FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

ブラックパール号

船長室を作った。
IMG_0601i.jpg

船尾から船首方向を望む。テーブルと椅子、本棚?に地図の山、奥の方には大砲も。
IMG_0602i.jpg
ここまでで75巻まで完成。

ついに最終刊が家に届いた。第135巻。そして、船の模型を飾るケース2万円也の購入案内付き。最後までびっくりでした。
スポンサーサイト



【 2014/05/29 23:12 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

りゅ、竜の巣だ~

 中間テストも終わり、生徒も早帰りしたので、そろそろ帰ろうかと外を見たら、すごい積乱雲!しかもじっと見ていると、裾の方なんかピカピカッとか光ってるし!動きも速い感じで、これがこっちに来たら大変でしょう。
IMG_0594i.jpg
大至急帰りました。写真撮ってみたけど、思ったほど巨大さが伝わらないものです。「大きなもの」の表現はけっこう難しいのね。
で結局、この雲はこっちには来なかったようです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2014/05/22 22:38 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

静岡ホビーショー、そしてBlog Modelers

 5月16日(土曜日)、突如思い立ち、17日(日曜日)朝4時半起床、5時出発で、静岡ホビーショーを見に家内と二人、出かけました。関越を南下し、環八通りも南下して用賀から一路東名高速を静岡へ向かう。するとなんとめでたく7時50分過ぎに会場に到着。
「早く着いたわ~」
と喜ぶが、もうすでに会場の駐車場は満車寸前なんだから、すごいことである。自衛隊の戦車はいるし、縁日みたいに屋台はでてるし、ボーイスカウトの吹奏楽部隊までいて、賑々しく華やかである。トイレに行ったりウロウロしているうちに8時25分、長蛇の列の人間の群れに恐れをなし、喫茶店にて一休みするが、人の波は次から次へと押し寄せて、まさにごった返している。こういう人の大群には最近慣れてないので、始まる前から疲れちゃいそうである。結局9時15分、開始時間前から並んでいた人の群れも少し減ったように感じたので、重い腰を上げて列に並び、9時半頃入場。お目当てのBlog Modeleresのコーナーを探すが、さすがは世界最大のプラモデル展示会、どこにいるのかさっぱりわからない。しかも刻一刻と増えていく人混みの中、あっちこっちで気になる模型だとかにひっかかって探索は遅々として進まなかったが、ついに会場の中程に見覚えのあるロゴを発見した。やれやれ。居合わせた方々にご挨拶をすると、皆さん温かく
「来年は是非」
とおっしゃってくれて、その気になってしまいましたが、さて、作品を完成させることが出来るか、というか手がけられるのか?この状況で。

 偶然「紅の豚」を昨晩DVDで見たばかり。このディオラマは泣かせてくれる。壁面がないが、これは取り外してあるので、壁のパーツを置けば普通のお城になる。
IMG_0553i.jpg

ジーナさんの飛行艇って、かなりしゃれていると思うのだが、ちゃんと停泊しているのも嬉しい。
IMG_0555i.jpg

 中華民国空軍の戦闘機。
IMG_0557i.jpg

 95式戦闘機。
IMG_0558i.jpg
自分的には、複葉機はやっぱりツボです。

 こちらは「日の丸航空隊」さんの作品群。彼のむちゃくちゃ旺盛な制作意欲はどこから湧き出るのであろうか。心底すごいと思います。しかも、粗製濫造などという言葉とは無縁の世界だし。ご本人は以前にお会いしたときよりもやせたようにお見受けしたけれど、単なる記憶違いかもしれない。
IMG_0564i.jpg
IMG_0566i.jpg
 いずれにせよ、文面だけで存じ上げている(しかし実際にはお会いしない)人たちと話が弾むのもとても嬉しいことです。
 
これは今回の白眉(自分的には)。フェリックストゥですね。塗装もシックだし、張線も驚きの200本!Toyさんにいろいろと張り方を教わったものの、ちょっと手出しの出来ない別世界でした。すごすぎる。
IMG_0563i.jpg

 帰りの車内にて家内が言うには、なぜモデラーの皆さんは自分の作品を語るときに必要以上に謙遜するのであろうか。本心では自慢したいはずなのに、
「いやいや、誰でも出来ますよ…」
とおっしゃる。あっけらかんと
「すごいでしょ?苦労したんだよ!」
といえばもっと楽しいのに。

確かに、そうかもしれないが、こればかりは、ねえ。そういう性分なんだから、仕方がないじゃないの。それに、苦労話は自身のブログに書いちゃったりするし。それにしても、せっかくBlogModelersのブースに行ったのに、照れくさくてようよう自己紹介も出来ない、というのも、我ながらいい年をして困ったことである。次回はもうちょっと明るく振る舞うか。ん~~…まあ、要するに、日本人ってことだよ!(たぶん)

 

 で、さらにいろいろ見まくり、それから10時30分過ぎ、コンコースに戻って反対側の、メーカー各社のブースを覗き、KATOのNゲージで扇形庫と転車台が発売されるらしいことを知って勇気百倍となったが、お値段もなかなかよくて¥27,000!!すごいこっちゃ。
でもこいつを使って分割式レイアウトを組みたいものである。いつの日になることやら。

 11時30分、会場を後にして、駿河浅間神社にお参りしたり、お寿司屋さんを探して昼食をとったり、地元スーパーを冷やかしたり、といろいろしてるうちに15時を回り、東名高速へ。そしてさらに事故渋滞とか(7~8台の玉突き事故!)、自然渋滞とかに巻き込まれながら結局帰着したのは19時頃でした。今回の収穫は、
「静岡って、意外と近い。」
でした。相変わらずの韋駄天ぶりでしょ?
【 2014/05/20 00:37 】

プラモデル  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

美味しんぼ:放射能:政治家

「美味しんぼ」は最近読まなくなっちゃったので、昨今問題になっている鼻血のヤツはまだ読んでないが、報道はかまびすしい。要するに、登場人物が放射能が原因で鼻血を出して、福島はまだまだ大変だ!みたいなことが描かれているのであろうか。本当であれば、ある意味「話が違う」わけで、日本中の福島関係者(に限らずすべての国民)にとって重大な問題である。で、なにやら自民党の政治家がみんなして思いっきり「美味しんぼ」の作者をバッシングしたりなんだりして騒いでいるが、なんとコイツら、野党だったときに時の政府(民主党政権)に対して、
「福島じゃ放射能が原因で鼻血とかの症状がずいぶん発生しているんだけど、どうするんですか。」
みたいな追求を盛んにしていたらしい。その際に、漫画でも登場して問題になっている地方自治体の長その人の言葉まで引用して、政府を攻撃していたというのだからまさに噴飯ものである。立場が変わったとたんにこうなるわけか~、と、ある意味感心してしまう。
 だから自民党は信用できないんだ!ということになるのかもしれないが、もはやそんなこと言う気もしないです。政治家ってそういうモンなんだろうな。結局ヤツらにとっては福島の残留放射能なんてどうでもいいのであって、自分の(党の)やりたいことがまずあり、それに対して邪魔立てするものはどんな手を使っても(それこそ言論封殺だってためらわずやっちゃう)排除するという、ただそれだけの考えでしか行動しないというのが政治家というものなのであろう。
 で、実際福島の放射能ってどうなっているんだろうね。けっこう除染も進んだというし、農産物や海産物なんかから検出されません、とか言ってここのところ喜んでいたし、それは嬉しいことだ、と素直に思っていたのだが、かつそれはそれで真実なのかもしれないが、違うところにも現実があるかもしれないね。実際、避難してきて我が勤務校に転入してきた生徒は結局福島には還らず、こっち(埼玉)に落ち着いちゃって、高校もこっちの公立に進学した。いろいろ理由もあった中に、「放射能が怖い」というのも確かにあったのだ。

テーマ:放射能ニュース - ジャンル:ニュース

【 2014/05/19 18:57 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ブラックパール号は続くよどこまでも。

 甲板の板張りをやる。こんなもん、気合い入れて一気にやっちゃわないといやになっちゃうからな。(5月5日)
IMG_0505i.jpg

 結局終わらせちゃった。時刻は深夜1時頃。連休最終日でございます。(5月6日)
IMG_0506i.jpg
 船というものは直線は少なく、甲板の平面形も当然真ん中が膨らんでいます。その形に合わせて板材を切り刻む。職人技ですな。(嘘です。)
IMG_0508i.jpg

ついでに、船首甲板も板張りをする。この時点ではまだボンドが乾いてないので、形を整えていません。
IMG_0507i.jpg
(後でやりました)

いよいよ船長室の作業に入る。派手な赤の内壁をつけ、家具なんかも配置してみる。大砲は、他の大砲に比べて小さいサイズです。
IMG_0536i.jpg

最後尾の窓がついた壁も思い切って接着した。どうなるかと思ったが、意外にあっさり所定の位置にくっついた。(5月14日深夜)
IMG_0537i.jpg
 次は、この船長室の天井を組み込まなければならない。とりあえず天井の部品(板)を仮に置いてみたら、全然寸法が合わないことがわかって、ちょっとショック。飽くなき現物あわせが待っている。
【 2014/05/16 01:09 】

ブラックパール号  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

アナと雪の女王

昨夜、南古谷のウニクスのところの映画館へ行って、3D吹き替え版の「アナと雪の女王」を見てきた。よかったです。
特に、劇中歌の「Let it go」
 歌の場面は、制御できない魔法を多くの市民に見られてしまった女王が絶望して深山へ分け入っていく。そして山の頂上で存分に魔力を発揮しながら氷の城を築き、
「少しも寒くないわ」
とつぶやいて歌が終わるが、その瞬間に氷の扉がバ~ン!と音を立てて閉まるのが印象的である。女王は一人で生きることを決意して自由を謳歌するような歌を歌うが、実際には心が「寒くない」わけがない。その孤独な心と歌の内容との戦慄的なギャップは映画が終わった後にも、時間がたつにつれて、我が心に染み入ってくる。

 いや~、映画って、本当にすばらしいですね!なんて、水野晴郎みたいなことを言いたくなるじゃないか。

テーマ:アニメソング - ジャンル:音楽

【 2014/05/11 00:29 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

バラを捨て植え

 去年の秋ぐらいか、何かでもらった寄せ植えの花の中に入っていたミニバラ?を捨て植にしておいたところ、けっこう頑張って花を咲かせていたのだが、例年になく積もった雪だの何だの、とんでもない冬を越え、暖かくなってきた今日この頃、かなりでかくのさばってきて、花を咲かせている。
IMG_0532i.jpg
この場所はけっこう乾燥しやすくていろんな花を植えちゃあ干からびさせる、というのを繰り返してきたのだが、コイツには合っていたようだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2014/05/10 00:20 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

地球堂復活!久々にストックを増やす行動に出た

 神田の地球堂へ、久しぶりに出向いた。以前に行ったときに、なんだかいろいろ片付けてあったというか、棚が撤去されていてこれから引っ越しか?というムードが漂っていて、ひょっとして店じまい?これはもうおしまいか?みたいに思い、何も買わないで出てきた、というのがあり、忙しくなっちゃったこともあって、何となくその後行かなくなって1年以上たってしまったような気がしていた。

で、どうなったかずっと気になっていたこともあり、久しぶりに足を向ける気になって、神田神保町へ。

 …思わず行きすぎてしまいました。変だな~この辺だったのに…とよくよく見ると、入り口の通路が廃止され、ビルの入り口をふさぐような場所にエレベーターが移動してきている!リフォームしたのか…といつものつもりでエレベーターに乗って三階へ上がると、そこはすぐにお店の入り口のドアとなっている。つまりお店の面積がかなり増えたということになる。すごいじゃないか。

 ということで、いろいろ見聞したあげく、こんなの見つけて買ってしまいました。

IMG_0503i.jpg

 家に帰って箱を開けてみてびっくり仰天。こんな感じです。、もしかして、いにしえのFrog のキットか?見たことないから知らないけどかなり昔のキットという感じである。ちゃんと組み上がるのであろうか。
IMG_0504i.jpg
ま、作るけどね。私はキットのコレクターじゃありませんので。
【 2014/05/04 21:23 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

一周年記念!いよいよ上甲板の方向へ

 このブラックパール号について、記述が始まったのが昨年の昭和の日。つまり一年が過ぎた、ということになるが、まだまだ先が長そうだ。
 しかし、ともかく、いよいよ上甲板である。4枚に分割された合板を梁の上に張る。左舷後部の板だけ色が塗ってあるのは裏表を間違えて天井の色を塗ってしまったのである。そういうのばっかり。(4月16日)
IMG_0469i.jpg

 さらに船首の構造物についても天井板を張るが、ここで驚きの作業が! すなわち、最上甲板の仕上げはいちいち細い板を張り付けて面を構成しなければならないのである。ありゃま~(4月28日)
IMG_0484i.jpg

一方、船尾の方向は船長室の壁だけ取り付ける。なんだか廃墟風である。(4月28日)
IMG_0485i.jpg

 黙々と貼り付けて終了させる。(4月30日)
IMG_0486i.jpg

船縁の板を張ったり削ったりして形を整える。実はけっこうやっかいだった。この後、船縁の内側は黒く塗った。(4月30日)
IMG_0487i.jpg

 船長室の床は板張りではあるが、紙に印刷したヤツを切り抜いて貼るだけのお手軽工法である。カーペットもついでに切り抜く。(5月1日)
IMG_0493i.jpg

 切り抜いたヤツを貼る。全然どうってことない作業。(5月1日)
IMG_0494i.jpg

 デッキの方はそうはいかない。全部一枚ずつ木の板を張っていく。下甲板や中甲板、船長室は室内だったから紙の印刷で、外側に露出する部分はこうなるってワケね。たまりません。(本日)
IMG_0501i.jpg


 元々プラモデルのブログだったはずが、全然違った方向に向かってしまっている。これ、いったいいつできあがるのであろうか。そして、埃をかぶるままとなったストックの、我がクラシックプレーン達はどうなる?!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2014/05/03 23:31 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |