FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

藤圭子

先日自ら命を絶ったことで、このところ藤圭子のことがテレビでしょっちゅう取り沙汰されている。以前は、というよりこの人が全盛だった頃は、暗い演歌なんて嫌いで、ろくに聴いてもいなかったが、あらためてテレビから流れてくる「新宿の女」とか「夢は夜開く」とかは、すげ~なー、と思ってしまう。あの独特のハスキーボイスを巧みに利用して情念たっぷりに訴えかけてくる歌唱の技術はそう簡単にマネができるものではない。怨歌とはよく言ったもので、まるで鬼火が飛んでいるような勢いで聞く人に迫ってくるじゃないか。自分として好きなジャンルの音楽ではないにせよ、物凄い芸だったんだな~、と感心してしまう。 それにしても、残念な死に方である。そういえば、エルビスプレスリーもマイケルジャクソンもあまりよい死に方はしなかったが、天才的な人はやっぱり普通の人生を送れないものなのか、考えちゃうね。ロッシーニとかヴェルディ、伊福部昭みたいな、天寿を全うした天才達の生き方こそを、才能あふれる芸術家は見習って欲しいものだ。
スポンサーサイト



【 2013/08/27 20:34 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

眠い!

 朝からアンサンブルの楽譜を書いていた。眠い!でも作業は進んだ。

 暗くなりかけた頃、近所の盆踊りにご祝儀を出そうと出かけた。生ビールが出たので、飲んだ。ビールを飲むのは久しぶりである。よく冷えていておいしいです。それにしても、糖質制限はどうなるのか。ここ何日も、恐くて体重計に乗っていません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/08/24 19:13 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ブラックパール号山積

 まだ35号の部分をやっているのだが、ストックは増える一方。我が食卓の脇をどんどん浸食して行くではないか。これはもう放っておけない。はずなのだが、やっぱりさっぱり進まない。千里の道も一歩から。ちょっとでも進めなければ。
 まずは中甲板の大砲群を組み立てなければいけない。12門。
DSC_0981s.jpg

 できた。ここは塗装をせずに、素材の持ち味を生かそうか。
DSC_0982s.jpg

 一方船体は、というと、外版の下張りをするが、なかなか進まない。というか、この外版を貼りつける作業は想像を絶する面倒くささである。ボンドが乾くまで押さえてなければ終わらない~~
DSC_0983s.jpg

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/08/21 23:14 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

東北へ:4日目

 秋田・山形旅行最終日。今日はまず初日に行きそびれた加茂水族館へ向かう。ここはクラゲの展示にかけては世界で一番種類が多い、とギネスに認定されている。それもきっかけになったのは、クラゲの水槽の前によく中年男性がたたずんでジ~~っと見ていることが多く、時の館長が
「クラゲ中心にやっていくとウケるんじゃね?」
とアイディアを思いつき、それからというもの、入場者数が増えていって、今では人気の水族館なんだそうな。現に今、新たな建物をすぐそばに建て直して、来年あたりリニューアルすることになっているらしい。そして、それまでは来る人もいなくて閉館寸前だったという。
 確かに、改めてよくよく見るとクラゲというのは神秘的な動物である。毒を持つ種類も多く、大量発生して漁の邪魔をすることも多く、海の嫌われ者でもあるのだが、海に浮かんで泳ぐ姿は独特で、癒し効果がある、とされるのも納得だ。だが、ここでもやかましいガキが大量発生していて、鑑賞の妨げになることおびただしい。だが、よくよく見ると、ちゃんとした親子と、クソガキ一家は明確に一線が引かれているね。きっと将来身分の分化が起こっていく、これは萌芽なのであろう。時代の流れだからしかたがないんだろうな。

 さて、水族館をあとにして暫し海沿いの道を行くと、羽越線に貨物列車がやってきた。いかにも貨物用、という面構えの電気機関車が牽引している。
DSC_0979s_20130823014915e53.jpg
 で、列車の写真を撮って、さて帰路にかかろうか、と思った瞬間、ヤベ~!宿に氷を入れた水筒を忘れてきたことに気付く。中身の氷や飲み物は大して惜しくもないが、水筒2本はきつい。何しろ、やや無理をして大枚はたいた真空二重構造の保温水筒なのだ。取りに行くしかないね、ととって返すが、途中激しく雨が降る。こんなところで降ってないで、群馬の山奥に降れよ!と天に向かっていいたくなるが言ってもしょうがない。

 さて、水筒を取り戻して、再度帰路につく。今度は、農協とか(野菜を物色)いろいろ寄り道しながら、しまいには関越道に乗って20時30分、家に帰ってきた。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/08/20 23:46 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

東北へ:3日目

 今日は田沢湖方面から鶴岡周辺に戻って宿を取り、明日早くからクラゲの水族館に行こう、というプランで、まずは田沢湖向けて出発だ!だが、天気が悪い。思えば今月に入ってから田沢湖の周辺は猛烈な雨が降り、大変なことになったというのに、またもやそのレベルの雨が降るかも知れない、という予報なのに、何でそっちへ行っちゃうかな~。

 到着した。遠かった。雨降ってた。ここに滞在する間だけ雨やんでた。この、不思議に青い湖の水の色と、金色の像の取り合わせが美しい。
DSC_0967s.jpg
お社もあって、「御朱印あります」という張り紙もあったのだが、どこでお受けできるのかさっぱりわからない。
DSC_0970s.jpg

 その後、角館あたりへ行けば昼食が食えるかな、みたいなノリで先へ進んでみると、そこは佐竹家ゆかりの土地らしく、武家屋敷の街並みが実によい風情を出していた。で、街の外れにある郷土料理のお店に入ってみると、なんだかアンティークな感じで、これはこれで良かった。しかも、二階がちょっとした博物館みたいになってる模様で、それも見られたので、楽しかった。
DSC_0977s.jpg

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/08/19 23:57 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

東北へ:2日目

 さて、二日目は男鹿半島を堪能しまくろう、というプランである。まずは、きのう行きそびれた水族館であるが、男鹿にもあるというので、その「男鹿水族館GAO」にいった。大きな水槽の中に大きな魚が縦横に泳いでいる光景は圧巻である。暫し呆然と見とれているが、なんだか行儀の悪いガキが多い。キーキー猿みたいにわめき続ける奴とか泣き叫ぶガキとか、そういうのを放ったらかしにしておく鬼畜母とかマジムカつく。最後に、すごくでっかいシロクマが水泳をするド迫力の光景を見て、出てきた。

 で次は、やっぱり男鹿と行ったら「なまはげ」でしょう。ということで、「なまはげ館」へ移動する。すんごい山の中にある。だいたい男鹿半島というところは、山と田んぼしかない、どっちを見渡しても緑一色の素晴らしい自然が残っているところである。今時日本にこんなところがあったのか!と驚かされる。
DSC_0955s.jpg
 なまはげの展示はかなりの迫力があるが、ここでもうるさいガキが多いのはどうしたことか。なんだかこの旅全体を通して、行儀の悪いガキ(サルと何ら変わらない)に悩まされるのだが、お盆の時期だからしかたがないのかね~。親はバカンス気分。子供は羽を伸ばして傍若無人にやりたい放題だし、じーちゃんばーちゃんも昔のように小うるさくなくて、何でもチビどもの言いなりだもんね。そういうガキに一矢報いるための「なまはげ」でもあるまいに!とも言いたくなる。隣の「伝承館」ではなまはげの実演なんかがあって、じつに興味深いものであった。

 途中で、またも「ババヘラアイス」を食べる。きのうは写真を取り損ねたので、今日はちゃんと写メしてから食す。
DSC_0959s.jpg
 だが、(旅をするとどうしてもそうなるのだが)糖質制限はもはや完全に破られてしまった。

 男鹿半島の先端、入道崎へ行ってみる。ところが、天気が悪く、お土産屋さんも次々に店をたたんでいる真っ最中。なんだかわびしいムード満点である。灯台にも上れる、という話だったが、なんだか意気消沈してパス。ソフトクリームを探して、まだ開いているお土産屋さんを物色して、男鹿黒い塩ソフトクリームを食した。思ったよりいける。本当はなまはげソフトクリームにしようと思ったのだが、そっちは今日は仕舞いなんだって。でもかえって良かったかも知れない。
DSC_0961s.jpg

 戻りは海沿いの道をことさら走ることにして進んでいくと、こんな↓
DSC_0963s.jpg
学校の廃墟を見つけました。子供がいない、ということは人口が減ったということでもあるし、過疎化が進んだということでもあるし、何しろさびしいことである。ここは建物がほとんど傷んでなくて、ただ単に草に埋もれているだけのような状態だったが、いずれどこからともなく崩れていくことであろう。

 で次は「その後の八郎潟」を見に行きたくなって、寄り道をした。八郎潟といえば、大規模稲作のパイオニアみたいな鳴り物入りで干拓し、社会の教科書でも大々的に取り上げられたにもかかわらず、その後の減反政策で青田刈りをさせられたり、とにかく時々の政府の方針によってやり方がころころ変わって、いろいろ問題になった場所である。どこまでもまっすぐの碁盤上のような区割りの道を走ったりして見学(見物?)し、それから今晩は能代方面で宿を取りました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/08/18 23:07 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

東北へ:1日目

 まずは、山形県の鶴岡というところに、クラゲ専門の水族館があるという。面白そうじゃないですか。ということで朝6時半、出発して関越をひたすら北上する。途中から北陸道になるがさらに北上し、高速道路が終点になってしまってもなお北上して、海辺の道を進むと、昼近くになってやっとのことで、その「加茂水族館」というところに到着した。ところが、小さな漁港のすぐ脇にある小さな岬に立つその水族館はすごい混雑で、猫の額のような駐車場も車であふれかえっている。思えば今日は土曜日ではないか、それもお盆の。
 で、予定を変更し、国道7号を北へ進むと、鳥海山の大物忌神社があって、そこに立ち寄る。
DSC_0949s.jpg
 なんだか本当のお社は山のてっぺんにあるらしいが、そこまでは行かれないので、ここの社務所で御朱印をいただき、登ったことにする。

 さて、国道7号をさらに北上すると、「白瀬中尉記念館」なる看板が見えてきて、お、こりゃ面白そうだ、とばかりに車をそちらへ向ける。自分はその時点ではどうも「広瀬中佐」と勘違いしていたみたいで、行ってみたら南極探検の記念館だったのでびっくりした。
DSC_0952s.jpg
 でも、面白かった。極地探検用の雪上車(実物)などの展示や、南極探検の由来など、さらには東京の国立科学博物館に剥製になって展示されている犬(ジロ)の由来なんかも知れて、興味一入であったぞよ。
 その後は、道路っ端でうわさの「ババヘラアイス」を食べたりなんだりして、秋田市内で宿を取った。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/08/17 23:37 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

成田空港

ここのところ成田空港へ行くことが多くなった。娘がイタリアと日本を行ったり来たりするので、そのたびに迎えに行ったり送りに行ったり。今日も朝6時前に出発して空港へ。途中、高速道路に乗らないでナビの通りにすると田舎道だとか、古い町並みなんかを通ったりするので、こんな↓素晴らしい建造物に出会えたりする。
DSC_0946s.jpg
 他にもたくさんあるのだが、信号待ちでスマホを構えて、とかやってると
「おっこれは!」
と思ったうちの10回に1回ぐらいしかシャッターチャンスがないのがつらいところだ。

 で、予定よりやや早く着いたので、お茶を飲みながら第1ターミナル南ゲートの様子を見ている。中央の、シンガポール航空の機体はもしかして世界最大の旅客機、A380かいな。総二階建てで妙にずんぐりしているしバカでかいエンジンポッドが妙に目を引くのだ。
DSC_0947s.jpg
このほかにも、トルコとか台湾とかの飛行機が続々と出たり入ったりしていて、賑やかである。このままどこかへ行ってしまいたいのう。

 そして、娘は無事に旅立った。

 帰りは、いつぞや偶然見つけた「国立歴史民俗博物館」というところに行って、閉館間際まで粘り、帰ってきたのは20時をまわっていた。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/08/16 23:33 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

さいたま文学館

校歌の特別展をやっているということで、これは見に行かなければ。で、今日決行ということにした。JR高崎線のとある駅のそばにあるという、そのさいたま文学館へ向けて出発、40分ほどで無事到着する。 結論。つまらなかった!埼玉県の校歌とか言って、ただ集めただけじゃん!もうちょっと見せ方考えろよな!と言いたくなる困ったていたらくだ。しかも、県内の校歌の録音をずっと館内放送で流してるもんだから、うるさくて楽譜が読めない。音楽関連の展示だから、音がなければしょうがないというステレオタイプの考え方もわかるが、本当は、楽譜を展示する場合はBGMは困るのだ。 まあ、普通の人には理解できないだろうけどね。
それにしても、さいたま文学館。常設展もなんだかコンセプトもよくわからないし、わざわざお金払って見に行くほどのものとはとても思えない。困ったハコモノなのかもね。
【 2013/08/14 16:15 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

オスプレイその5

 アンテナいろいろつけて、ざっと機体の塗装をして、ほぼ組み上がったのです。これからマーキングに移りたいと思います。
 と、その前に、パイロットのフィギュアを着色しなければならないか。
DSC_0943s.jpg

ギミックとしては、エンジンが実物同様頭を振るので、ローターが上を向いたり前を向いたりする。残念ながら、実物のように二つのローターが連動して回転するわけではない。
DSC_0944s.jpg
ちなみに、このエンジンとローター(プロペラ?)はポリキャップで差し込んであるだけ(つまり取り外し自由)なので、小さくしてしまっておける。なんとうれしいことに、元のキットの箱に収まってしまうのである。

 この記事を書いている最中にテレビのニュースで、沖縄にオスプレイが追加で配備され、住民が抗議行動をしているというのを報道していた。実物が飛んできて着陸する映像とか、マーキングなんかも鮮明に映っていたが、現用機というのはモデラーにとっては都合がいいですね~。でもあまりフィクションとか、わからないところを想像で、みたいなのを入れられないね。

 オスプレイも安全であるならば、事故の多いヘリコプターの代替としてどんどん配備される方がありがたいはずなんだけどな~。でも、実際米軍基地のそばに暮らしている人にしてみれば、冗談ではない、ということだし。それにしても、自衛隊でもこういう便利な飛行機を導入した方がいいんじゃないか、と思いますね、安全ならば。とにかく、C-1とか、エンジン音がうるさくてマジ迷惑だし。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/08/12 20:05 】

Osprey(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

オスプレイその4

 お盆休みだ。想像を絶する猛烈な暑さだ。高速道路は大渋滞だ。というわけでもないが、朝からオスプレイに取りかかって没入していた。
 大まかな組立は終わったので、機体の塗装と主脚など小さな部品の取り付けにかかるが、もっと小さなアンテナ類などはどうしたものか。

 ということで、主脚を組み込んで養生中の写真。
DSC_0940s.jpg

そしていよいよこの機体の象徴的な部分、ローターの組み立てに入ろうかというところ。
DSC_0941s.jpg

さらに、そのローターを仮組みしてみるとこんな感じになる、という写真を撮ってみたら、あんまりいい写真じゃないのう。せっかくのローターがいろいろなものとかぶってよくわからないじゃないか。↓
DSC_0942s.jpg
とはいえ、オスプレイのかなり非現実的な、異形の姿が現れてきた。
 きのうの「風立ちぬ」で、完成間近となった逆ガル翼の9試単戦初号機を見て本庄という登場人物(実在の人)が
「こりゃアバンギャルドだ…」
と感想を述べる場面があったが、それにもましてこりゃすごいワ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/08/10 16:50 】

Osprey(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

風立ちぬ、見てきました!

 ジブリ作品をロードショーで見るとは、初めての体験である。だが、我が尊敬する人物の1人、堀越二郎の話となれば、行かないわけにはいかない。ということで、「風立ちぬ」、見てまいりました。お話そのものはそれほど起伏もなく、どうというものでもなかったが、わかる人にはわかる様々な仕掛けが実に楽しく、絵も美しく、背景も素晴らしい。鉄道風景もかなりなものだが、中でも碓氷峠越えのアプト式電気機関車なんかまで出てきちゃったりして、サービス精神旺盛じゃのう。
 もっとも、家内は
「何で飛行機の話と「風立ちぬ」が結びついてんの?」
と不思議がっていたが、こっちは元々の「風立ちぬ」(サナトリウムの暗~い話?)を知らないので、よくわかりません。

 映画館でこんなグッズを売ってたので、買ってきました。
DSC_0937s.jpg
 ホント、こういうのに弱いんだよな~。
DSC_0939s.jpg

テーマ:スタジオジブリ作品 - ジャンル:映画

【 2013/08/10 01:11 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

オスプレイその3

いろいろ接着して組み立てていく。意外にコバみたいのがあって、正確に組むのは厄介なのかも知れない。八月六日の状況↓
DSC_0935s.jpg

その後さらに大きな部品を組み込んでいくが、細かいアンテナ類とか大きな部品とかの組む順番とか兼ね合いとか、考えるとけっこう面倒くさい。きのうの状況↓
DSC_0936s.jpg

娘がイタリアから帰ってきていて、中断中のブラックパール号を先へ進めろ、という圧力をかけてきているので今後どうなるかわかりません。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/08/09 12:18 】

Osprey(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

オスプレイその2

 ちょっとずつ進めるが、この場で家族が「天空の城ラピュタ」を見始めて、それがやっぱり興味ありなのでさっぱり手が動きません。
 それでも大きめの部品をランナーから切り離して吟味したりしていると、主翼の中央部が左右対称でないのに気付く。ヘリコプター空母なんかに搭載されるときには主翼を前後方向に回転させて場所を取らないようになっているのだが、その関係で左右対称でないのね、とわかる。面白い造形である。
DSC_0933s.jpg

 機体内部の部品をいろいろ接着して、あとは胴体左右を接着しようというところまで来た(かな?)
DSC_0932s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/08/02 23:55 】

Osprey(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Ospreyどんなものか

 現用機はほとんど作ったことがないので、見た感じとても珍しい。ここ数日、またしても話題になってきたことだし、製作を開始してみようか。
DSC_0931s.jpg
と思って、ランナーから左右の胴体を切り出してみたが、後ろに写っている部品の山の多さに少しびびっている。けっこう大きな飛行機ですね。ま、輸送機だから当然か。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/08/01 23:44 】

Osprey(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |