FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

かわいそうなピアノ

 ピアノの調子がおかしい。真ん中へんのファ♯の鍵盤が戻ってこない。グランドピアノでよくあるやるだ。原因はたいてい湿気なのだが、今回のはそんな感じでもないかもな~、でもこれは修理を依頼しなければ授業にかかわるな~とか、困っていた。
 ところが、この間の1年生の授業の時、やっぱりファ♯が戻らないのが頻発する。困ったな~と思ったら、ある男子生徒が、
「どうしたんですか。」
「イヤ~、これこれこうなのよ。」
「どれどれ」
たいていこういう場合は事態のより一層の悪化を招く。そして今回もまた例外はなかった。その生徒が無理矢理俺を押しのけてガタガタやってるうちに、ファ♯は全く動かなくなってしまった上に、何とファの鍵盤まで戻らなくなってしまった。
「どうしてくれるんだ、コノヤロー
と、そいつをどやしつけて追っ払ってみても後の祭り。だが、これはおかしい。何かある。やむを得まい。あまりやりたくないが、ピアノを分解して、中身を覗くことにした。実はグランドピアノというものは整備性を考えてか、ある部分まではけっこう簡単にバラすことができる。あまりにも簡単なので、うっかり生徒の前ではできないほどだ。何しろ、知ってしまえばやりたがる、グレムリンみたいな連中ばっかりだからな。
 というわけで、そのすぐあとの空き時間に、いろいろ内蔵を引っ張り出してみたところ、何と、画鋲が!鍵盤のアクションの奥にはさまっているではないか。しかも、さっきのヤツがいじくっているうちにその画鋲がいい具合に落ち込んでいって木製の枠に刺さってしまい、アクションを押さえ込んで完全に動かなくなってしまっていたのだ。結局それを取り除くことで、ここ何日かの悩みが雲散霧消し、よかったよかった。

 それにしても学校のピアノはかわいそう。直射日光に晒され、生徒のトーンクラスター攻撃に晒され、ネコ踏んじゃったばっかり歌わされ、内側にはプリントとか鉛筆とか落とし込まれ、酷使の上に酷使を強いられる。しかも、ロクに調律もしてもらえない。ウチの市では年に一回の調律費用がピアノ2台分認められているが、ピアノは3台あるんだよ!つまり一番日の目を見ないピアノはもはやホンキートンク状態だ。こんな運命に晒される不幸なピアノもあるんだってこと、みんなに知ってもらいたいよ!
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/09/22 07:00 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

これもゼロ戦のうち?

 台風だというのに、一家で昼飯を食いに出かけた。ちょっと大きなショッピングモールで、「串家物語」で串揚げの食べ放題、最近テレビ番組で紹介されていたので、、いったわけですよ。

 それにしても大きなショッピングモールであった。なにしろ、普通こういうところにはまずない、「プラモデル屋さん」があったからな!RCカーとかミニ四駆のコースなんかもあってどっちかというと興味ないのであるが、なんかまたしても
「やってもうた」
をやってもうた。つまり衝動買い。1/72というスケールに引かれた。こういうことばっかしてるからストック増えるんだよな~わかってるんだけど!
かつて「コスモゼロ」という名で出ていた宇宙戦艦ヤマトの艦載機である。リニューアル版でははっきりと、零式52型艦上戦闘機となっているが、こっちのゼロ戦は史実と違い、物語の中で猛烈な重武装を施され、大きな敵宇宙船を次々に撃破していく。さらに驚きなのは、この機体の専属パイロットが女性だということ。
DSC_1008s.jpg

部品点数、多いわ~。翼につり下げるミサイルなどのweaponがけっこうな数だし、何よりも、機体の塗装に合わせてモールドの色がいちいち変えてある、マッチボックスの拡大進化形。とは言ってもバンダイでは昔からガンプラで培ってきた方法で、どうってことでもないのかも知らんが。その割には、銀色の設定となっている機体主要部のモールド色がライトグレー、というよりほとんど白に近いのがどうしてなんだか…。
DSC_1009s.jpg
まあ、さっさと作ろう。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/09/16 23:53 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

命取りの書き込み

自分には全く理解できないのだが、なぜこういうことが起きるのか。




威力業務妨害:川越市職員を逮捕 女子高学園祭、ネットに妨害予告容疑 /埼玉

毎日新聞 2013年09月14日 地方版

 インターネットサイトで「学園祭を荒らす。女子生徒に乱暴する」などという趣旨の犯行予告を書き込み、県立女子高校の業務を妨害したとして県警サイバー犯罪対策課と川越署は13日、川越市木野目、同市職員、池田直弥容疑者(44)を威力業務妨害容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は8月23日ごろから同30日ごろ、携帯電話でネット上の掲示板に、同校が14日に予定している学園祭で「(生徒を)トイレで拉致する」などと2度書き込み、同校の教職員に緊急対策会議の招集や生徒指導の資料を作成させるなど業務を妨害したとしている。

 県警によると、池田容疑者は「他人から注目されるのが楽しくて書き込んだ」と容疑を認めているという。9月に県警職員が書き込みを発見して学校に連絡した。【須藤唯哉】



 最近のネットの書き込みから犯罪に発展することなんかがけっこう頻発して、今ではそういう危ない書き込みについてはけっこうその筋でチェックを入れているというのは誰でも聞き及んでいるのではないか。そして、誰がどこに書き込みをしたのか、というのは特定できるようになっていることも、知れ渡っている話のはずなのだが。
 それなのに、それなりの職業に就いているいい年をしたオッサンが、こういうことをする、というのは何なんだろうか。これが14歳15歳の洟垂れ小僧の冒険で、というのならまだ話はわかるのだが…?そして、たった一発のクリックで引き起こされる結末の重大さを考えれば(控えめに見ても懲戒免職だよね、こりゃ)全然引き合わないのは、誰の目にも明白だよな~。
 川越市、といえば我が住まいにもけっこう近い自治体である。だからなのか、なんだかやな話だよな~、とことさらに思った。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/09/14 20:08 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

一夜にして英雄に

 猫を飼っている。アメリカンショートヘア。といっても色は黒一色で、要するに顔がぺちゃんこの単なる黒猫だ。おまけにアゴにちょっと支障があっていつでもキバを剥いている。飼い主の家族へはロクになつかないくせに物見高くてウチの音楽教室に訪れる小さい子なんかにくっついていっておびえさせちゃうし、もともと飼ってた犬は虐めるし、犬のエサを横取りしてブクブクとでかくなっちゃうし、布張りのイスの背もたれで爪を研いでボロボロにしちゃうし、ウンコは激クサだし、で飼っててもいいことなんか全然ない、いてもらっちゃ困る猫なのである。しかも、地方の大学で下宿していた次男が寂しさのつれづれに勝手に飼いはじめ、なし崩しに転がり込むという最悪の経過をたどって我が家に現れた全くの員数外、まさにごくつぶし。(じゃあ何で捨ててこないのか?)

英雄のポートレイト
DSC_1007s.jpg

 だが、そんな邪魔者にもついに転機が訪れた。今日、なんと、このところの湿った天気に乗じて家の中にまたしても入り込んだゲジゲジを退治したのである。 

彼はたちまち我が家の英雄となったのであった。運命というのはわからないものである。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【 2013/09/13 19:44 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アニメーション

 宇宙戦艦ヤマトがリメイクされて放映されているらしいと、何週間か前に偶然(ネットで)知り、見なきゃ、と思っていて、ゆうべから見始めたらはまってしまい、第18話まで見てしまった。
 なんか、右舷・左舷を「みぎげん・ひだりげん」なんて言ってて、こんな読み間違いも最近ではスルーされちゃうのか、なんて最初は思ったのだが、実は海自なんかではそういってるらしい、というのもわかってけっこう興味深いことである。思えば遥か昭和40年代終わり頃?に最初のテレビシリーズが放映されていたと記憶するが、その当時のアニメに比べるといろんな意味で隔世の感がある。ただ、メカのディテールとかや女性の登場人物のプロポーションなんかはずいぶん実感的になったのだが、男の登場人物は昔に比べて妙に幼い感じに見えるのは時代を反映しているようでなんだか複雑だ。戦闘シーンの迫力はすごい。いい年して思わず夢中になるほどだ。何よりも、宇宙船の航行する効果音や音楽が昔のままというのは、かなり根本的なイメージがそのまま保たれるのでありがたい。

 最近見た「風立ちぬ」とか「ラプンツェル(日本じゃないけど)」とかを見ても、アニメーションのグレードがどんどん向上しているのがわかるし、アニメが日本発の新たな文化として地位が確立されているということも実感できる。ワクワクするね。

テーマ:宇宙戦艦ヤマト - ジャンル:アニメ・コミック

【 2013/09/11 23:58 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

オリンピック

東京にオリンピックが来ることになった。それはまあいいのだが、テレビの内容がひたすら五輪招致成功おめでとうばっかりで、正直またその話題か!とうんざりである。つまらなすぎるぞ、テレビ!

それにしても、いざというときの皇族の存在感ってのは、すごいもんだな~、と改めて思う。スピーチの内容もさることながら、そこにただいるだけで、全然雰囲気が変わってしまう。重みが全然違うじゃないか!
さすがは、世界で唯一の Emperor の眷属だけのことはある。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/09/09 21:59 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

オスプレイその6

 組み立ても終わり、あとはデカールのみとなった。面倒くせ~!なんだか機体の注意書きがものすごくたくさんあって、とてもじゃないがやりきれない。しかも、機体の塗色と同じ色の注意書きって意味あるのだろうか。なんかテンションあがらんな~。
DSC_1004s.jpg
 しかも、久々にとんでもないミスを!胴体後部上面に貼るはずの、黒いシマシマのデカールを貼り損ねてダメにしてしまった。これは水平尾翼にもつながる面積の大きなデカールで、それを小分けにすればよかったものを、無理にいっぺんにやっちゃおうと思ったのが間違いのもとでしたね!
 だが、部品の請求書によると、デカールは何と1000円もする。キットの元値が3400円で、これをリカバリーするために新たにデカール1枚を注文するべきかどうか、正直悩んでしまった。けちくさいけど、物入りなんですよ、このところ!
 しかたがない。ここで一時中断ですかね~。それにしても、このデカールをやってる最中に、テレビでまたもやオスプレイの話が出ていた。なんだか本土のどこかの基地で訓練をやるらしい。うちのキットはトホホな運命をたどっているのだが、実機の方は華々しく活躍中というわけですね。めでたいことだ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/09/06 20:36 】

Osprey(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

常に何かの陰にいるか

 昨日に引き続き、デカールを貼った。
DSC_0995s.jpg
 FUJIMIのデカールって、なんだかおざなり。キットそのものはいいのに、何でこんなに安っぽい色で、しかもサイズもなんだかデタラメ臭いんだろうか。胴体の四角も大きすぎる感じだし、主翼の日の丸は妙にオモチャっぽいし、味方識別帯の黄色も、何でこんな安っぽい色で太さもいい加減なの?そういえば98式水偵のデカールも、発色もサイズもさっぱりダメだった。モールドとか組みやすさとか基本的なところはしっかりしているのに、なんだか「プラモデルという製品」としての完成度がちぐはぐなんだな。
 しかたがないので、せめてこの黄色は上から塗り直しましょう。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/09/04 20:08 】

零式観測機(中断)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

常に何かの陰にいる

 主力戦闘機や爆撃機などの陰に隠れてなかなかスポットライトを浴びない飛行機。「観測機」というのもそういうジャンルの飛行機かな。我が航空廠においてもいつも何かの作業の合間にちょこっとずつ進めてきたような。
 しかも、翼間張線がいつもやってるヤツより太い感じなので、どうするか悩んでいるうちにずっと放置状態になってしまった。おまけにフロートがついて背の高い複葉機ということもあって、仕掛け品を片付ける場所にしまっておけないため、リビングのそこら辺に置きっぱなしになるわけですよ。つまり、破損の遠因にもなるし、長期にわたれば完成前にホコリの付着等で汚れてしまうことも考えられる。困ったことです。

 ということで、もう余計なことは考えずに片付けちゃおうか。上翼上面の塗装をちゃんとやって、翼端灯の透明部品など、残っている最終的な組立を行ってしまいました。
DSC_0994s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/09/03 23:56 】

零式観測機(中断)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |