FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

木魚を借りてきた

 よその学校から木魚を借りてきた。「木魚」といっても、お寺でお経を上げるときにたたくヤツではないようであるような…。要するにそれらしい音がする、おかしな格好をした四角い木製のブロックなのだが(まさしく木魚そのもの、という楽器も存在する)、それが音高の関係で大小5個並んでいる。今年のコンクールの自由曲で使うのであるが、ウチの学校にはないのだ。で、知り合いの音楽の先生に頼んだら、
「あるよ~ウチの学校に。貸してあげる。」
ということになったのが、なんと、その学校にはその5連装の木魚が2セットある、というのだ。それというのも、学校備品で購入しようとしたら、相見積もりをとれ、と言われ、二種類の見積書を提出したら、それを事務の人が間違えて両方とも発注してしまった、とのことだ。
 まったく!役所のすることは…!税金なのに!と言いたいところだが、まあ、お仲間の公立中学校がそれで救われるのだから、よしとしようではないか。
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2014/04/22 23:10 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

一人で食べるお弁当について

 今日は、所沢ミューズで「ジョイフルフェスティバル」というのがあって、ウチの部員を連れて聴きに行った。家内がお弁当を作ってくれて「ラッキー」と思いつつ出かけたのだったのだ。
 さて、昼食である。生徒たちは交代でホールから出て行って食べてきたからよかったのだが、自分はなんと食いそびれてしまった。で昼時、仕方なく一人でホールの外に出ると、ありとあらゆる地べたで中学生高校生が座り込んでお弁当を食べている。いいトシこいたおじさんが一人メシをできるようなムードではない。やむを得ず、ステージ裏のオーケストララウンジに入っていくが、そこもいつもの感じではなく、お弁当を広げられるような空気ではない。で、建物の外にUターンし、しかし食えるところなんかない。それで、仕方なく、誰もいないところを探して航空公園の中をずんずん進んでいく。しかし、行けども行けどもベンチには誰かが座ってるのだ。中には、自分と同じような一人メシのおじさんまでいるが、まさかそこに「同席させてくださいな」なんて言い出せるほど私は神経の太い人ではない。で、さらに奥深くまで歩を進めると、ついに誰も座っていない、適当な場所があって、そこで無事にご飯を食べることが出来た。
 おいしかったです。人に見られるのはいやだけど、一人メシはそれはそれで気楽でいいのです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2014/04/20 23:35 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

中甲板上の装備

 きのうまでに塗装した小物を中甲板上に貼り付ける。まあ、単純作業であるから、特に難しいと言うことはない。
IMG_0460i.jpg

 いろいろ搭載されてくると、リアリティが出てくるが、樽はオレンジ色が強すぎたようだ。
IMG_0462i.jpg

長いこと放っておいたせいで、プリントされた中甲板の床が少し色あせてしまったようだ。何となく白っ茶けてる。そこにオレンジ色の樽はアンバランスに目立つのう。モデルカステンの「第一次大戦機木目色セット?」に入っていたクリアーブラウンを塗ってみたのだが…。
IMG_0461i.jpg
 まあ、この部分も上甲板でふたをしてしまえばそれほど見えるものでもないので、よしとしよう。
 これで、おおむね雑誌の61号までに当たる部分が完成したことになる。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2014/04/13 23:35 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

いろいろ進める

樽とかロープとか、木箱とか、酒瓶とかはしごとかを塗装する。写真中央にある長い棒のようなのは、大砲の弾をストックしておくケースらしい。
IMG_0464i.jpg

大砲の弾のストックを作る。小さな金属の玉を一個一個接着していく。9×8 と8×1。作業しているテーブルから床の上に落としちゃったらコトだ。数ぴったりしかないんだもんね。
IMG_0463i.jpg


ついでにいろいろ整理してみたら、100号あたりから届き始めたストックの中に海賊たちのフィギュアがあるので、ひとまとめにした。
IMG_0465i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2014/04/11 23:25 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

大砲を搭載

 大砲を搭載するにあたっては、一門につき五カ所を細いひもで結わかなければならない。それが10門あるわけですので。もう最初からギブアップでございます。ということで、一本のひもをジグザグに通して固定する方法をとりました。
IMG_0446i.jpg

 外側から見ると、片側に9門の大砲が、その大時代的な砲口を舷側に覗かせている。実際にはさらに上甲板にも大砲が搭載されるので、スケルトンになっている右舷中甲板の6門を除いて、全部で24門の大砲が搭載されることになる。
IMG_0447i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2014/04/07 01:59 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

大砲の搭載開始

中甲板の装備品やら小物やらを組み込まないと先へは行けない。まずは大砲を搭載しなければ。
IMG_0467i.jpg
大砲はロープで固定されているらしい。実際のところ、模型だからロープではなく、たこ糸のような太めの糸に過ぎない。それをどうせよと言うのか。

IMG_0466i.jpg
一つ一つやるしかないだろう。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2014/04/05 23:19 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |