FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

IKEAすごい!

いよいよ我が家の大掃除の時期がやってきた。いつもここいらへんなのだが、職員旅行とかぶるんだよね~、どうでもいいことだけど。ここだけの話、職員旅行とか職場の飲み会とか、嫌いなのさ。年度末の学年旅行も、なんと言い訳して断るか毎年苦慮している。まあ、それでも最近はあまりうるさくいわれなくなったのでありがたい世の中になりました。教員になりたての頃は、万一旅行に行かない人がいると、みんなして
「おお、可哀想に、なんて可哀想な人なんだ!」
と、大まじめかつ盛大に哀れまれたもので、
「俺はそういうのキライだから参加しません!」
なんて、間違ってもいえるような雰囲気ではなかった。
閑話休題、ウチの大掃除はクリスマスの飾り付けも兼ねている。長年の付け足し付け足しで、もはや物置にしているロフトもギュウ詰めであり、今年は大幅に入れ替えることにした。そのためにはまずいらないものを分別し、その後釜が何か、というのを分析してからクリスマスマーケットみたいなところ(値が張るからちょっと…だけど)へ足を運ばなければならない。
 ということで、午後から新三郷のIKEAという家具屋さんに行った。しかし、ここではお目当てのものは何もなし。これほど何もなくてもいいのだろうか。一応、ろうそくとか買えるものは買った。しかし、IKEAのすごいところは品揃えだけではなく、スウェーデン式のお昼ご飯が食える、ということだ。で、フードコートに行ってみたら、こんな↓ケーキを発見しました。
IMG_1154i.jpg
何でも、日本での出店何周年だか何だかの記念メニューらしい。衝動買いしちゃったよ~!気がついてみたら。
でも、これ、なかなかのカラーリングだ。凄い青と凄い黄色。マ、かまうこっちゃない。たべても毒なんかないであろう。

 意外とおいしかったです。クリームは酸味があって、まさに大人の味。よかよか。でも、IKEAでは、クリスマス用品は何もいいところがなかったです。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2014/11/26 02:00 】

糖質制限について  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

演奏会

木枯らしの吹く晩秋の夕暮れ、山の中へクルマを走らせる。そこはなにやら深山幽谷の景色なのだが、驚いたことに、そこに音楽大学があるのである。それも日本有数の。いつもいつも演奏会の招待状が来るのだが、たまにはそれを無駄にしないで顔を出してみようか。何か面白い曲が聴けるかもしれない。面白いアイディアが転がっているかもしれない。仕事帰りに一人でっていうのもなんだか寂しいんだけどね。
 大学の守衛さんの指示に従い、雑木林の葉隠れに自動車を止め、出演者の縁故であろうか一緒に歩いて行くお年を召した方が気の毒に思えるほどの急な坂道を登っていくと(まるで巡礼登山だ)、そこに何と、コンサートホールがあるのである。
IMG_1144i.jpg
演奏会が始まる前の、ワクワクする雰囲気がここにはある。ここに入っていくとなんだか、
「ああ、帰ってきたな…」
と思うのだ。別にこの大学の卒業生ってワケじゃないけどね。外は寒いが、中は温かい。その暖かさと演奏前のワクワク感が相まって絶妙の心地よさなのである。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【 2014/11/21 23:48 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

同窓会メーリングリストの憂鬱

 今年の4月に、高校同窓会のメーリングリストがリメイクされた、ということで参加したのだが…。

何という憂鬱なメーリングリストであろうか。来るメール来るメール、すべて誰それさんが抗がん剤の治療中です。誰それさんがお亡くなりになりました。誰それさんのお葬式はいついつです。

そんなんばっかやん!

ないわ~。こういう不幸の手紙のメール版みたいなのではなく、もっと目出度い話はないのかいな!家内に言ったら、
「ナニ、この歳になって、再婚して、子供が生まれたって?」
確かに!パヴァロッティじゃあるまいし、そんな話が持ち上がったって、かえって恥さらしなだけだ。
 それにしても、この半年ですでに二人も死んでいる。まだ還暦にもなっていないのに。それとも、世の中のアラシク?なんてそんなものなのか。これからの人生って、目出度い話には出会わないようになるってこと?「ご退職おめでとう」とか言われてもたぶんそんなに嬉しいことでもないだろうし。たとえば勲章もらったって、恩師(紫綬褒章)は
「これは要するに、おまえはもう引退して後進に道を譲れっていうことですよ。」
といって笑っていた。そのときはただの冗談だと思ったんだけどね。今にして思えばなかなか複雑な本音ではある。
 本当に、何かめくるめくような嬉しいこと、ないですかね!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2014/11/08 22:49 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

今年のハーヴェスト

 休日の昼間に家にいるなんてことはここ2ヶ月ほど、絶えてなかったことだ。やっとの事で様々な仕事ラッシュが一段落し、乏しい庭木の様子をじっくり見られるという、今日はその久しぶりの日。そして、やはり心配なのが、ひとつしか成ってない柿の実のこと。すでに落ち葉の季節となり、ハッパもあらかた落ちちゃってるから簡単に見つかるだろう、とよ~く目をこらしてみては見たものの、そことおぼしき場所に柿の実はない。
ないではないか!!影も形もない。
そういえば、何日か前の早朝に、鳥どもが柿の木にたかって大騒ぎをしていたことがあったっけ。そのときにやられたか。ハ~、とため息をつきつつふと物置の屋根の陰になっている枝を見てみると、何とそこには4個もの柿の実が色づいているではありませんか。↓
IMG_1141i.jpg
今年の収穫は、正真正銘これでおしまい。まだ渋いかもしれないが、鳥の餌になってしまうのも癪だから、穫ってしまおう。

しかし、もう一つの実のなる木、夏みかんの方は豊作なのである。今までせいぜい8個とかだったのに、今年はついにブレイクしたのか、30個以上の実がなっているのですよ。あと一月もすれば収穫できる。待ち遠しいことでございます。
IMG_1142i.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2014/11/08 20:14 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

お買い物→新たな方面に進出か?

 この頃、オタクな中学生女子(2年)がいて、
「10式戦車は無駄に性能が高すぎる。」
なんてことをいきなり口走ったりする。最近では
「プラモデル(ガンプラ)を作りたいのに、お母さんが…」
などと盛んに言い出した。アニメだのゲームだののヴァーチャル世界から抜け出して、立体化(実体化)しだすという、ひとつの例なのか。それとも日本人の血に深く根付いているモノツクリの遺伝子が騒ぐのか。何にしても実に重畳なことではある。
 まあそれは置いといて、プラモデルが付録についてる雑誌、というものがここ何年かけっこう盛んである。その中に、89式中戦車があって、(こりゃすばらしい!)とは思ったのだが、全部集めると8000円超えになってしまい、、たかが?1/35戦車一台のためにそんな大金を支出するなんてちょっと非常識に(私には)思えてスルーしてしまったのであった。そうこうするうちに、なんだか女子高校と戦車をコラボした荒唐無稽なアニメがあって、そのキャラクターとしてこの戦車のキットが発売され、パッケージを見てあきれ果てていたところだったのだが、89式戦車は89式戦車である。やっぱり興味津々だ。しかもさらにあきれたことに、発売されると定価4200円で、だいたい3800円ぐらいで市中に出回り、品切れになると7000~8000円のプレミアがついてオークションで売り出される、というのを何回か繰り返しているのである。何たる馬鹿馬鹿しさ!
で結局、再々生産となったところで、買っちゃったのですよ、ネット通販(アマゾン)で。は~ハズカシイ…
IMG_1136i.jpg

だが、中身は以下の通り。まさに本式。適当にネットで資料を探して、日本陸軍仕様の塗装で完成させよう。
IMG_1137i.jpg

それにしても、最近タミヤからは第一次大戦のイギリス戦車が発売されたことだし(それもまた値が張ってあきれたが)、今度はそういうヴィンテージな戦車の方向に進んでいく予感もあるのである。でもやっぱりよした方がいいかな~???

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2014/11/01 20:45 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |