FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

定期演奏会、終わったぜ

 きのうは我が吹奏楽部の定期演奏会。基本的にとてもよい演奏会であったのだが、唯一にして巨大な大失敗、それは日程の設定であった。すなわち3連休の中日。よく考えたら、人来るわけナイよな~。例年になく、中学生・小学生の姿がなく、客席が寂しかった。
 でも、今年のコンクールに向けていろんな意味での指針がたったし、生徒もこの活動を通して二回りぐらい成長したし、士気も上がったし、3年生も無事に巣立っていったし、来てくれたお客さんにも(アンケートを見る限りでは)満足してくれたみたいだし、本当によかったよかった。
 といっても本当のところは、9月から全面的に協力体制にある外部コーチの手柄なのだ。今回の定演はプロデュースをほとんど任せてしまったのだが、やはり、若いヤツはすごい。頭は柔らかいしエネルギッシュである。ポップスステージなんかも演劇仕立てにして、台本も彼の弟が書いて、役者の生徒のセリフ回しからタチまで徹底的に指導し、完成度の高い舞台を作り上げてしまった。
 それにしても、ほっとしたわ~。もう、何日も前から、
「あと○日頑張れば…」
という状況になっていて、その割に、あれもやってないこれもやってない、というのが山盛りで、不安がいっぱい。練習も思ったように出来ないし、ずっと悪夢の中に暮らしていたようなものだった。
 そういうわけで、今日は完全休養だったが、明日からまた頑張るぞ!

 ちなみにそのコーチとは、実は我が息子なのであります。現場では親も子もないけどね。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2014/03/23 23:07 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

サイドにラインを入れる

舷側に二本の帯状の飾りがついていて、それを貼ることになっている。先にヤスリがけをして、黒く塗った細い角材を、またもや水に浸けてクセをつけながら木工ボンドで張る作業。
IMG_0348i.jpg

まあ、けっこう慣れてきたこともあって、わりにすぐにできた。
IMG_0350i.jpg

 でも、船尾の一番最後の場所は…!左右の高さが違っちゃってる。
 IMG_0349i.jpg
知らんわ、もう!この期に及んで、手に負えない。もうどうにでもなれ!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2014/03/17 23:50 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

バイクが壊れた。

バイクが壊れた。3月8日。朝出発して、いつものように軽快に走って、県道との交差点にさしかかって赤信号で停車すると、アラ?…エンジンが止まった。そのまま全然動かない。これはもうヤバい。何しろ前回は1月の下旬である。たったの一月ちょっとでこれではいよいよもうダメなのか?
 その日は止まっちゃったのが自宅近くだったので、職場に連絡を入れてバイクを押して家に帰り(それだけでもヘトヘトに)、近所のバイク屋さんの開店を待ってまたもや押して行って、預けてきた。
 ところが、いつまでたっても、どうなりました、という連絡がないのだ。まあ、ちょうど年度末だし、消費増税前の駆け込み需要もあってメッチャ忙しそうだったし、こっちもとりあえずもう一台のバイクを使えるし、ということでそのままになっていたのだが、それにしても連絡ないので、きのう顔を出してみると、そこの旦那さんがものすごく申し訳なさそうな表情で、
「修理はおすすめできません…」
ついに来るべき時が来たか…。すでに3万キロ以上を走ってあちこちくたびれてしまっていたし。寿命ってもんがあるんだよね、どんなものだって。

 がっかりして、家に帰ってきましたとさ。
【 2014/03/16 07:33 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

喫水線を決めて色を塗る

 喫水線の下書きをするのに、雑誌ではなんだか見たことのない、理科の実験で使う漏斗をキープするような器具に鉛筆を固定して使ってたりしていて、妙に専門的である。そんな不思議な器具が家にあるという時点で、かなり特殊だと思うのだが、こっちは帆船模型に関しては全くの素人である。でもなんとかしなければならないのだが…。
 いろいろ手の届く範囲で、たとえば塗料のビンのふたにセロテープで鉛筆を固定したりとか工夫したんだけど、結局こうなった↓ 簡単で効果的だ。見事なモンだろ?と自画自賛する。
IMG_0335i.jpg

 ということで、無事に船底に色を塗ることが出来た。使用したのはタミヤのアクリルカラーで、つや消し黒である。プラモデル用の塗料は、木材に塗るにはあまりのびがよくないので、ちょっと手こずった。
IMG_0338i.jpg
 しかも、これが正解だったかどうかもよくわからない。雑誌ではハンブロールを推奨しているようだが、そんなの使ったことないし、どこに売ってるのかもよく知らない。プラモデル専用の塗料なのに、プラモデル屋さんであまり見たことがない、というのも不思議な塗料ではある。

 船尾のほう。
IMG_0339i.jpg

 船首のほう。
IMG_0340i.jpg
 よく見るとムラだらけだが、どうしてもうまくないようなら後でリタッチしようか。ってところ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2014/03/11 23:17 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

外版張り、終わったぞ~!

 やっと終わった。大変なこっちゃ。
IMG_0323i.jpg
しかもよく見ると、隙間だらけだ。うまくないのう。
IMG_0325i.jpg
継ぎ目もあちこち浮き上がっている。
IMG_0324i.jpg
船尾の方はうまくいったが、それは実は右舷だけで、左舷はそれほどでもなかったりする。
IMG_0326i.jpg
ここで55号が終わったことになる。次はこの表面にサンドペーパーをかけまくり、喫水線の下に黒を塗る、ということになっている。こんなおかしな曲線のどこを喫水線にしろというのか。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2014/03/10 19:04 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |