私は明白に記憶しているのだ。どっちが正しいの?それとも時期によって違うとか?

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2015/05/06 23:29 】

9試単戦(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DH4、重い腰を上げて、というか据えて

静岡のホビーショーに参加する、ということにしてしまったのだ。人生の中でもかなりの勇気ある行動である。だが、持って行く模型がない。最近いじったプラモデルといえば、正月にBf109K”ハルトマンファイナルコンバット”というのを半端に完成させただけ。どうにかしないとかっこわるいか。
 と、ズ~っと思っているのに何もしないで一日一日が過ぎていく。やむを得ず(という心理状態がそもそもホビーという世界からはほど遠い)、GWも押し詰まったこともあり、久々に道具や仕掛品を引っ張り出して、どこまでやったか思い出すことにした。

で、DH4。いろいろ部品に着色を施し、棟上げの準備に取りかかる。このキットの場合は2本の支柱がつながっているので楽といえば楽。胴体支柱を取り付ける。
IMG_1490i.jpg

 あちこちに張線用にピンバイスで穴を開けて上翼の取り付けを開始しようとするが、何と、この機体の場合は、先にパイロットを乗せてしまわないと、あとから搭乗するのは無理そうなのである。
IMG_1491i.jpg
で、とまってしまいました。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2015/05/05 14:10 】

DH4  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |